闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2016年12月18日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 12月19日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。また本年は今週を入れてあと2回だけなので、メインテーマ 1、2とも、その2回で終わるように書いていきます。

 また新年は、1月2日(月曜日)はお休みさせて頂きますが、年末年始は意外にいろいろなことがあるものなので、もし緊急事態となれば対応するつもりです。

 以下、今週の予定内容です(来週はその続きです)。

メインテーマ 1 さて来年はどうなる世界の為替、株式、金利など? 前半

 まだ本年が終わったわけではありませんが、円相場も日経平均も米大統領選挙前までには想像もつかなかった水準になっています。

 それを「後講釈」することも、過去を忘れて「豹変」することもしませんが、だいぶ考えがまとまってきました。単なる「思いつき」でも「願望」でも「妄想」でもなく、理論的に考えて大胆に予想していきます。

 もちろん日本だけでなく世界の金融市場、それに商品市場、さらに最近あまり書いていなかった中国についてなど、項目毎にまとめて書いていきます。

 
メインテーマ 2  来年の10大ニュースを予想する  前半

 実は本年最初の記事は「今年の10大ニュース」だったのですが、あまり当たっていないので反省をこめて「来年の10大ニュース」です。

 「今年の10大ニュース」の反省点も十分に分析して反映させていきます。金融市場だけでなく世界の政治、経済、個別企業などから幅広く選んでいきます。

 そういえば、中断している「日本人はどこから来た? 日本は誰が建国した?」はどうした?と言われそうですが、新たな資料も取り入れてより充実させて、来年早々から再開します。
 

お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 年末年始のお休みにぜひお勧めしたい「書籍」と「映画」の前半です。いつものように1つずつではなく、過去に「お勧め」したものも含めて複数リストアップしますので、選んで下さい。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市場についてです。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(12月18日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
『周恩来が語る韓国史』
[周恩來(周恩来)、1898.3.5〜1976.1.8]

1960年代に北朝鮮を訪問した中国の知識人でありながら、中国革命の指導者周恩来は、「東北方満州族の国清が中国の領土を大きく広げてくれたことに感謝する。」と述べた。

1963年6月28日、中国を42日間訪問した北朝鮮の朝鮮科学院代表団20人と会った席で行った周恩来当時、中国首相は中国の民族主義者の動きを叱咤し、歴史侵攻行為に対して、北朝鮮に公式謝罪した。

まず、彼は古代-中世史と関連し、「歴史のいくつかの記録は、真実にあまり適合していない」とし「これは中国歴史学者や多くの人々が大国主義、大国ショービニズム(ナショナリズム)の観点から歴史を述べたことが主な原因であり、そして多くの問題が不当に使われた」とし、歴史歪曲の根本的な責任が中国にあることを認めた。

彼は具体的実例として「遼河、松花江流域には、すべての朝鮮民族の足跡が残っている。これは、遼河と松花江流域、図們江流域で発掘された文物、碑文などで証明されており、数多くの朝鮮の文献にもその痕跡が残っている。朝鮮族がそこに長く生きてきたのは、すべて証明することができる」と述べた。

彼はまた、「明らかなことは、朝鮮族の一部がもともと遼東半島に存在したということである。図們江、遼河、松花江流域に住んだは明らかな事実であり、歴史的な記録と出土した文物が既に証明している」と改めて強調した。

彼はまず、檀君朝鮮史と関連しても、「中国歴史学者たちは、どのようなとき古代史を歪曲し、さらに朝鮮族は`箕子の子孫(箕子之后)」という歴史を無理に創作したこれは歴史歪曲」とし古朝鮮史を韓国史と認めた。

彼は高句麗と関連して、「秦、漢以来頻繁に遼河流域を征伐したこれは明らかに失敗した侵略」と「唐も戦争を行ったし、また失敗したが、あなたを無視して侮辱した。その後、あなたの国の偉大な一将軍が私たちの侵略軍を打ち破った」と高句麗を韓国の歴史と認めた。

彼は渤海史と関連して、「(鏡泊)号付近は渤海の遺跡が残っており、また、渤海の首都であった」とし「ここで出土された文物が証明することはそこやはり朝鮮民族の部族だったという事実」としながら渤海史を韓国古代史の部族に認めた。中国の領土を大きく広げた満州族の国清時代韓国の先祖が支配していた領土が中国の領土拡張主義により大きく減ったことについて公式謝罪までした。

彼は「満州族は、中国に貢献したことがあり、中国領を大きく広げたものである。旺盛な時期には、今の中国の土地よりも大きかった。漢族が支配した時期には、国土がこのように大きなことがなかった」と述べた。彼は引き続き「ちょうどこのようなすべてのものは、歴史の痕跡であり、過ぎ去ったことである。いつの日には、私たちが先祖の責任を負う役割だ。しかし、当然のことながら、このような現象は認められなければならない」とし「このようにされた以上、私たちは、あなたの土地を小さく作成し、私たちが住んでいる土地が大きくなったことについての祖先に代わってあなたに謝罪しなければならない」と正式に中国の領土侵奪を謝罪した。
周恩来は必ず歴史の真実性を、回復しなければならない。歴史を歪曲することはできない。図們江、鴨緑江西は有史以来、中国領であったか、さらには古代から朝鮮は中国の属国だったということは、不合理話だ」と改めて中国の学者たちのショービニズムを改めて批判した。
彼は、「中国のこのような大国ショービニズムが封建時代にはかなり浸透した。他の国からの贈り物を送信する、彼らは朝貢とし、他の国が使節を送って互いに友好交流する時も、彼らは謁見に来たと呼び、双方が戦争を終わらせるときにも、彼らはあなたが臣下と言ったり、彼らは自分自身(天朝)、(上邦)に称した、これはまさに不平等なものである。すべての歴史学者から出たエラーである。私たちはこのようなものすぐに是正しなければならない」と歴史歪曲是正を約束した。 そのような面で歴史侵攻を行っている現中国指導部は、周恩来の表現を借りれば、拙劣な「ショービニスト」(概念のない熱狂的)に過ぎない。当時は、中国政府が漢族優越主義史観に中国史を歪曲した。 しかし、万里の長城以北の東方文明の優越性が明らかになり、これは、漢族の劣等感を克服しようとする手段であり、、中国の分裂を防ごうという次元であった。そこで出てくるのがウィグル。チベット史を中国史に含ませて満州史を中国史に含める北西工程。東北工程を政府レベルで進めたものである。

簡単に言えば、西北工程。東北工程の目的は、中国の領土から出土した考古学的資料はすべて中国の歴史と呼ばれるものである。1960年代とは完全に相反変化である。これは、最終的に中国地域の文明の根が東夷族の偉大な歴史であるという事実を認めたという意味だ。
書籍といえばオリンパス本お蔵入り確定のようで。。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム