広告

またまた奇怪な東芝の巨額損失!?

2016年12月28日

またまた奇怪な東芝の巨額損失!?


 歴代3社長が刑事告発される可能性も完全になくなり、2017年3月期の予想純利益が1450億円になると発表していた東芝が、本日(12月27日)突然に数千億円規模ののれん計上に伴う損失が発生すると発表しました。

 東芝はちょうど1年前の2015年12月末に、米子会社・ウエスティングハウスを通じて原子力建設と統合的サービスを担うストーン・アンド・ウェブスター社(以下、S&W)を、米国大手エンジニアリング会社のシカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン社(CB&I)から買収していました。

 東芝はなぜか買収金額を公表していませんでしたが、米国証券取引委員会に提出された資料によると2億2900万ドル(当時の為替で270億円)だったようです。

 また東芝のIR資料によると、買収したS&Wののれん計上は8700万ドル(100億円)程度とされていました。270億円の買収金額で100億円をのれん計上するという「ごく普通の中型買収案件」だったはずです。

 そこへいきなり数千億円ののれんと言われても、わけがわかりません。東芝の本日(12月27日)のIRには、12月末までが取得価格配分手続中であると書かれていますが、これはその期間にS&Wの資産内容やキャッシュフローを精査し、買収金額に影響を与えるものが出てくればその差異を清算するという意味でしかなく、総額270億円の買収案件に数千億円の差異が出るはずがありません。

 簡単に言えば東芝の子会社であるウエスティングハウスは、S&Wの数千億円の負債あるいは何かしらの支払い義務を「無条件で引き受ける約束」で270億円を支払っていたことになります。

 さすがに買収時点では数千億円とはわからなかったはずですが、たぶん取得価格配分手続中に出てきた(押し付けられた)損失や支払い義務はすべて必ず引き受けるという項目が契約書に紛れ込んでおり、それを完全に見落としていたと考えます。

 つまり東芝は米国から巨大なゴミ(巨額損失)をわざわざ拾ってきたことになりますが、明らかにウエスティングハウス側の「不正の臭い」がします。東芝本社まで加担していた可能性は少ないと思いますが、それでも巨額の株主代表訴訟からは逃れられません。

 東芝は2015年9月7日に2248億円(その後の2度にわたり2311億円に増額)もの過去の決算修正を行ったものの、その半年後の2016年3月期にはまた7087億円もの巨額営業赤字が「どこからともなく」出てきた会社です。

 その2016年3月期は、東芝メディカルをキャノンに売却して得た3817億円の売却益を公正取引委員会の審査が完了する前に無理やり計上し、それまで頑として否定していたウエスティングハウスののれんをやっと2600億円だけ減損し、最終損益も4600億円の巨額赤字になっていました。

 ここまでの東芝の決算処理は「どう考えてもトップ主導で会社ぐるみの不正」と考えられるものの、奇怪なことに刑事告発が完全に見送られ、東証も有価証券報告書の提出がいくら遅れても監理銘柄にも指定せず、やっと2015年9月に特設注意市場銘柄に指定しただけでした。

 この特設注意市場銘柄とは、上場廃止に直結する管理銘柄とは全く違い、改善報告書さえ提出すれば自動的に解除となる「形式的なもの」にすぎません。

 つまり東芝は、ありとあらゆる方面から「手厚く保護されてキズがつかないように配慮されている会社」となります。

 東証もこの「形式的な」特設注意市場銘柄を今月中に解除するはずでしたが、それが何と12月19日に「いったん見送り」となっていました。これを聞いた瞬間に「何かある?」と考えたのですが、まさかそれが数千億円の巨大なゴミを拾ってきたことだとは思いませんでした。

 やっかいなことは、ありとあらゆる方面から「手厚く保護されてキズがつかないように配慮されている東芝」なので、これからも都合の悪い(あるいは不正が絡んだ)事実が隠されたままである(だろう)ことです。

 東芝の2016年9月末の株主資本は3632億円しかないため、そこに数千億円の損失がかぶされば(直接の買い手であるウエスティングハウスのさらなる減損も加わります)、大幅な債務超過となります。

 資本増強を急ぐ必要がありますが、何しろ真実が全く表に出てこない中での増資となれば、瞬間的に値鞘を稼ぐヘッジファンドしか引き受けず、大幅な株価下落要因となります。

 どこまでいっても奇怪な東芝となりますが、今回も大規模な事件となることがないことだけは容易に想像がつきます。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:15 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
流石にヤバイ。時価総額がえらいことになる
債務超過で上場廃止でジエンド。
数千億って1千億なのか9千億なのか
ハッキリしてもらいたい

2万目前のトランプ相場が吹っ飛ぶじゃないか
このゴミはジョージアとサウスカロライナの原発建設のcost overrunに係るもの。WestinghouseとCBIで費用負担の係争があり、CBIの10K、10Qにてその額は開示されていた。Westinghouseが同社を買収する際に、1000億円以上の負担が発生する事は認識していたはずです。
経営責任に株主訴訟待ったなし!
いまだに原子力事業が主力とする経営陣だからこういうことになった。
本来なら原子力事業を売却すべきなのに、メディカルを手放してしまうというおかしさ。
経営陣しだいで会社って本当に変わってしまう、
日立と松下でいいよ
シャープにつづき東芝も身売りで
東芝が身売りしても、原子力部門を切り離して買収、
なら、買うほうにとってもメリットはありますね。
東芝100%減資
いずれ中国か台湾が救済
原発なんかタダでくれてやれ!
東芝だけじゃない
巨額買収で失敗しているケースはほかの企業でもあります
もちろん減損できていないケースもあります
円安時にドル建て海外企業の大赤字を公表したくありません
ずるずると発表が延びます

買収先の査定は非常に難しいです
孫会社や曾孫会社まで査定しなければなりません

不適切会計をするほど簿記も出来ない
買収先の査定も出来ない
日本企業はどうなるのでしょうか

ミセスワタナベの皆様へ
旦那様に家計簿をつけてもらい
監査することを推奨します




何で!アメリカ向け金払うか?
アメリカって国は、日本を責め立て巨額損失(おもりやり予算(沖縄分→出所が違う!予算と損失の志向性も違う)を含む→払うと言った面は同じ)させてる?勝手に日本側が払ってる?しかし、金遣いすぎ
検察が動かない理由は、東芝の社外取締役の古田佑紀が最高検察庁次長検事を務めていたから。
天下り先には検察は手を出さない。
これで検察は動くか?
東芝、400億円粉飾の疑い 監視委、検察に調査報告へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000015-asahi-soci
ウエスチングハウス(WEC)は米国サザン電力から受注総額200億ドルで最新鋭といわれたAP1000という原発を2010年に受注しています。
ところがこの原発、最大出力115万キロワットという世界最高水準の原発でありながら、その設計段階で十分なテストすら行われずトラブル続出という代物です。

トラブル続出のせいで当然のことながら工事期間が延びに延び、建設コストは膨張し建設を請け負ったCB&Iとも係争関係になってしまいました。

2015年末にWECはAP1000での損失を覆い隠すため、CB&Iから建設子会社のS&Wを買収し、CB&Iとの間で生じていた係争関係を全て精算することにしました。

今回の数千億円とも言われている特別損失は、AP1000を完工させるために必要なコストをS&Wの暖簾として計上してしまおうというものです。

すでに米国では風力発電がkwhあたり3円程度で実現しており、発電コストから原発は全く競争力を失っているのです。
東芝(あるいは経産省)は最新鋭のAP1000ならば風力発電とも競争力があるという実績作りのために、200億ドルというコスト無視の無理矢理な価格で受注した結果と言えるでしょう。

同じくAP1000は中国でも建設が進んでいるのですが、こちらも当然のこととして工事が遅れており、昨年末稼働予定としていた最終スケジュールすら延期となってしまいました。

私個人としては東芝がさらに1兆円規模の特別損失を原発関連で出したとしても驚きはありません。
東芝は半導体まで分社化させるらしいですね。もう赤字の原子力部門以外何もない。
発電機器のデータ捏造に天然ガスの問題まであるらしい。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム