広告

来年は「バブル元年」

2016年12月30日

来年は「バブル元年」


 年内の株式市場はあと1日ありますが、本年最後の更新となります。そこでいろいろ考えてこの表題にしました。

 バブルとは、日本を含む世界の株式や不動産だけでなく、原油など資源価格、新興国株式、低格付け債券などありとあらゆるものが実際の価値をこえて大きく「膨らむ」ことをいいますが、やはりその中心は株式市場となります。

 そして来年こそ、その「バブル元年」になるような気がしています。

 本日(12月29日)の日経平均は、さすがに東芝ショックで245円安の19145円となり、トランプ当選後ではじめて下落らしい下落となりました。

 ただ東芝問題は世界の株式市場を下落させる材料でもないため、むしろモンテ・パスキの公的支援に大きな障害が出てきて欧州銀行の信用問題が揺らぐときが怖いと感じますが、当面の世界の株式市場は「悪材料に鈍感」であると感じます。

 さて世界のほとんどの株式市場は2015年4~6月に高値をつけており、日経平均の高値も2015年6月の20868円でした。そこから2015年8月と2016年1~2月の2度にわたる中国ショック、2016年6月の英国ショック(EU離脱)で大きく下落しました。日経平均の安値も2016年2月と6月にそれぞれつけた14952円でした。

 また11月の米大統領選前にも「もしトランプが当選したら世界の株式市場は大暴落する」と懸念されていたはずで、それも含めると世界の株式市場は(もちろん日経平均も)都合4回の下落時期があったことになります。

 そしてそれらが世界経済の見通しを(もちろん日本経済の見通しも)必要以上に弱気にしてしまったため、世界中が必要以上に金融緩和・量的緩和を続けてしまい(日銀は2016年1月に全く不必要だったマイナス金利まで導入してしまい)、比較的経済が早く回復していた米国でもFRBが利上げを1年間中断していました。

 その間に世界中には必要以上の余剰資金が積みあがってしまったことになります。つまり「何かのきっかけ」で世界中の株式を中心としたバブルを引き起こす下地(したじ)ができていたことになります。

 そして皮肉なことにその「何かのきっかけ」がトランプ当選だったわけですが、別にトランプ当選でなくても何でもよかったような気がします。

 じゃあその世界中で積みあがった余剰資金が、何かをきっかけに設備投資など経済活動を拡大させる方向に向かうのではないか?と考えられるかもしれません。しかしリーマンショック直後にFRBが率先した世界中の金融緩和・量的緩和と中国の4兆元財政出動の効果を「完全に過大評価」したため、世界中で(とくに中国で)過剰な生産設備を抱えてしまい、そうはなりません。

 つまり余剰資金は世界中で設備投資など生産活動に向かわず、つい安直に株式などへの投資(投機)に向かうことになります。

 その動きは始まったばかりで、したがって来年は「バブル元年」と考えるわけです。じゃあ今までは(とくに世界の株式市場)バブルではなかったのか?と聞かれれば、むしろ2度の中国ショックや英国ショックなどがあったため割安状態だったと考えます。

 その反動が出ているため、バブルがまさに始まったばかりとなります。ここでいうバブルとは、株式や不動産だけに限りませんが、いったんバブルとなると多少の悪材料には反応せず「膨らみ続ける」ことになります。

 最近の「悪材料に鈍感」であることも、まさに「バブルの兆候」といえます。

 そうはいっても日本では景気はそれほど良くならず、ましてや実質賃金が上がるはずもないため、それほどバブルにはならないだろう?と考えられるかもしれませんが、バブルとは実体経済にはお構いなしに膨らむものです。

 そしてバブル=インフレでもあるため、実質賃金はますます目減りして消費が低迷して経済の足を引っ張るはずですが、それでもバブルは(そしてインフレも)お構いなしに「やってくるもの」です。

 この「バブルの兆候」を少しでも和らげるためには、5年目に入るアベノミクスのテーマである「デフレからの脱却」を、早急に「バブルとインフレの抑制」に180度転換させなければなりません。日銀の量的緩和を含む円安政策は、バブルとインフレを加速させるだけであり、早急に収束させる必要があると考えます。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
東芝株が大幅値下がり、3日間の下落率は4割超

オワタ 時価総額一兆の行方は
老人には良い薬
確かに本文にあるようにインフレの抑制が倫理的には正しいのかもしれない。

しかしながら強引に老人達の預金を目減りさせ、年金をカットしする方法がほかにあるのだろうか?
そして各国政府のの借金もチャラに出来る。

インフレは今まで我が世の春を謳歌した老人達、青年以降バブルなどで元気に生きてきた団塊の世代に苦渋を飲ませる良いクスリになるのではないだろうか。

もちろんいったんインフレが始まれば、それはハイパーインフレになっても止まらないだろう。

そもそも金本位制をやめた紙幣をここまで信用してきたことのほうが、宇宙人からしたら理解できないだろう。
あからさまにその紙幣を乱発しているのにその紙幣を今まで通り信用する。
地球を観察している宇宙人がいたら、さぞ驚いていただろう。

そして歴史を学べばその先にあるのは社会不安と戦争だ。
老人達や女には不安だろうが、若者や男にとっては生きやすい世の中になるだろう。
金なら価値があると言うのは本当ですか?
宇宙人から見れば、金も紙幣も同じかもしれませんよ。(笑い)
金なんて使いにくい金属に価値を見出すかどうかなんて分からないでしょう。そもそもその宇宙人の星では金はたくさんあるかもしれない。

金に対する信用は、本質的には紙幣に対する信用と変わらないのに、そのことを理解していない人が経済を語るからおかしなことになっているように傍からは見えます。

少なくとも現状であれば、金一億円分よりは現金一億円の方が私は貰って嬉しいですね。高々一億円で一喜一憂する人間が経済を語ってはいけないのかもしれませんけどね(笑)。
確定拠出年金について詳しく解説してもらえないでしょうか。政府の思惑が何なのか。加入するメリットがあるのかなどなど。ド素人のコメントで申し訳ないです。加入するとなれば自分で運用していかねばならないので不安です。
確定拠出年金の個人的な感想です
闇株新聞からは答えにくいのではないでしょうか
カモが葱しょって逃げる話になりますから

1、手続きが非常に遅い!
スイッチング約定まで非常に時間がかかる
通常の投資信託の倍くらいかかります
お役所のせいなのか委託された信託銀行がおいしく売買するためなのか。。。

2、事務手続きも非常に遅い
郵送手続きが多いことと、郵送先が僻地だったりします。
手続き失効を狙ってるのではと邪推したくなります。

3、手続きが遅れると加入資格がなくても引き落とされる
手続きが遅れると勝手に引き落とされ勝手に運用され忘れた頃に返金するそうです。
国民年金基金連合会に抗議したら
「大臣が決めたことなので厚生労働大臣に文句を言ってください」
だそうです(笑)
というわけで厚生労働大臣に文句を言いましょう

4、海外移住
これは不透明なのですがどうも海外移住時にめんどくさそうです。受取時に日本まで取りに来なくてはならないという話も聞きます。
年金制度に不安を感じて海外への移民を考えている人は厚生年金のみにして年金提携国に移住すべきでしょう。
(GPIFは嫌がるかもしれませんが)

5、税金
税金対策になるというのは嘘で、受取時には税金がかかるようです。
だったら、自分で自由に運用したほうが得な気がしますし、
いくら受け取れるのかはっきりしててわかりやすいですよね。
>>金に対する信用は、本質的には紙幣に対する信用と変わらないのに、そのことを理解していない人が経済を語るからおかしなことになっているように傍からは見えます。

金に対する信用は本質的に紙幣のそれと変わらない。
どちらも本質的に無価値に近いと言う点ではその通りでしょう。

しかしながら金は人の手によって総量を増量することは出来ません。今のところ人の手によって金は作れない。

しかしながら紙幣はその発行体によって無限に増量することがきます。

総量が一定と、恣意的に増減することが出来る。
そこが金と紙幣の私は本質的な差だと考えています。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム