闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

コンビニエンスストアの現状分析から感じること

2017年02月09日

コンビニエンスストアの現状分析から感じること


 本誌が重視している経済関係の指標・統計はいくつかありますが、その1つが日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の発表する全国コンビニエンスストア統計調査月報です。毎月20日頃に前月分が発表される機動性も魅力です。

 コンビニに関するいろいろな数字が含まれていますが、その中で既存店売上総額の対前年比増減を最も重視しています。

 日本経済の最大の問題は消費が伸び悩んでいることですが、その中でコンビニは数少ない「勝ち組」の1つで他業態のシェアを奪いながらも成長を続けています。そのコンビニの売り上げが伸びないと日本全体の消費が伸びているはずがないからです。

 その中でも既存店売上総額を重視する理由は、コンビニはまだ積極的に店舗数を拡大している(消費に限らず)日本で数少ない成長業種ですが、店舗数を拡大しながら既存店の売り上げが落ち込んでいるとコンビニの成長戦略そのものが行き詰まり始めた可能性があるからです。

 さてコンビニ統計調査月報はもちろん毎月発表されますが、1月20日は2016年1~12月分(通年分)も発表されていますので、そちらを使って解説します。

 2016年通年の既存店売上総額は、前年比(2015年通年比)プラス0.5%でした。多いか少ないかはともかくとして2016年通年の全国コンビニ既存店売り上げは「わずかに伸びていた」ことになります。

 ちなみに2015年通年は同プラス0.9%で、消費増税があった2014年通年は同マイナス0.8%でした。

 ところがアベノミクスがスタートして少なくとも日本経済の見通しが明るくなっていたはずの2013年通年はマイナス1.1%で、民主党政権時の閉塞感があった2012年通年もマイナス0.3%、東日本大震災のあった2011年通年は逆にプラス6.1%でした。

 この既存店の通年売り上げの前年比とは、少なくとも前年通年売り上げと比較可能な店舗だけの集計であるため、それほど結果が歪む要因は考えられません。つまり政府の掛け声に関わらず、まさにこの数字が日本の消費の実態に近いことになります。

 2016年通年の統計をもう少し見てみると、コンビニ全店の売上総額は10兆5722億円で前年比プラス3.6%ですが、これはもちろん店舗数が増えているので既存店売り上げの増加より大きくなります。

 その店舗数は(もちろん国内店舗だけです)2016年12月末現在で54501店舗、前年同時点比1497店舗増(2.8%増)となっています。

 この統計は会社毎の数字をカバーしていませんが、大手コンビニ各社の決算短信から2016年11月末の店舗数を拾い上げると、セブン・イレブンが19166店舗、2016年9月に経営統合したファミリーマートが18140店舗、ローソンが12312店舗、大手3社合計で49618店舗となります。

 2016年11月末現在の全国コンビニ店舗数は54359店舗なので、実に全国コンビニ店舗数の91.27%が大手3社の店舗となり、全国的にはすでに寡占状態が出来上がっています。

 2016年のコンビニ全店の来店者数は172億785万人(前年比プラス2.7%)ですが、既存店に限ると159億715万人(同マイナス0.5%)となります。

 つまり2016年通年でみるとコンビニ既存店の売り上げは前年比微増(プラス0.5%)ではあるものの、来店者数は前年比微減(マイナス0.5%)となっており、消費関連でほとんど唯一の「勝ち組」であるはずのコンビニでも「拡大していた」とは言えません。

 ここからはコンビニ統計調査月報の解説ではありませんが、業界トップのセブン・イレブンの持ち株会社であるセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文CEOは昨年春に引退に追い込まれており、ローソンは三菱商事の子会社となることが決まっています。

 また経営統合したユニー・ファミリーマートホールディングスも、その統合をリードした上田準二社長が先日突然降板し、大株主の伊藤忠商事副社長・高柳浩二氏と交代すると発表されています。

 コンビニはまだまだ成長途中であるため、まだまだカリスマ経営者が引っ張る必要があり、まだまだサラリーマン経営者や商社など大株主が経営をリードするには時期が早すぎると感じます。

 少し前から気になっていますが、最近コンビニ店舗におけるサービスが低下しています。セブン・イレブンでも以前は絶対になかった欠品が最近は頻繁に見られます。

 最近のコンビニ業界は、日本の消費が依然として低迷していることと、コンビニ大手各社の経営も以前の勢いがなくなっているという2つの大きな構造問題を抱えており、「曲がり角」が近づいているような気がしてなりません。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:12 | TrackBack:0
関連記事
コメント
おでんもからあげもドーナツも終焉ですよ
難しい
けれども、コンビニで買うなら、スーパーを利用しますね。
少しでも出費を抑えようと^^;
コンビニにあるものはネットでほぼ買えます
しかも割安で送料無料まとめ買い
ポイントもかなりつきます

コンビニは今後20年で大衰退予想してます
恵方巻なんてわざわざノルマを設けて売っている時点で終わった業界。
本社の経営が無能な証拠。

私もコンビニの隣にスーパーがあったらスーパーを使う。
何でも屋
 委託と言う言葉で金融をやらせたり、何の知識もなしに運送を任せたり、ただ規制緩和を旗印に人・物・金、好き放題している無法地帯。
 24時間営業ミニスーパーとしての仕事以上をバイトに押し付けてはいけません。
セブンの説明会動画見ましたが、鈴木さんが新しい発想がないという理由がなるほどと思える内容でした。セブンが新しい試みで拡大してきたコンビニ業界だけに心配です。消費税上げに断固反対してきた2人の鈴木さんがともにスポイルされる展開には国家レベルの思惑すら感じます。社外取締役の急遽設置、執行者のその後の顕著な御用学者としての登用に不気味さを覚えているのは、私だけでしょうか?
勢い
かつての勢いがなくなっているのは事実だと思います。質はかなり落ちています。
コンビニで日本の消費動向を見るというのは新鮮でした。個人的にはコンビニで買うならスーパーで買うのですが、家の近くのセブンなどは結構人が入っているのを見ると利用してる人は多いんでしょうね。バイトにノルマを課す企業なんか潰れてしまえばいいと思ってるんですが…
コンビニ、スーパー、ファミレス、運送業
どれも人手不足が業績に直結する業種ですね。
これまでは女性と高齢者の雇用増で何とかしのいできましたが、
いずれそれも限界を迎える。
コンビニもファミレスも、営業時間を短縮して対応するしかないでしょう。
人手不足は、社員のレベル低下につながるし(運送業が顕著)
いずれの業種も、将来は暗いといえるでしょう。
これからは、人口減がボディブローの様に効いてきますね
弁当、スイーツ類をあれだけ高頻度に改良、新商品との入れ替えしていたら開発費が積み重なる気がしますが、実際どうなのでしょう。コンビニの売り上げに見る消費者と経済の動向とは別の話題ですが。
移動経路の途中にあればコンビニは利用しますが、24時間営業のスーパーが近くにあれば寄り道するのででコンビニ一強とは言えなくなっている気もします。弁当もスーパーなら帰宅時には店内調理品が最大半額なのにコンビニは常に工場調理品が同一価格となると手が出にくいです。
荷物の受け取りなんてコンビニの裏が宅配の荷物であふれて大変らしい。
コンビニのほうが気楽に買い物できるわけでもない。スーパーでは、完全セルフレジ、会計のみセルフのレジ、すべて店員がするレジがあって、会計のみセルフのレジが一番回転が早いと感じる。
また、イートインコーナーもスーパーに設置されるようになってるからますますコンビニは使いにくくなってる。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム