闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

東芝が決算発表延期に至った背景

2017年02月15日

東芝が決算発表延期に至った背景

 
 東芝は本日(2月14日)正午に予定されていた2016年4~12月期の連結決算発表を、その直前になって見送りました。

 その理由は「内部統制の不備を指摘する内部告発があり、新たな不適切行為の疑いが浮上したから」などと言われていますが、それは決算発表見送りの理由としては「奇妙」です。決算発表とはその時点で確定した数字をできるだけ早く公表するものであり、仮にあとから不適切行為が発見されればまたできるだけ早く公表すべきものだからです。

 昨日(2月13日)夕方に配信したメルマガ「闇株新聞 プレミアム」で、東芝は本日の決算発表で昨年末に公表した原子力関連の巨額損失を計上してしまうと2016年12月末時点で債務超過となり、その時点で財務制限条項に抵触して1兆4000億円ある有利子負債の大半が期限前償還を求められてしまうため、東京証券取引所などが「何らかの配慮」をするのではないかと指摘していました。

 昨年末の公表とは、原子力子会社の米ウェスティングハウス(以下WH)が2015年末に買収していた米原発エンジニアリング会社のストーン・アンド・ウェブスター(以下S&W)で数千億円規模の損失が発生するという「奇怪」なものですが、それでも公表された損失はそこから最速の決算で(つまり本日予定されていた決算で)計上しなければなりません。

 東芝は稼ぎ頭の半導体事業を分社化し、その20%未満の株式を第三者に売却して2000~3000億円の資本を増強し、債務超過を解消しようとしていますが、それでも本日(2月14日)に巨額損失を計上してしまうと「いったんは債務超過」となり、財務制限条項に抵触してしまいます。

 そこで金融機関は東芝に期限前償還を求めて回収に走らないと、今度は金融機関に株主代表訴訟のリスクが出てきます。

 そこで本日に巨額損失を計上すべきと主張する監査法人と、「3月末までには資本増強で債務超過を回避するので、そこを何とか」と抵抗する東芝との間で、調整がつかなかったと考えます。

 東芝の監査法人は昨年6月に「あの」新日本監査法人からPwCあらた監査法人に交代したばかりで、簡単に譲るわけにはいかなかったのでしょう。

 そこで出てきた妥協策が本日の決算発表を1か月延期し、監査証明の必要な四半期報告書の財務局への提出も「許容されている限度いっぱい」の1か月延期し、ともに3月14日としたと考えます。

 たぶんその3月14日までに半導体事業の分社化・一部売却による資本増強にめどをつけ、そこで2016年12月末時点の債務超過回避を再度監査法人に頼むか、あるいは一時的に債務超過となってもまもなく資本増強で解消できるので財務制限条項には目をつぶってくれと金融機関に頼むつもりなのでしょう。
 
 とりあえずは「時間稼ぎ」しただけです。

 いずれにしても資本増強がますます「待ったなし」となるため、本日夕方になってやっと記者会見した綱川社長は「分社化した半導体事業の過半数以上の売却」も言及しました。

 東芝の半導体事業にはまだまだ競争力がありますが、支配権のない20%未満の株式売却では買い手にとって魅力が乏しいはずです。しかし支配権を完全に売り渡す過半数以上の売却となると世界中で「奪い合い」となり、かなりの高値(本日は1兆円を割り込んだ東芝全体の時価総額より高値)で売れるはずです。

 ただそれでは東芝は唯一の有望事業である半導体事業を(たぶん)外国企業あるいは外国ファンドに売り渡してしまうことになり、ここからどれだけ損失が積み上がるかわからない原子力事業だけの会社になってしまいます。

 確かに日米原子力協定があるため、東芝は(日立も三菱重工も)原子力事業を切り捨ててしまうわけにはいかず、日本政府も原発を止めてしまうわけにもいかず、結果的に東京証券取引所、(歴代3社長の刑事責任追及を頑として見送った)検察庁も官邸も経済産業省も財務局も、東芝に対しては徹底的に過保護で対応することになります。

 そして今度は金融庁が金融機関に対して「東芝に対しては過保護に対応するように」と指導するのかもしれません。

 かくして原子力事業会社となる東芝は、東京電力と同じように国策企業としてゾンビのよう生き残っていくことになりそうです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:13 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
監査法人
監査法人は新日本監査法人から去年夏にpwcに変わっているようです。単純な事実誤認ですので指摘しておきます
去年5月から、あらた監査法人PwC

東芝の監査法人は2016年度から新た監査法人に交代しています。さすがに「あの」新日本監査法人の続投はありえないです。
もう少し長い目で見ると、個人的には今後東芝の半導体ストレージ事業が儲かる事業であり続けるとは到底思えないので、高値が付く内に売っぱらえて結果オーライな気がします。
ご指摘いただいた皆様方へ

ご指摘ありがとうございます。確かに昨年交代しており、事実誤認でした。
本文を訂正させて頂きました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

闇株新聞編集部
東芝という原発マグロの解体ショー

東電と合併模索してる模様
さみしいねぇ~
アメリカの足枷は重いです。

原発は私物化させるべきではなかった。
フォートレスト
ソフトバンクがフォートレスト買収だって
>たぶんその3月14日までに半導体事業の分社化・一部売却による資本増強にめどをつけ、そこで2016年12月末時点の債務超過回避を再度監査法人に頼む

すでに12月末の株主資本がマイナスであることは昨日の発表で明らかにされていますのでこれは無いと思います(現時点で判明している損失は第3四半期決算に取り込まれている)。いまの監査委員会の長は監査法人トーマツの元包括CEOですし経営陣もそんな無理は通せないでしょう。PPAの手続に瑕疵があるかもしれないということなので、それに関する追加損失が無いかが分かるまで監査人がレビュー意見を出さないということだと思います。
pwcですか
pwc監査の企業で不適切な会計を見たことがあります
どこもやってるんですね
東芝は、土地のないIHIに成り下がり、半導体を売っぱらえば事業内容がIHIと被る部分が多いので合併しちゃえば良いんじゃないでしょうか。
そうすればしばらくは土地の切り売りで存続できるでしょう。
WHが倒産したら、アメリカの失業者が増えてしまいます。
しかし安倍首相は、アメリカの雇用を増やすと明言しているので
そんなことはあり得ません。

やはりここは、GPIFの資金をWHに注ぎ込んで、
アメリカのインフラ事業に貢献する、という手だと思います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム