闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

サウジアラビア国王の来日

2017年03月14日

サウジアラビア国王の来日


 サウジアラビアのサルマン国王が昨日(3月12日)夕方に来日しました。サウジアラビア国王の来日は1971年のファイサル国王以来46年ぶりとなります。3月15日まで滞在する予定です。

 サルマン国王はアブドラ前国王の死去に伴い2015年1月に即位した第7代国王ですが、中東の大国であるサウジアラビア国王が来日するとなると、それなりの重要なイベントであるはずです。

 ところが外務省の発表ではサルマン国王は国賓でも公賓でもなく、その下のランクである公式実務訪問賓客となっており、サウジアラビア元首(国王)の待遇としては、やや釣り合わないような気がします。

 公式実務訪問賓客だと宿泊は赤坂迎賓館ではなく一般のホテルとなります。本日サルマン国王は赤坂迎賓館で岸田外務大臣などと会談していましたが、宿泊先は明らかにされていませんが都内のホテルのはずです。

 また公式実務訪問賓客だと、日本政府は国王本人と少数の随員分しか負担しません。

 まあサルマン国王は、25人の王子、14人の閣僚を含む総勢1500人が、40機の飛行機で来日しているため、全員の滞在費を負担すると大変なことになってしまいます。

 サウジアラビアでは「国王のいる場所が政府である」という考え方なので、公式ポストについている王子や閣僚やスタッフなどが同行しており「サウジアラビア政府がそっくり東京に移動してきている」ことになります。

 余談ですが1500人の中には、40機の飛行機の調理人だけで150人もいるそうです。当然に来日している1500人全員がイスラム教徒なので、イスラム教に則った食材(ハラル食品)を揃えるのも大変だろうなと思ってしまいます。

 さらに余談ですが、サルマン国王は羽田に到着したとき国王専用機からエスカレーター式のタラップから降りてきました。このエスカレーター式のタラップは日本にはなく、サルマン国王のためにわざわざ取り寄せたはずですが、実はあれだけの大きさのものを運べる貨物機は世界でも限られています。

 これも警備上の理由からか運んできた貨物機がチラッとしか映されていませんでしたが(単純にそんなことを気にするのは本誌くらいだからかもしれませんが)ロシアのアントノフ機をチャーターしているようです。その「安くない」費用はどこが負担するのだろう?と余計なことが気になります。

 さてそんなサルマン国王一行来日の目的ですが、石油依存からの脱却をめざす経済構造改革に向け、民間投資の拡大など日本からの協力を求めるためと言われていますが、それなら昨年夏に息子のムハンマド副皇太子が同じ目的で来日しています。

 ちなみにサルマン国王は初代・アブドルアジズ国王の25男ですが「最後の第二世代国王」と思われ、その次は王子だけで254人いる第三世代から選ばれるはずです。サルマン国王の甥のムハンマド皇太子と息子のムハンマド副皇太子が「次の国王」を争っていますが、まだまだ流動的です。2016年9月6日付け「2人のムハンマド」に書いてあります。

 またサルマン国王一行の今回のアジア歴訪スケジュールも明らかにされていませんが、中国も訪問し習近平と会談するはずです。

 さらにサウジアラビアは、オバマ政権時の米国がイランに接近し過ぎていたため米国との関係は必ずしも良好ではありませんでした。トランプ大統領は少なくともイランとの関係は見直すようですが、シェール石油は遠慮なく増産しており、いまのところサウジアラビアとの距離感が不明です。

 そんな中のサルマン国王の来日であり、日本政府としても「民間企業の投資に期待する」だけではなく、しっかりとしたサウジアラビアとの外交関係を確立しておかなければなりません。

 しかしニュースを見る限りは安倍首相をはじめ日本政府側に「緊張感」は見られず、水面下の重要な会話があるようにも思えません。

 何から何まですっきりしないサルマン国王の来日となります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
安倍首相と握手の場面など
認知症の症状がでてましたね
同時に息子のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子
がトランプ大統領と会談に訪米も気になりますね
アラムコ株買わせるのが目的ってすでに報道されてるのに、なんでそこ触れない?

まあ、森友問題で安倍政権が吹っ飛べば、海外投資どころじゃないのだろうが。闇株さんはまだアベ友問題をスルーですか? 報道しない自由かw
キムチパワー様

アラムコ株は放っておいても(最初だけですが)奪い合いになるので、これが国王来日の主目的ではありません。
東芝のところで書いたように「誰にでもできる簡単な交渉」は後回しでよいからです。

森友問題をスルーしているのは(コメントへのお答えは書いていますが)単純に「気が進まない」からです。
奥行きも広がりも国際的陰謀もない単純な「補助金詐欺」に近いもので、国会審議をストップさせてまで(野党がですが)大騒ぎする問題とも思えません。
また官邸と財務省が「悪者」になるはずもありません。認可と土地売買の取り消 しで幕引きのはずです。

闇株新聞編集部
だったら何しに半世紀ぶりに日本に来たんだよw わからない、すっきりしないって書くのが闇株さんのサービス?

あ~森友の件書かないのは、2ちゃんまとめと同じレベルの理由ってことね。見たくないものは見ないってことか。それじゃ政党機関紙と同じだぜ。

たしかに補助金詐欺の側面はあるよね。でも、それだけじゃないから騒ぎになってるわけで、おたくアンテナの感度低すぎないか? 証人喚問のネタ、いくつあるか数えてみなよ。アベと籠池、どっちがカード多い? まだ安倍の首が盤石だって言い切れるかな?
俺が突っ込んでるのは闇株ファンだからだよ。だから自民ネトサポみたいな半端なことは書くなよって言いたいね。真の投資家には右も左もないからな。意味わかる?
アラムコIPO
サウジでも長年勤務をしたことがある者ですが、本当にアラムコのIPOが出来るのか、疑問に思っています。十中八九尻すぼみになるのではと勝手に予想しています。サウド家が保有するサウジ国家として、アラムコをIPOに、特に国外でかけた場合、失うものが多すぎること、副皇太子もいずれ気が付くでしょう。今まで自由になっていたものが、株主からの追求と訴訟を恐れ、何も自由にできなくなること、昨今気が付く筈です。また、もしIPOとなっても、株の奪い合いはホントにあるか分からないところです。今後の算出可能な原油の公正な評価を待たねば分かりません。今までの評価はお手盛りの可能性も無きにしも非ず。
禿の後光を拝みに来たのではないでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム