闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年03月26日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り3月27日(月曜日)の夕方に、配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 久々に経済ニュースと各相場について解説

 2週間ほど経済ニュースや各相場についての解説をお休みしていましたが、復活します。

 世間では急に「トランプ相場の息切れ」と騒がれていますが、単なる期待感だけで盛り上がった分のほんの一部だけがはげ落ちているだけで、世界中の各相場に(とくに株式市場に)イベントに対する耐性が備わっているという「大前提」は変わりません。
 
 ただいくつか微修正すべきところは出始めています。例えば本誌はトランプ当選以降、世界的なインフレ加速を警戒していましたが、それほど心配がなくなっていると考え始めています。インフレが世界経済や株式市場にダメージを与える心配がなくなったという意味ではなく、インフレとなる可能性自体が弱まったという意味です。

 その辺も含めて久々に「気になった経済ニュース」や「各相場の位置関係や方向性」について解説します。もちろん「今年はバブル元年」です。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組「負け組」 2017年・冬版 その7

 今週は、内外のファンドが関わる企業の業績や株価について考えます。ファンドが関わるというと「モノ言う株主が現れる」から「ファンドが経営権まで握る」までいろいろな段階があります。経営陣が参画するMBOも資金の大半をファンドが出すため後者の一形態となります。

 現在は投資資金が世界中で溢れ返っているため、企業経営者と投資家の目線で見る投資採算が違ってきており、どうしても投資家(内外のファンド)が主導すると株価が一時的に上昇しますが、長い目で見るとどうなのでしょう?

 その辺をいくつかの事例を挙げて解説します。今シリーズにもすでに登場している東芝ですが、エフィッシモが8%超の株式を取得したようなので、このポイントに絞って再登場します。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 「書籍」です。


今週の相場観

 主に今週の日本の各市場について注目ポイントなどを解説します。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(3月26日)深夜まで受け付けています。


付録コーナー

 2012年10月に掲載した「南北朝時代と室町幕府」を大幅に加筆・修正してお届けしています。なぜここで「室町時代なのか?」は、なぜここで「バブルなのか?」にも通じるものがあります。室町時代がバブルだったという意味ではなく、どちらも最近までほとんど意識されておらず、たまにはそういうものを取り上げることも必要と考えるからです。

 今週も含めてあと2回で終わります。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム