闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

北朝鮮情勢を最大限警戒しなければならない

2017年04月05日

北朝鮮情勢を最大限警戒しなければならない


 メルマガ「闇株新聞 プレミアム」では、ほとんど毎週かなりの紙面を割いているテーマですが、状況がすでに臨界点に達していると強く感じるため、ここでもポイントだけ解説しておきます。マスコミの報道だけではその切迫度がほとんど伝わって来ないからです。

 4月6~7日に習近平国家主席が訪米し、フロリダの別荘でトランプ大統領と会談します。つまりトランプ政権発足後、初の米中首脳会談となりますが、実はこの会談がセットされたのは3月28日のことです。

 それでは何でこんな急にセットされたのでしょう?もちろん急遽、話し合う必要が出てきたからですが、それは米国側の事情です。それでは何で習近平も応じたのでしょう?習近平は4月4~5日にフィンランドを訪問する予定になっており、そこから直接米国に飛ぶようです。

 3月31日にトランプ大統領は、貿易赤字削減のための大統領令に署名しており、その最大のターゲットが中国(次いで日本)となりますが、それが主要テーマならわざわざ習近平が慌てて訪米するはずがありません。

 今回の米中首脳会談における米国側の最大の(というより唯一の)目的は、米軍による金正恩襲撃作戦(斬首作戦)の実行を「黙認」するように習近平に最終通告することであり、習近平が応じた最大の(というより唯一の)理由は、金正恩後の北朝鮮における(あるいは朝鮮半島における)中国の「権利保全」のためとなります。

 ティラーソン国務長官が3月18日に訪中し王毅外交部長(外相)と会談した際、トランプ大統領の名代として同じ通告をしたはずですが、どうも一蹴されたようです。そのへんからトランプ政権におけるティラーソンの存在感が薄くなったような気もします。

 金正恩斬首作戦はオバマ政権時代からありましたが、何事にも格好をつけたがるオバマ大統領(当時)では実行されるはずがなく、それを察知している金正恩にも完全にナメられていました。それでは何でトランプ大統領は、ここにきて金正恩斬首作戦を実行することにしたのでしょう?

 表向きの理由は、北朝鮮が米国西海岸まで届く大陸間道弾ミサイル(ICBM)を開発しており、米国人民が危険に晒されているため(金正恩を)排除しなければならないということですが、米国はどの政権でも「仮想敵」を時にはでっちあげても政権の人気を維持するものです。

 とくに最近のトランプ政権は内政が停滞し、議会と予算折衝に入る体制も整っていないため国防予算拡大どころではなく、そこへロシアゲート疑惑まで持ちあがってきたため、何としても事態を打破しなければならない切実な事情もあります。

 ちょうど4月末まで米韓合同軍事演習が行われており、2011年5月のビンラディン殺害時もアラビア海で待機していた空母・カールビンソンや実行部隊のNavy SEALsも「すぐ近く」にいます。

 金正恩もトランプ就任直後から「風向きが変わった」ことは察知しており、米国諜報部隊が巧みに吹き込むデマ(側近の中に裏切者がいる)にすっかりパニックとなり、側近の処刑を加速させ、2月13日には異母兄の金正男まで暗殺してしまいました。このままではますます過激な行動に走る恐れがあります。

 つまり金正恩斬首作戦の実行は「決定済み」であり、習近平も(金正恩は一度も訪中していない)黙認することは「決定済み」であるので、わざわざ訪米して「その後」について密談するわけです。

 トランプから安倍首相に「通告」があったかは不明ですが、帰国していた長嶺・駐韓大使を急遽韓国入りさせており、何らかの「通告」はあったと感じます。もちろん有事の際の邦人保護のためです。

 5月9日の韓国大統領選挙では、親北(というより北朝鮮そのものの)文在寅がすでに当選確実であり、このままでは韓国が北朝鮮の支配下に入ってしまうことにもなります。

 また金正恩斬首作戦が実行されたなら、混乱に乗じてミサイルが日本に飛んでくる可能性があり(冗談ではなく北朝鮮のミサイルは精度が落ちるため狙っていてもいなくても着弾する恐れがあります)、また多数潜伏している北朝鮮スパイが破壊活動を起こす恐れもあります。

 今の日本で何が不気味かといえば、こういう切迫した事情が一切報道されず、明らかに(北朝鮮の意向を受けているとまではいいませんが)反日議員が演出した森友学園問題で国会が機能不全になり、こういう事態にこそ必要な共謀法(確かにネーミングは適当ではありませんが)の審議入りにも抵抗が強いという現状です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:9 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
まず、マレーシアのVXガスとオウム真理教が利用したVXガスについて製法に類似性がないか究明して欲しいです

類似性があるとすれば、
VXガスによる大量殺人テロも警戒しなければなりません
日本がダメなのはこうしたリスクを国民に伝えないことです
VXガスは本当にあのオウムのプラントで製造可能だったのでしょうか

ところでトランプ大統領の親戚に統一教会関係者が多いようですが、これは大統領への「踏み絵」なのでしょうか
統一教会は北朝鮮とも関係が深い宗教です

それとも統一教会はアメリカ政府筋の傀儡宗教で宗教活動で得た利益をアメリカに還流させるとともに北朝鮮で諜報活動を行っていたのでしょうか

日本の与野党にいる統一教会系議員と北朝鮮とゆかりの深い議員は、議会が進まないことにしておいたほうがありがたいと思っているのでしょう

与党が本当に決議したいのであれば、強行採決できます
強行決議をしないのは森友疑惑でこちらの決議を遠ざけたい思惑が強いのだと思います

共謀罪が可決されれば北朝鮮に便宜供与している政党、宗教にも適用されるかもしれません
金正恩が海外亡命っていう落とし所はないんですか?
この件闇株さんの情報源はどこから?
ニワカに信じがたいけど一部の週刊誌も
ちらほら同様の記事みられますよね
韓国国防部ハッキング事件、米韓連合軍の「作戦計画」まで流出

先制攻撃する前にバレちゃう予感
オバマ大統領の時代から、斬首作戦はあったのですが、実行に移されなかったのは、オバマ大統領が及び腰であった事が一番の原因だと言われています。
ただ、それ以外にも、金正恩を排除した後の北朝鮮をどうするか・どう統治するかの見通しがなかったことが大きな原因の1つでもあると言われています。
米中露がしきりに会談をおこなっていますが、果たして見通しは立ったのでしょうか?(国連による信託統治?)
確かにこのところの状況を見る限り
あり得るシナリオだと思いますが
米国はまだ直接北朝鮮から
なんらかの攻撃を受けたわけではなく
トランプ政権の面目躍如の為に
あの三代目の首を刈るのは
なんか違和感が…
まぁ米軍ならば既にあのカリアゲ君の
動向など把握してるはずで
GOサインが出ればあっと言う間でしょうが
トランプ外交の一発目の成果が
北朝鮮ってのもね…
金正恩亡き後・・
半島と日本が一緒になりませんように。
半島と一緒になるんじゃないかな?
統一教会が対馬からトンネル掘っているんだから

戦争が起これば難民も多くなるし
結果がどうであれテロが起こりやすくなるだろうな

アメリカが本気出したら日本からの送金企業まで解明されるでしょう
送金に関連した企業群はどうなるのでしょうね
パチンコにダンマリするかわりに天下りしてきた警察もどうなっちゃうんでしょう
制裁金ビジネスで日本が破綻することはないのでしょうか
ないない。攻撃するならやる前にやりますよーとは言わない、普通は。効果が半減したり失敗する可能性もある。やるなら電撃的にやるはず。

ミサイルが米本土に届こうが、北にそうする動機はない。返り討ちにあって自滅するのは明白だから。カリアゲにその程度の判断力は残っている。それに先に攻撃するなら韓国でしょ。

そういう意味では北朝鮮情勢に本質的な変化はない。トランプとしては中国に抑えてもらって出費を抑えられたらハッピーというだけ。その辺話がまとまって仲良しムードなのでしょう。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム