闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

シリアをミサイル攻撃したトランプの思惑とは?(臨時版)

2017年04月08日

シリアをミサイル攻撃したトランプの思惑とは?(臨時版)


 トランプ大統領は米国東部時間4月6日夜(日本時間7日午前)、国際法上で禁止されているサリンなど化学兵器を使用したとしてシリアの軍事施設に対し、米軍に攻撃を命じたと発表しました。

 地中海東部に展開する米海軍駆逐艦2隻から発射された59発の巡航ミサイル「トマホーク」が、アサド政府軍の支配下にあるシャイラート空軍基地を攻撃しましたが、命中は20発ほどだったようです。

 バッシャール・アル=アサド大統領のシリア政府といっても首都・ダマスカスを含むシリア西南部一帯を支配しているだけで、その周辺(とくに北部)の反政府勢力と2011年の「アラブの春」以来、6年にわたる内戦状態となっています。
 
 またその内戦に乗じてシリア北部や東部はテロ組織が自称イスラム国(ISIS)を「建国」し、さらにその北部のトルコ国境沿いはクルド人が支配している分裂状態で、欧州を目指す大量の難民が出ています。

 アサドのシリア政府軍が4月4日に、今回の米軍による攻撃対象となったシャイラート空軍基地を起点として反政府勢力地域に化学兵器を使った攻撃を行い、子供を含む多数の一般市民が犠牲になったとされています。

 もともと軍事クーデターで政権を掌握したハーフィズ・アル=アサドの次男で医者(眼科医)だったバッシャール・アル=アサドは、後継者と目されていた兄の急死で2000年に大統領になっていましたが、もともと国を率いる能力も胆力もありません。

 猜疑心が強くすぐにパニックとなり過激な行動(化学兵器の使用)に走るところは、金正恩と似ているかもしれません。

 トランプ大統領は、これでアサドの化学兵器を使った攻撃能力が弱まり、米国を含む全世界の危険が和らげられると主張しています。これが攻撃の大義名分であり、すでに日本、英国、ドイツ、フランス、トルコ、サウジアラビアなどが支持を表明しています。

 ところがアサド政権は、ロシアとイランが支援しており、とくにロシアのプーチン大統領が今回の攻撃で米国を激しく非難しています。トランプ大統領は選挙中からイスラム国(ISIS)に対抗するためにはアサドと(支援している)ロシアとの距離を縮めるべきと主張していたため、そこから180度の方向転換となります。

 米国はロシアに攻撃2時間前に「通告」していたようですが、プーチン大統領は「明確な侵略行為で国際法違反であり、米ロ関係に深刻な悪影響を与える」と警告しています。間違いなく中東を含む世界の政治バランスに大きな変化が加わるはずです。

 アサドは2013年にも反政府勢力に対して化学兵器を使用した疑いがありますが、この時は「アサドは一線をこえた」としてシリア空爆を表明していたオバマ大統領(当時)がロシアの圧力で直前に引っ込めてしまいました。トランプ大統領は「私は違う」と行動に踏み切ったことになります。

 ところでトランプ大統領は米中首脳会談(4月6~7日)の開催中に、習近平国家主席が目の前にいるフロリダの別荘でシリアへの攻撃命令を下し、発表したことになります。米中首脳会議の主要議題である北朝鮮対策でも優位に立とうとしています。

 今回のシリア攻撃の伏線だったかどうかは不明ですが、国家安全保障会議(NSC)の主要メンバーから首席戦略官のスティーブ・バノンが外され、現職の陸軍中将でもあるハーバート・マクマスター国家安全保障担当補佐官の立場が強化されました。

 側近優遇のトランプ政権内でも権力闘争が続いていることになりますが、今後の(すぐ後の)北朝鮮対策にも影響を与える可能性があります。

 さてここから先は4月10日(月曜日)夕方に配信予定のメルマガ「闇株新聞 プレミアム」で、最新状況も加えて徹底的に解説します。

 ただ週末にも事態が大きく動く可能性があり、当然に来週の東京市場への影響も重要であるため、できるだけ(全部ではありませんが)日曜日中に配信します。

 いつもメルマガ「闇株新聞 プレミアム」の内容は事前に予告していますが、今回は状況に応じて内容・構成を変更するため、予告は出しません。

 たぶんメインテーマが1つになると思いますが、もちろん「それでどうなる東京市場?」もしっかりと予想するつもりです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします(無料期間もございます)。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:14 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
プーチンを引きずり出して手打ち、北叩きに巻き込む事も。
>シリアをミサイル攻撃したトランプの思惑とは?

言われているように、北朝鮮への牽制と、北への圧力に向け中国の尻叩きだろう。

死者10名以下でロシアへ事前通告済での基地攻撃は、たとえ後で化学兵器使用の反体制側のやらせ等が判明しても、人道への緊急避難的措置だったと言い訳できる範囲。

プーチンを引きずり出して、手打ち、北叩きに巻き込む事も考えているだろう。
シリア政府がサリンを使ったという情報を、ある特定の米国や英国などから資金をもらっている組織が、これがサリン被害者たちであるとその身をかかえる報道が、一方的に流れての空爆であります。その組織がシリア政府がサリンを使ったと言っているだけで、十分にその組織がシリア政府のせいであると言って、毎回のように英国米国得意のマッチポンプの疑いが濃いにも関わらず、西側諸国の報道は英国米国戦争屋のいいなり報道をやっていて、それを確かに確認せずに言及していることが大問題である。
今回のでっち上げ事件がある特定の一グループによって伝えられる形になっている。
これはパナマ文書などと同じく専門機関のふりをして肝心なことは伝えないか隠す、すり替えるマッチポンプである。
米国人がオフショアリークで徹底的に叩かれましたか?
違いますでしょう?非米国人や企業が叩かれたんです。
特定の専門家のふりをした諜報機関とつながっているような組織の言い分を一方的に信ずるのはいかがですかね。
もっと広く調査する必要があるのに毎度、一特定の組織がまっとうなことを言っているように受け取るのはどうでしょうか。
シリアでのサリン偽旗テロの黒幕に協力する米国トランプ大統領:米国戦争勢力がシリアに米地上軍を派遣するという合図か、それなら自衛隊も米軍傭兵としてシリアに送り込まれるだろう
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36638819.html
その後の調査で、ホワイトヘルメッツは米政府から2300万ドルの活動資金を受け取っていたことが明らかになりました。
ホワイトヘルメッツは独立機関であり政府から資金を受け取らないとされています。
ホワイトヘルメッツはシリアの団体ではありません。また独立機関でもありません。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52005560.html
米国からシリアに対する宣戦布告ってあったの?
なしなら真珠湾攻撃と同じじゃん
困難に直面するトランプ政権の行末は?
http://blog.livedoor.jp/yymura31-ddr/archives/51882331.html
北朝鮮有事は円高 ?
緊迫する朝鮮半島情勢。

ある株式・為替専門家の読み物に
『北朝鮮有事は円高 !!』とありました。

小生、浅学非才の素人。
過去の国際緊張時からして「有事のドル買い」が
セオリーと思ってきました。

第一次朝鮮戦争特需や遥か彼方の中東紛争時の
原油価格上昇等、過去に自らが見聞したり
体験した時と今回は明らかに違います。

先の大戦後、ポツダム宣言受諾から
サンフランシスコ講和条約締結の後
わが国は世界各国の戦乱や紛争を
他人事として、間接的に主に
経済的問題と捉えてきました。

しかし、今回の北朝鮮問題は違います。

国連決議を無視の度重なる核実験強行や
直接、米国本土を攻撃可能な大陸間弾道弾の
開発を目論見、米・日・韓を挑発する北朝鮮。

歴代の米国大統領とは全く違うトランプ氏。
昨日(4/7)のシリア攻撃で実感…

国際問題に疎い素人でも、米国による
北朝鮮先制攻撃は近いと感じます。

北朝鮮は攻撃されれば、韓国ばかりか
在日米軍基地への報復ミサイル攻撃や
日本国内に潜伏する工作員による
破壊工作を明言。

さらに日本海を渡って、大量の北朝鮮難民が
押し寄せることも想定しておかなければ
いけません。

『北朝鮮有事は円高』など、あろう筈がないと
思います。

「円安・ドル高さらに(一時的にしろ)日本株暴落」

戦後生まれの「平和ボケ」した素人考えで
誠に恐縮。

賢明なる諸兄姉のお考えをご教授願います !!
主導したのはトランプ大統領なのでしょうか。

政治を知らないこととブレーンが揃わないのをいいことに
普通の大統領がやらないことを全部トランプにやらせてしまおうと画策しているのではないでしょうか。

山梨さんへ
そういったことは無意味だと思います。
満州事変でもイラク戦争でもユーゴ紛争でも類似の言説はあります。
情報を流布して世論を作った側に大義名分があるからです。支持を得て勝利してしまえば事実確定です。
ISISに米国退役将校がいたという動画もどこかで見ましたがすぐに消えてました。ニセニュースかもしれませんし真実かも知れません。

真実が判明するのが数年後であればほとんどの人が興味を持ちません。

情報の煽動に勝つ、ということも戦争のひとつだったはずです。
3月の上旬に、群馬県と新潟県の演習場でオスプレイからの降下訓練に自衛隊員も参加していましたね・・・

何を対象とした、訓練なのか・・・折しも米韓合同軍事訓練のさなかでした
安倍首相の近頃の顔色みると
トランプ電話からXデイ知らされてるぽいね
シリアに関しては、支持率底上げのためのトランプの思い付きだった可能性もある。化学兵器が使われた可能性があるからって即攻撃とは、いかにも素人臭い反応という感じ。今時、アメリカ人もそれでトランプ支持に回るほどナイーブだろうか。

北朝鮮の方も素人丸出しで攻撃するか。さすがにそれはどうか。このタイミングで二正面作戦は避けるのではないか。それに、本気でやるなら、ここまで事前に「やるやる」ムードを演出しないだろう。そもそもアメリカはそこまで北に関心はない。
命中が20発だったか否かは重要だ
CNNニュースhttp://www.cnn.co.jp/storage/2017/04/08/60b65dc5dfd7b47d2042ee79127ea77d/satellite-imagery-of-bombed-syrian-base-01.jpg
を見る限りほぼ全弾命中してる。
公式外交上、プーチンはアメリカを批難してるが....
シリアにはS400というロシアの防空システムがある。アメリカのトマホーク全弾命中ということは、S400のスイッチを切ってあったんじゃないか。そしてアメリカは攻撃をロシアに通告済み。つまり、アメリカとロシアは手を握ってると言える。
今、真実の追究は無駄
 アメリカ・ロシア・中国から降りてくる情報は基本的に大義名分であって、真実かどうか二の次。
 そして、真実を大事にしようとする欲求が強いのは日本国民のみであって、日本政府にとってはアメリカの意向のみが重要。
 日本的に重要なのは、半島有事が日本経済に与える影響。
 難民、株価、ミサイルの直撃予想。

 この辺の情報があると嬉しい限り。

 
北朝鮮有事の円相場シミュレーション
なぜ、『北朝鮮有事で円高』になるのかが
佐々木融 JPモルガン・チェース銀行 市場調査部長の
コラムを読み、理解できました。
皆さま、有り難うございました。

http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-tohru-sasaki-idJPKBN17B13U
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム