闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

訳がわからないスノーデン・インターセプト・NHKの三者関係と思惑

2017年04月26日

訳がわからないスノーデン・インターセプト・NHKの三者関係と思惑


 エドワード・スノーデンとは米国家安全保障局(NSA)および中央情報局(CIA)の元職員で、米国政府による情報収集活動に関わっていました。2013年6月にNSAの情報収集手口(PRISM計画)を含む極秘ファイルを「ごっそり」と持ち出し、香港に高跳びしました。

 香港でガーディアンやワシントン・ポストの長時間インタビューを受けた後、複数国に亡命を打診したものの難航し、同年8月にやっとロシア政府が「期限付きの」滞在許可証を発給し、以来ロシアに恋人とともに「滞在」したままです。
 
 資本主義国の「向こう側」に行ってしまったスノーデンの動向は、たまにツイッターを「思わせぶりに」更新したり、たまに欧米のジャーナリストのインタビューを受けたり、日本でも1月に公開された映画「スノーデン」に制作協力したりですが(短時間ですが出演もしています)、肝心なことが全く伝わってきません。

 「肝心なこと」とは、そもそもスノーデンは何のために極秘ファイルを「ごっそり」持ち出したのか、その極秘ファイルをこれからどう利用しようとしているのか、何よりもその極秘ファイルをロシアに提供しているのか、さらにスノーデンは単独行動だったのかなど疑問が「山ほど」ありますが、ほとんどわからないままです。

 ところが日本時間昨日(4月24日)の夕方、「インターセプト」なる米国のインターネットメディアが、スノーデンの持ち出した極秘ファイルの中にあったとされる日米の諜報活動の協力関係を示す13のファイルを公開しました。

 さらに同日午後10時(つまり公開の4時間後)にNHKが「クローズアップ現代+」で取り上げました。その内容からNHKはかなり前からこの「インターセプト」から情報提供を受け、あるいは積極的に協力しながらこの番組を制作していたようです。

 その内容そのものは、「米国が自国のための諜報活動に日本の資金(つまり税金)を利用していた」「米国はそうして得た情報の一部をファイブ・アイズと言われる英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと共有していた」「米国は日本を監視対象としていた」「米国は日本に強力な情報収集システムXKeyscoreを提供していた」などで、改めてびっくりするようなものでもありません。

 ただ最後のXKeyscoreとは、日本が2012年9月に「重要な米国企業情報システム」へのハッキング対策で協力した見返りに米国からその翌年に提供された、電子メールなどインターネットを介するほぼすべての情報を広範囲に検索して監視できるシステムのようです。

 これはスノーデンが持ち出したファイルの中でも「比較的新しいもの」で、たぶんいまも日本政府内で「活用」されているはずですが、具体的に日本のどの部門(あるいは機関)が何を(誰を)監視対象に「活用」しているのかが気になります。

 森友学園では過剰反応した野党議員諸氏やマスコミは、いまのところ大騒ぎするような雰囲気ではありません。とりあえず菅官房長官は「出所不明の文書であり政府としてのコメントは差し控える」とだけ述べています。

 さて疑問は、何でこのタイミングでスノーデンの持ち出した極秘ファイルが出てきたのかと、何でその中で日本に関する情報だけが公開されたのかです。

 後者についてはNHKが依頼した(あるいは協力した)ので日本に関する情報が出ているだけで、「インターセプト」からは各国の情報も公開される(あるいはされている)のかもしれませんが、そもそも「インターセプト」なるメディアの正体もよくわかりません。
 
 またスノーデンと「インターセプト」の関係はもっと分からず、(もし本当にスノーデンが持ち出した極秘ファイルだったとしても)果たしてスノーデンの意志で公開されているのかもわかりません。

 そして最大の疑問が、NHKの立ち位置と思惑です。NHKは視聴者から受信料を強制的に徴収する法的根拠について最高裁大法廷で争っており、法務大臣にまで参考意見を求めています。NHKが主張する根拠は「日本国民にとって必要な情報を提供し続けるためには、日本国民に応分の負担を強制する必要がある」というようなものです。

 だとすると現時点の日本国民にとって最も必要なものとは、北朝鮮を巡る米中の本音とか、日本に潜伏している北朝鮮工作員やその協力者の情報とか、それらを炙り出す共謀法の早期成立などであるはずです。

 ところがこのNHKの「クローズアップ現代+」は、その目的に合致しているようには思えません。同番組は今週木曜日(4月27日)にも同じテーマで放送するようなので、じっくり見て改めて考えることにします。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
スパイ戦争
太平洋の端っこの島国は
中国、ロシア、北朝鮮、韓国と
糞な隣国だし
アングロサクソン系陣営に取り込まれたのは
よかったじゃないですか?
テロ等準備罪に反対のスタンスの人達がNHKの中にいるのでしょうかね。
「中原文化の建設者は東夷族だ」
 日本の歴史学者達は思考を停止し、見て見ぬふりをして話題にすらしていないのです。 歴史学者達が話題にしないのは、あなたが話題にしないのと同じ理由です。 元史を持ち出して「平壌城と平壌は違うのではないか?」という疑問を出す事は、 結局のところ以下の疑問を全て出している事と同じであるからです。
長寿王の平壌城は平壌よりもっと西方の、鴨緑江の東南ではない場所にあったのではないか?
楽浪郡も平壌よりもっと西方の、鴨緑江の東南ではない場所にあったのではないか?
楽浪郡平壌説は間違いではないか?
邪馬台国が日本のどこかにあったという説明は間違いではないか?
歴史学者達が説明してきた古代史は全て偽歴史ではないか?
歴史学の手法など根本的に間違っているのではないか?
日本の歴史学とは歴史修正主義であり、ニセ歴史学ではないか?
歴史学者達の主張を真に受けている人達は皆、間違っているのではないか?
歴史学者達を崇拝している社会学者やマスコミも皆、間違っているのではないか?
社会全体が、何か間違った規範に支配されているのではないか?
このような疑問を社会に出した途端どうなるか、結果は誰もが理解しています。 しかし「元史はきっと何かを間違えているのだろう」という事にして自分を納得させ、 元史の記述など話題にしなければ良いのです。 そうする事で恐ろしい災難に巻き込まれる事も無く、安心して暮らしていけるからです。 「楽浪郡平壌説の真相に到達した者達は皆、口を閉ざしている」、 これが元史の記述の存在が話題にされる事のない理由です。 即ち楽浪郡の位置に関する謎などそもそも最初から存在せず、 単に「真相に到達した歴史学者達が真相を隠してきただけ」なのです。 これが本当の「楽浪郡平壌説の真相」です。 疑うようでしたら歴史学者を捕まえて、「遼史」や「元史」の記述は何を意味するのか、及び「313年の楽浪郡滅亡」の根拠は何かについて聞いてみると良いでしょう。

 もし日本の歴史学者達の無能が作り出した捏造歴史を根拠に「朝鮮は支那の一部だった」などと現代世界の外交関係が決定されるのであれば、実に罪深い過ちです。
何の書き込みか不思議に思って調べました。
歴史観と歴史は違います。
表現の自由はあります。
がんばってください。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B0%D0%C2%B2

古代中国文明への対抗心を持った韓国人学者が使う民族史観用語。

古代中国において、中原の東に住んでいた異民族の総称である「東夷」が、固有民族であるかのように解釈されたもの。

この「東夷族」を韓民族の祖先とするトンデモ民族史観が、ネット上で注目を集めている。
ネットに書かれていることだけで、この世のすべてがわかると思い込むのか?
ネトウヨ君 何光岳先生の、東夷源流史でも読んでね。
 「楽浪郡遼東説」とは平壌説が定説化される前は一般的に主張されていた説です。安達弘志氏などが主張しています。 「虚構の楽浪郡平壌説」ではまず、遼東説が充分に根拠が有る説である事を説明しています。
 旧唐書には「遼東之地,周為箕子之國,漢家之玄菟郡」と箕子朝鮮の位置が「漢の時代に玄菟郡があった遼東の地」に存在した事が具体的に明記されています。 文献史学によってこの記述を覆すつもりであれば、旧唐書よりも古い古代史書を引用して古朝鮮の場所を調査し、「古朝鮮遼東説」を否定すれば良いです。
「列水」を大同江とするのは朝鮮半島や遼東半島の地理的条件も考慮せず、その後の歴史や経済的、技術的、戦術的条件その他も全く考慮していない上に歴史書の記述も完全に無視しています。 科学的検証をする事もなければ、歴史書に対する敬意すら持たない暴論です。
 仮に平壌を占領したとしても、唐軍、契丹軍、モンゴル軍、紅巾軍、女真軍の例を見ればわかるように、 それだけで朝鮮半島支配を確立する事にはならない事はその後の歴史が示しています。 漢が平壌を陥落させた後に歴代中国王朝が赤眉の乱、黄巾の乱、三国時代という中国史上の未曾有の混乱をも乗り越えて、モンゴルの朝鮮支配の5倍に当たる420年間も一貫して朝鮮半島を支配したという仮説は、常識のカケラすら存在しない愚説です。 この仮説を定説化した者たちは、4万程度の軍隊で遼東で勝利すれば、朝鮮半島も自動的に支配できると考えたのでしょうか。 朝鮮半島とは、数百年間も争いが起きる事の無い桃花源(桃源郷)のような場所だとでも考えたのでしょうか。 楽浪郡平壌説とは、朝鮮半島の歴史も地理も知らない桃源郷の住人が、単に地図上で朝鮮半島の上に適当に漢四郡を配置して、適当に万里の長城を描いただけです。 高句麗を滅亡させた唐でさえ、新羅の反乱だけでなく高句麗支配下に居住していた靺鞨の独立も抑えきれず、渤海の建国も黙認するしかなかったのです。 地図上で適当に漢四郡を配置して420年も支配した事にするなど、正に「机上の空論」です。 自分達に都合の良い歴史を政治的影響力を用いて「真理」として確定してしまう行為は、世間では「歴史修正主義者」と呼んで非難されています。
  中国古代史書には「遼東」の他にこの当たりの地域名を示す単語は実は「大海中の山島」しかないのです。 ところが日本の歴史学者達は「大海中の山島」を日本列島に移してしまったために、 「朝鮮半島」を示す地域名が歴史書に存在しなくなってしまったのです。 それに「楽浪郡は遼東に存在した」と多くの歴史書に記述されているので、 平壌は「遼東」の内部に存在しないと説明ができません。 そこで「遼東」には「朝鮮半島」も含まれるという説が出てきたのです。 常識のある歴史学者が存在したのであれば、そのような奇説は却下されたでしょう。 しかし朝鮮半島の歴史も地理も何も知らない日本の歴史学者達は、 その説明に疑問を抱く事が無かったのです。

そんなアホな
森友学園問題は国有地を不当に安く売却した財務省の犯罪です

その犯罪を結果として後押ししたのが昭恵夫人であり、安倍内閣総辞職の事案です

野党やマスコミが騒ぎすぎではなく、あなたの考えが浅いのでは
NHKは伏魔殿である。(受信料はしっかり払っているから、はっきり言わせてもらうぞ。)

公共事業の一環としての放送事業であるならば、国家の一般予算で運営するべきであるし、もし視聴が任意の契約に基づくと見なすのであれば、受信料を支払った者しか視聴できないシステムをまず構築すべきであろう。

例えばNHK専用プリペイドカードをコンビニ等で販売し、それを受信機に差し込んだら視聴できる、あるいはその有効期限付きカードに書かれている番号を入力すれば視聴できる、ということにすればよいではないか。

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム