闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ヤマトHD(ヤマト運輸)の潜在的事業価値を再評価すべき

2017年04月28日

ヤマトHD(ヤマト運輸)の潜在的事業価値を再評価すべき


 メルマガ「闇株新聞 プレミアム」では「株式市場の今後の勝ち組・負け組」をシリーズで掲載していますが、最近の闇株新聞は東芝以外の個別企業がほとんど登場しないため、シリーズの予定企業から1社を選んで取り上げます。

 宅配最大手のヤマトHD(以下、ヤマト運輸)が、9月にも宅配便の基本運賃を5~20%引き上げる方針を固めたようです。運賃の引き上げは消費増税時を除くと27年ぶりとなります。

 具体的にはインターネット通販業者など割引が適用されている大口顧客にはさらに大きな値上げ幅を求め、応じなければ取り引きを打ち切る方針のようです。

 日本国内の2016年度・宅配個数シェアは、ヤマト運輸が46.3%、佐川急便(非上場)が33.9%、(以下、宅配専業ではありませんが)日本郵便が11.9%、西濃運輸が3.9%、福山通運が3.5%となっています。

 つまり日本の宅配市場はヤマト運輸と佐川急便の2社による寡占体制が出来上がっています。そしてこの2社はすでに全国的な集配のための店舗網をほぼ作り上げており、各家庭・各オフィスまでの「ラスト数百メートル」の集配体制がほぼ出来上がっていることになります。

 拡大する宅配市場に限らず今後の日本の消費動向を考えると、「ラスト数百メートル」の集配体制を寡占するヤマト運輸と佐川急便の「潜在的事業価値」は大変に大きいはずです。現時点では上場会社はヤマト運輸だけです。

 例えば携帯電話事業では3社による寡占体制が出来上がっているため通信料金が高止まり3社とも巨額利益を享受していますが、宅配事業では寡占2社が「寡占メリット」をほとんど享受していません。
 

 さらにその「しわよせ」が現場の労働環境に押し付けられていますが、ここにきてヤマト運輸は過去の未払い給料(主に残業代)を遡って百億円単位で支払うようで(すでに2017年3月期決算をこのために減額修正しています)、ここも改善していくようです。

 それではその宅配事業における「寡占メリット」はどこが(誰が)享受していたのかですが、かなりの部分をインターネット通販業者が享受していたと考えます。
 
 通販業務とは注文された品物を正確に顧客の元に届けて初めて完了となるはずですが、今までは大半の通販業者がそこを低価格で宅配業者に丸投げし、宅配現場における追加コスト(再配達やクレーム処理)もすべて押し付けたままでした。大量に発注するため、通販業者が宅配業者に対して「優位性」があるとされていたからです。

 その結果、通販業者=高成長企業=高株価、宅配業者=ブラック企業=低株価とのイメージが定着してしまっています。

 ヤマト運輸の持ち株会社であるヤマトHDの時価総額は1兆円弱、PERは減額修正したため50倍ですが、PBRは1.7倍と、低株価とまでは言えないものの「普通の株価」です。

 これに対して通販世界最大手のアマゾン・ドットコムの時価総額は48兆円、PERは180倍、PBRは22倍もあります。アマゾンは通販専業ではなく、また日本において宅配コストが割安なので急拡大したわけでもありませんが、今回のヤマト運輸の値上げ(あるいは取引打ち切り)は日本の事業において少なからずの影響があるはずです。

 アマゾン日本法人に対しては数年前から佐川急便が取り引きを打ち切っており、今回は残ったヤマト運輸がやっと「本格攻勢」に出るわけです。

 また日本の通販会社で「最大の勝ち組」と言われるスタートトゥディの時価総額は7500億円ですが、PERは43倍、PBRは27倍もあります。

 もちろんこのスタートトゥディも、宅配コストが割安なので高成長企業のイメージを維持しているわけではありませんが、少なくともこれまでの通販業者と宅配業者の「力関係」「イメージ格差」「株式市場の評価」などが修正されていくきっかけにはなりそうです。

 本誌は「寡占に胡坐をかいた割高な価格設定」にはもちろん大反対ですが、今回のヤマト運輸の値上げと過去の未払い給料の清算は、適正な価格体系や労働条件を模索する「正当すぎるもの」と考えます。

 これらを含めてヤマトHD(ヤマト運輸)の潜在的企業価値を再評価すべきと考えます。また時価総額が48兆円のアマゾンが、1兆円のヤマト運輸を買収しようと考えても全く不思議ではありません。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:18 | TrackBack:0
関連記事
コメント
あれ?楽天とかヤフーショッピングとか
ヤフオク、メルカリの話がでてこなかった

宅配業者が通販業者に「優位性」を持たれたから、今度は宅配業者が消費者に対する優位性を悪用して、値上げを断行しようとしているようにも思える。

大口顧客に値上げを求め、交渉に応じなければ打ち切るという姿勢を見せるだけでも、方針を固めるだけでもなく、それを実行した上で、一般の消費者に求めるのが筋なのでは?

値上げと過去の未払い給料の清算が、適正な価格体系や労働条件を模索することが例え「正当すぎるもの」だとしても、その清算を誰にさせようとしているのか?
矛先を向けた相手は正当なものだったのか?

事業価値を評価できたとしても、今回のやり方は受け入れがたいものがある。
もし、アマゾンがヤマトをTOBしたら
現場ドライバーは待遇改善が望めないとして
転職が増えるでしょうね。
今日はオリンパスのネタかと思ってました
法人のボリュームディスカウントは半端ないんですよね
見た事はある人はご存知だと思います
一方個人には値上げを要求するんですよ


これは電話等の通信料も同様です
競合他社と値引き合戦になればタダ同然になります

一時期に在日割引と言われてソフトバンクが叩かれましたがあの値段が法人割引では普通なのです
民団で団体契約してたのであればあの値段は「適切な」値段です
(日本人の団体でも同規模での契約でかつ同程度の与信があれば同じ価格帯が実現できたはずです)

0570のナビダイヤルなんて個人の払った電話料は高くて企業側はボリュームディスカウントが出来るフェアでない電話です
下手をするとナビダイヤル利用企業にキックバックがあるかもしれません
ナビダイヤルはそれくらい通話料収入が増えます
カケホーダイでも有料な貴重な電話サービスです
個人に対しては値上げ必要ないと思うけどね。闇株さんの仰るとおり、寡占メリットを大きく享受しているアマゾンとか楽天とかにやってる大口割引を見直せばいいと思います。ヤマトも交渉次第ではアマゾンの配送打ち切ればいいと思います。
 佐川急便が「運送会社の雄」と言うのは認めますが、クロネコはブラック化で他社からシェアを奪っただけのハゲタカ企業です。歴史を見ずに「残業未払分を支払う」から優良企業と言うのは馬鹿げています。 もう少し運送業の歴史と、人件費(配達現場の正社員とバイト比率の移り変わり)の各社の移り変わりを調べたほうがよろしいでしょう。
アマゾンは1個宅配して150円でしたっけ?
運送業はデフレの最たるものですね。今の日本て個人向けサービスは業種を問わず、低料金の上に過大なサービスを求められますから利益なんて上がりようがないですし、現場は疲弊しますよ。
ホワイト企業?なんて言われる個人向けに商売してる企業でも直接消費者と対峙する部分は代理店なり外注なり使って自社社員にはやらせないケース多いですよね。保険会社の販売員しかり、自動車メーカーのディーラーしかり・・・。
クレーマーなんて言葉がありますが「自分は善良な市民」と思ってる方でも案外気づいてないだけで無茶苦茶なことしてるケースも多いですよ。
さすがに名前は伏せますが、テレビにもよく出てくる某病児保育NPOの代表なんかも個人のツイッターで自慢げに、パソコン買うのに1時間粘ってアマゾンと同じ価格まで値引きさせたのに最後には店の悪口書いてましたからね、酷いものです(笑)
まあこれがデフレの成れの果てなのかなと。ピーシーデポは叩かれましたが、あのくらいやらないと一般消費者向けの商売は儲からないのかもしれません。
そんな意味で今回のヤマトの値上げは注目してます!
この問題に対する2ちゃんねるなんか観てるとそうなんだけど、みんな口に出さないだけで心の何処かで「自分より下の人間」て思ってるよね。
だから値上げのニュースが出ると上から2番目の名無しさんみたいに反対!とか言うけど、片方では時間指定しておいて不在で再配達させる。
いい歳の大人が安い給料で夜中まで配達してるんだから1個あたり百円や2百円くらい余分に負担すればいい話。
今までヤマトが値上げしなかったのは好意。
今は外注業者や臨時増員の配達員が多いからアマゾン切ったところで利益面で大した影響無いし逆に採算良くなるよ。
私も佐川の方がしっかりしていると思います。
佐川急便事件の影響があっただけです。

佐川は交通費も出してくれるし雇用保険も入れてくれるそうです。二ヶ月解雇条件の念書もありません。
再配達以前に

そもそも佐川もクロネコも時間指定
基本守らんからな
>>再配達以前に

そもそも佐川もクロネコも時間指定
基本守らんからな

150円か200円か知らないが微々たる額しか払ってないのにそこまで要求するのがおかしい。ただこれが日本の一般消費者の現状。そりゃBtoBに企業は力を入れますよ。
台湾だったか旅行したときに驚いたのは現地人はホワイトカラーに憧れ現場作業を嫌がるから、職人みたいな仕事は逆にかなり稼げるって話。
日本と外国って宅配や携帯や自動車販売とか違いが大きいよね。外国なんて自宅まで届けてくれない国や玄関に置いていく国とかいろいろらしいです。携帯の契約なんて今の代理店の方式なんて不便でしかないよ。3社とも同じ代理店でできればいいのに。
>そこまで要求するのがおかしい
時間指定契約を守らず「再配達」してる現状は
彼らの怠慢にあるのが原因てことだよ
アナタはわからんのかな?
>個人向けサービスは業種を問わず、低料金の上に過大なサービスを求められますから〜現場は疲弊しますよ。

もうね、ありとあらゆるお店を会員制にしてクレーマーな客には一切物を売らないようにすればいいんですよ。

値上げそのものがけしからんとかいう社会主義者が多いな
自由競争なんだから、不当に高いと思うなら、参入すればよろしかろう。
>150円か200円か知らないが微々たる額しか払ってないのにそこまで要求するのがおかしい。

 無料時間帯指定を最初に始めたのはクロネコかと思いましたが?
他社は競争に負けないためにはじめたと記憶しております。 自分がやり始めたことを守らないと言うのは通らないと思いますよ。
突然のブラックだった業界のてこ入れはなにかある
気がしますね
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム