闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年05月07日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

 予定通り5月8日(月曜日)の夕方に配信します。


予定内容です。

メインテーマ 1 どこが「バブル」で、どこが「バブル」ではないのか?

 ゴールデンウィークも比較的平穏無事に終わり、本日(5月7日)はフランス大統領選ですが、波乱はなさそうです。

 先週末(5月5日)のNYダウは21006ドル、史上最高値(21115ドル)まであと一歩となり、S&P500とNASDAQは史上最高値を更新しています。円相場も1ドル=112円台後半となっており、今週の東京市場も上伸しそうです。

 北朝鮮を含む世界の情勢は何も解決していませんが、今回も「それでイベントは終了」となり、「やっぱり今年はバブル元年」となりそうです。

 さて今週は、どこが「バブル」で、どこが「バブル」ではないのか? あるいは、どこがこれからもっと「バブル」になり、そこがすでに危険水域の「バブル」なのか、などを考えます。

 世界の株式市場、不動産市場、金、銅、原油、それに「中国の信用バブル」などを予定しています


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」2017年・春版 その3

 決算発表または業績修正が出ている企業から選んでお届けします。先週は条件付きで「勝ち組」としたい2社を取り上げましたが、今週はその逆で潜在的に「負け組」となる可能性のある企業が中心です。

 株式市場における「負け組」とは何も赤字転落など極端なケースでなくても、過大評価されている企業が「普通に評価される企業」になるだけで十分に「負け組」となってしまうはずです。


お勧めコーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債市場について考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(5月7日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
安倍晋三は責任を果たすのではなく責任を取る時期に来ているのではないか?噴飯物の日銀版コアコアCPI http://blog.livedoor.jp/yymura31-ddr/archives/51883446.html
笑う猿谷庵‏ @
経済学を学ぶ目的は「出来合いの答えを得るためではなく」どうすれば経済学者に騙されないかを学ぶため。(ジョーン・ロビンソン)

出来合いの答えを得るだけ → 経済学者に騙される
日経がバブルってきましたよん

不動産は中国人が買わなくなってて前年割れだそうですよ
日本郵政 野村不動産を買収へ

はあああん?
またインサイダーリークかよ
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム