闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

サウジアラビアなど中東5か国がカタールと国交断絶

2017年06月06日

サウジアラビアなど中東5か国がカタールと国交断絶


 サウジアラビア、エジプト、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメンの中東5か国が本日(6月5日)、カタールとの国交を断絶すると発表しました。

 5か国はカタールがムスリム同胞団などテロ組織を支援しているとし、「テロと過激主義の危険から国家の安全を守るため」であると公表しています。国境を接するサウジアラビアは既にカタールとの国境を封鎖し、5か国とも海路、空路によるカタールとの交通をすべて遮断しています。

 また5か国ともカタールの外交官に対し48時間以内の国外退去を求めています。これに対しカタール政府は「事実の裏付けがなく、正当化できない」と反発しています。

 現地時間で本日朝、まずバーレーンがカタールとの国交断絶を発表し、サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)が続き、最後にイエメンが加わりました。また国家が分断されているリビアでも、東部の世俗主義勢力もカタールとの関係断絶に加わっているようです。

 さてこれだけでは「わからないことだらけ」です。

 まずカタールは、いわゆる親米の湾岸諸国に含まれているはずで米軍基地もあります。カタール王室は、今回国交を断絶したサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの各王室と同じく遊牧民出身の「世俗の王」で、同じイスラム教スンニ派です。

 したがって2016年初めにサウジアラビアなどが国交を断絶したシーア派の盟主であるイランとは違い、今回は大変に違和感があります。

 またカタールが支援しているとされるムスリム同胞団は、2011年のエジプト革命でムバラク大統領(当時)が追放された後、成立したムルシ政権の支援母体であったとされていますが(2013年に国軍総司令官だったシシ現大統領によって崩壊)、どちらかといえば穏健でテロ組織のイメージではありません。

 同じくカタールが支援しているとされるテロ組織には、ハマス、アルカイーダ、イスラム国(ISIS)、フーシ派(イエメンで親サウジアラビアの現政権と対立)なども含まれるとされていますが、それぞれのイメージもかなり違い、やはり違和感があります。

 そのカタールは石油と天然ガスに恵まれ、中東でも最も豊かな国とされています。秋田県ほどの国土面積に200万人ほどの人口ですが、大半が外国からの出稼ぎ労働者で純粋のカタール人は27万人ほどです。

 カタールの天然ガスの最大の輸出先が日本です。またカタールは2022年のワールドカップ開催国でもあり、その施設建設に駆り出されている外国人労働者の劣悪な労働環境がたびたび問題視されています。

 国王(首長)は代々サーニー家から出ていますが、過去はしょっちゅう家族間のクーデターで国王(首長)が入れ替わっていました。現国王のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーは父親である前国王の4男で、一応は平和的に譲位されたようです。まだ36歳の元軍人です。

 さてカタールでワールドカップ以外に有名なものは、アルジャジーラ、カタール投資庁、カタール航空です。

 アルジャジーラは中東で唯一の本格的な衛星テレビ局で、アラビア語と英語で24時間放送しています。1996年に前国王がポケットマネーで設立したとされ、報道内容は政治的に偏っておらず外国メディアにとっても貴重な情報源となっています。

 国家ファンドであるカタール投資庁の資金量は850億ドルとされ、アブダビ投資庁(ADIA)などに比べるとかなり小粒ですが、最近はソフトバンクのビジョンファンドへの出資を検討しているとも伝えられていました。

 カタール航空は日本にも乗り入れている中東最大の航空会社で、首都ドーハをハブに世界中に路線を拡大しています。当然に今回の措置でサウジアラビアなどへの乗り入れが停止されており、大きなダメージとなるはずです。また300機とも言われる世界最大の機体発注残があるはずで、今後の展開が気になります。

 さてこれからですが、まず5月20日にトランプ大統領がサウジアラビアを訪問していましたが、そこで今回のカタールの国交断絶が話し合われていたかが気になります。カタールには米軍基地があり、親米国家であるはずだからです。

 また今回の国交断絶が、やはり親米のクウェートなどにも拡大されるか?本当のところカタールとイランの関係がどうなのか?なども気になりますが、現時点ではどの程度大きな問題となるかも掴み切れません。また続報を書くことになりそうです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
大きなニュースだと思うのですが、各メディアの扱いが小さいですね。
もっと詳細が知りたいのですが、情報が無いのでしょうね。
今回のカタールに対する意図がよくわからないのですが。。。
ニミッツが最終的にペルシャ湾に向かうのは関係あるんでしょうか
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム