闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年06月18日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 予定通り6月19日(月曜日)の夕方に配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 なぜ本誌はFRBの保有資産縮小に過剰反応しているのか?

  「時価総額が史上最高となった世界の株式市場に死角は?」をシリーズで書いている途中ですが、実はこの「死角」とはFRBの保有資産縮小のことであり、先日のFOMCでその方向性がはっきりと示されたためシリーズを中断して、ここだけ取り上げて徹底的に解説します。

 また量的緩和の「真っ最中」である日銀とECBにおいても、その買入れペースが縮小となったときも、同じような「死角」になると考えています。

 リーマンショック以降の世界経済が順調に回復しているわけではない中で株式市場だけが大幅に上昇している唯一の理由は、未曽有の金融緩和とりわけ量的緩和であり、それが「元に戻る時」の影響は予測不能だからです。

 そもそもリーマンショック直後に世界中が金融緩和・量的緩和に踏み切ったとき、今日の姿(経済が回復せず株式市場が大きく上昇する)は予想できなかったはずです。

 そこでそれが「元に戻る時」の影響は、今からいろいろ考えておく必要があるわけです。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」2017年・春版 その9

 1週だけ延長します。予告していた富士フイルムは「闇株新聞」で取り上げたため、リクエスト頂いていた小野薬品、まだまだ迷走する東芝については「半導体事業をKKRでもベインでもファンドに売却した場合の誰も議論していない弊害」、旧村上ファンドが2年ぶりに株主提案している黒田電気などを予定しています。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 たぶん「書籍」です。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市況などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりですが、類似のご質問は省略させて頂くことがあります。本日(6月18日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム