闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味

2017年06月20日

ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味


 本誌が新時代の錬金術師と考えるジェフ・ベゾス率いるアマゾン・ドットコム(以下、アマゾン)が6月16日、食品小売り大手のホールフーズ・マーケット(以下、ホールフーズ)を137億ドル(1兆5000億円)で買収すると発表しました。アマゾンにとっても過去最大の買収となります。

 この137億ドルには債務が4億ドルほど含まれますが、買収価格はホールフーズの前日終値を27%上回る42ドルで、アマゾンはすべて現金で支払います。アマゾンの3月末の現金残高は215億ドルでした。

 ホールフーズは1978年にテキサス州・オースティンで創業した高級・自然・有機食品がイメージの小売り大手で、米国を中心にカナダ、英国などで469店舗を展開しています。共同創業者のジョン・マッケイCEOはその職にとどまり、またホールフーズの社名も、オースティンにある本社もとりあえずはそのままのようです。

 ただホールフーズの最近の業績は伸び悩んでおり、本年初めには全世界で1200店舗という目標を棚上げし、若干の店舗閉鎖も行っていました。株価もここ2年ほどは30ドル前後で低迷し、マッケイCEOもアクティビストの攻撃対象となっていました。

 さてそんなホールフーズの買収を発表したアマゾンの株価は3%上昇し、時価総額がたった1日で140億ドルも増加しています。そういう比較をするものではありませんが、新時代の錬金術師であるジェフ・ベゾスはホールフーズの買収金額に相当する企業価値を、たった1日で「作り出した」ことになります。

 さてアマゾンがホールフーズを買収するメリットは、食品はアマゾンの主力販売商品とは違って消費者が「ほぼ毎日買うもの」であり、アマゾンのプライム会員向け生鮮食品宅配サービス・アマゾンフレッシュの拡大には劇的な効果があります。

 それ以外にも実店舗における仕入れ・販売、宅配、ネット注文品の実店舗での受け取り、店舗や倉庫を物流拠点にしたサービスの拡大が見込めるはずです。

 そんなことより1つだけ間違いがないと感じることは、ジェフ・ベゾスはホールフーズの現時点におけるサービス内容や消費者の評価や企業イメージなど全くお構いなしに、アッという間にホールフーズをアマゾンの事業拡大戦略に組みこんでしまうはずです。

 つまりベゾスは現時点のホールフーズに価値を見出したわけではなく、あくまでもアマゾンの拡大戦略のなかで「たまたまそこにあった」ホールフーズを買収したほうが、手間もコストも省けると考えただけだったはずです。

 これは日本企業がよく海外企業を買収した後に企業文化の違いなどに苦労するものですが、おそらく全く違ったスピードでホールフーズはアマゾンの一部となるはずで、そこは見ていて参考になるはずです。

 普通は巨額買収となると買収する企業の株価が下がるものですが、今回はアマゾンの株価が3%上昇しています。これは株式市場がその辺を感じ取っているからで、そこがベゾスは新時代の錬金術師であると考える理由です。

 また同日に小売り大手のウォルマートの株価が5%、クローガーに至っては11%も下落しています。

 だいたい(アマゾンはもうその範疇から外れていますが)ネット販売会社が小売店舗を買収したら評価され、逆に小売り会社がネット通販会社を買収しても評価されないというのも「どちらかがおかしい」はずです。

 ウォルマートも昨年、ネット販売会社のジェット・ドットコムを30億ドルで買収しており(当然にネット販売会社を買収する方が安上がりです)、4700店舗で売り上げの56%が食料品であるウォルマートの事業拡大効果の方が(株価への評価という意味ではなく)はるかに大きいはずです。

 6月1日付けで「ジェフ・ベゾスとイーロン・マスク 2人の新しい錬金術師」を書いていますが、引き続き企業価値(時価総額)を生み出すベゾスの錬金術について、考えさせられてしまいました。

 ちなみに今回の買収では、ゴールドマン・サックスとバンク・オブ・アメリカがアマゾン側の、エバコア・パートナーズがホールフーズ側のアドバイザーを務めています。

 そんな錬金術師からも巨額報酬を引き出してしまう投資銀行も(今は投資銀行とは呼びませんが)健在のようです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
Whole Foodsは日本には進出していないのではないでしょうか。
つまり、買収をするのも株式投資をするのも「投資銀行」なんじゃないですか。

ウォルマートは小粒買収なので投資銀行としてはさほど興味がないでしょう。

じゃぶじゃぶにあふれたカネは錬金術師と投資銀行を潤しただけだった。

通りすがりの日本人 様

 日本に紛らわしい名前の会社がありますが、どうも関係ないようでした。

 ご指摘ありがとうございます。本本も訂正させていただきました。


闇株新聞編集部
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム