闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり(追加記事有り)

2017年06月22日

東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり(追加記事あり)


 東芝は本日(6月21日)の取締役会で、分社化した半導体事業会社の売却を巡り、産業革新機構、米ベインキャピタル、日本政策投資銀行からなるコンソーシアムに優先交渉権を与えると決定しました。

 また韓国の半導体メーカーであるSKハイニックスと三菱東京UFJ銀行も、資金の貸し手として参加するようで、「日米韓連合」とする報道が多いようです。

 また東芝が公表した本日のIRには「(半導体事業会社の)企業価値、国外への技術流出懸念、国内の雇用の確保、手続きの確実性等の観点から総合的に評価した」と書かれています。

 この期に及んでまだ東芝の経営陣に「総合的に判断する」能力が残っていたとは思えませんが、今月28日開催の定時株主総会までに最終合意し、来年3月末までに売却完了を目指すようです。

 何とか東芝の技術の(あればですが)国外流出を避けたい経済産業省と、何とか(形だけでも)主導権を残したい産業革新機構が政策投資銀行を巻き込み、KKRやシルバーレイクよりは「何とかなりそうな」ベインキャピタルを中心に据え、そのベインキャピタルが連れてきた同業のSKハイニックスが出資ではないため独禁法審査も何とかなりそうと考え、銀行団や一般株主をひとまず安心させられる2兆円まで何とか積み上げただけのものです。

 半導体事業会社の売却を差し止めているウェスタン・デジタルにどう対処するとか、定時株主総会まで1週間しかないこのタイミングで優先交渉権を与えてしまったら足元を見られるとか、万一決裂した場合に他陣営がもっと足元を見るはずなど、少しだけ先のことも一切考えていないようです。

 さて漏れ伝わってくる資金の負担割合ですが、この半導体事業会社を買収する特別目的会社(SPC)を設立し、産業革新機構と日本政策投資銀行が3000億円ずつ、ベインキャピタルが8500億円を出資し、そのベインキャピタルにSKハイニックスが4000億円を融資し、さらに三菱東京UFJ銀行が5500億円を融資し、合わせて2兆円とするようです。

 お話になりません。

 まずベインキャピタルに限らず、こういうファンドが企業買収する場合、だいたい自己資金は3割程度で株式の過半数を握り経営を支配してしまいます。残る7割は外部資金(つまり借入れ)ですが、買収が成功するとこのSPCを被買収会社(ここでは東芝の半導体事業会社)と合併させてしまいます。

 つまりファンドの借入れを含むすべての借入れは、被買収会社が(くどいようですが東芝の半導体事業会社のことです)せっせと返済することになります。そのために過酷なリストラで人件費をケチり、必要な設備投資もケチり、負債の返済を優先しなければなりません。その一方でファンドは、しばらくするとIPOで自己資金分をさっさと回収してしまい、コストがタダ以下となった株式でその後も経営を支配し続けることになります。

 今回は産業革新機構と政策投資銀行が3000億円ずつ出資しても、それぞれ全体で2兆円の15%ずつでしかなく、三菱東京UFJ銀行の5500億円を純粋の融資としても総出資額の1兆4500億円の20%強ずつでしかなく、経営には何の口出しもできない「少数株主」でしかありません。せいぜい取締役の椅子を少しだけ割り当ててもらえるだけです。

 ベインキャピタルが自己資金で出資する4500億円は(SKハイニックスが4000億円を融資するから)、総出資額1兆4500億円の31%ほどで、だいたいファンドが企業買収で出資する自己資金の割合となります。

 ここでベインキャピタルとSKハイニックスの「仕切り」が不明ですが、SKハイニックスの4000億円は融資なので、そのまま半導体事業会社に返済させてしまうような気がします。とりあえずスタート時点ではSKハイニックスに経営執行を任せるはずですが、業績が伴わなければ(早くIPOができなければ)「解任」してしまうはずです。

 ベインキャピタルはたった4500億円で半導体事業会社をすっかり支配できているので、何でもありとなります。

 三菱東京UFJ銀行も、そんなSPCに5500億円も融資して大丈夫と思っているのでしょうか?というよりその5500億円もSPCにではなくベインキャピタルに融資するような気がします。その方が優先的に返済されるはずだからです。

 そうするとベインキャピタルは4500億円の自己資金で、融資の(SKハイニックスと三菱東京UFJ銀行の)9500億円は半導体事業会社に押し付けてしまうため、1兆4000億円の半導体事業会社の株式を取得することになり、順調にいけばその2割ほどを売却すればすべて自己資金を回収できるはずです。もちろんその後も延々と半導体事業会社を支配し続けることになります。

 ファンドによる企業買収とは、日産自動車を買収したルノーや、シャープを買収した鴻海グループなどに比べて「はるかにタチが悪い」ものなのです。

 新たな国賊行為が始まるようです。


(以下、その後の報道も入れて追加記事です)

 その後の報道では、産業革新機構が出資する3000億円で議決権の50.1%、日本政策投資銀行の出資する1000億円で16.5%(残る2000億円は議決権のない優先株)、ベインキャピタル(SKハイニックスも含めて)が出資する2000億円で33.4%(残る6500億円は優先株)という内容になっています。

 曲がりなりにも最大金額を出すベインキャピタルがそれで承諾しているのなら結構ですが(経験的にはあり得ません)、なんとも奇妙な出資劇となります。

 まあオール日本とすれば、そのままうまくいけば結果オーライですが、決裂すれば(ウェスタン・デジタルの差し止めも含めて)その後は悲惨なことになりそうです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:19 | TrackBack:0
関連記事
コメント
いやほんと「韓国」への手土産は
だれが絵を描いたのか

今後の核原発日米韓連合の布石なのだろうか
外国政府が何かを手土産に日本に来る事ってないのだろうか
政治力でベインが勝つだろう。
>WDの主張が認められれば東芝の売却手続きは中断を迫られる。

ベイン≒ロムニー≒共和党 vs 独立系のWD

政治力でベインが勝つだろう。
お知らせ
その後の報道を見て最後に記事を追加してあります。


闇株新聞編集部
普通株への転換条件が気になりますね。
>ベインキャピタル(SKハイニックスも含めて)が出資する2000億円で33.4%(残る6500億円は優先株)という内容になっています。
>曲がりなりにも最大金額を出すベインキャピタルがそれで承諾しているのなら結構ですが(経験的にはあり得ません)、なんとも奇妙な出資劇となります。

組み込まれてるであろう、普通株への転換条件が気になりますね。
官民主導のおーるにっぽんのパワーで無事、半導体投資経験皆無のベインに出資の手が回ってよかったですね^^
既存技術はWD経由で手に入れちゃう
キャッシュ少ないし買収の後で特許訴訟沙汰になったら体力なくて潰れるね
そのときに買収すればいい

東芝には入り込んでめぼしい技術者をヘッドハントさせてしまう
会社を維持しても居心地のいい場所に技術者は移ってしまうからね
日の丸半導体は建前上維持されるだろうからWINWIN

なるほど。本来だったら、シャープのようにどこでもいいから買収させればいいのに、
「技術流出を防ぐ」というウソの理由をでっちあげて、
米国の出資ファンドを儲けさせるため「だけ」に、今回のような形にした、と。
東芝の社員はシャープが羨ましいでしょうね。

東芝も「政府が言うのはウソで、ウチにそんな大層な技術はありません。
サムスンとそんなに変わらないレベルですよ(笑)」
と言えばいいのに、そう言えない理由があるのでしょう(笑)

ファンドによる買収って、株を売ることで出資金を回収できればいい。
そのあと企業がどうなろうと知ったこっちゃない、というやつですから、企業は大変ですよね。
しかも、純粋にお金目的なので、企業が成長のために、あれしたいこれしたいと言っても、
簡単に首を縦に振らないんだよねぇ。(お金がもったいないから)
反日朝日さーんも怒ってるの?w
「鴻海会長、東芝入札で日本政府批判 新聞破り怒りあらわ」
たぶん、東芝の半導体事業に2兆円の価値はないのでしょう。単に成長性がないか、内部に何か抱え込んでるかのどちらかあるいは両方だと思います。
こんなのは、高い手数料になるのを承知で東芝に2兆支援するスキーム以外の何でもない。
報道では定時株主総会を見据えて急ピッチのように報道してますが、実際は6月末の銀行融資の継続判断の為の急ピッチでしょう(∵定時株主総会までに急いで決めなければいけない必然性が無いため)。
つまり東芝経営陣は将来よりも今月末をどう乗り切るか方が大切なようです。早期に法的整理して事業を残したエルピーダやスカイマークとは対照的ですね。

税金を使った利益誘導も問題ですが、一番問題なのはこれでWDにハイニクスへの事業譲渡阻止という大義名分を与えてしまったことです。ハイニクスを入れたのは明らかに失策です。
WDとの仲裁と訴訟がある以上、WDと和解してWDに売るか、WDとの年単位の仲裁を乗り越えるしか元々選択肢はありません。つまりWD以外、しかもハイニクスが絡む先に売却を決める行為は売却し現金化して債務超過を解消するという目的から遠のくどころか、どちらにも売れず身動きがとれないという袋小路に入ってしまっただけです。

一部報道では最終案とも言っていましたが、WDが提示した譲歩案をほどほどで呑むべきでしたね。ブロードコムを当て馬に好条件を引き出す手法は悪くなかったとは思いますが、WDの譲れない点である出資割合(独禁法の回避)までを条件に入れたのは欲張りすぎたのかと思います。

明らかに東芝経営陣の現状把握能力と判断力に欠陥があると思います。
将来を捨ててまで現状を見繕う粉飾体質は何も変わっていないようです。
>その後の報道では、産業革新機構が出資する3000億円で議決権の50.1%、日本政策投資銀行の出資する1000億円で16.5%(残る2000億円は議決権のない優先株)

これには裏があるのでは?
表向きの議決権で実はこの比率には裏条件として
「XXを売ってほしい、xxしてほしい」
などの根回しがあるのではないでしょうか。
カネを出すだけのボランティアなんてありえませんから。
これじゃハリボテのオールジャパンだと思います。
融資先出資先がなくて困っている緩和環境下の金融。
出資者がなくて困っている事業。
そこまで美味しい案件ならば、多様な出資者が現われて上手く結びつかないものなのでしょうか。
リスクを取る能力がないのか、案件が大き過ぎるのか、はたまた美味しい事業ではないのか・・・素人には何とも不可解です。
政府の関与が、歪めてしまっているのでしょうかね。
東芝に限らず半導体事業を買う企業は先見の明がない。実に哀れ。

CPUの時代は終わった。これからは、GPUコンピューティングの時代です。

東芝、および東芝の半導体事業を買収した企業が上場していれば、すべて空売りを検討したほうがよいかもしれない。
半導体自体が真空管みたいに古すぎる技術なのだ。早く売却しないと、アイスクリームみたいに融けて無くなってしまうのだ。売却した資金で、高度LSI(CUDAコンピューティング)に投資すべきなのだが、日本には一社もその分野で秀でた製造業が無いのだ。

やばいぞ、日本。この時代遅れぶりこそ、国賊どものなせる業だ。
東芝、WDに1200億円の損害賠償請求の訴訟を提起

やっぱりやりやがった。しーらないっと
東芝は最初から嵌められたのでは?
「技術流出を防ぐ」というウソの理由をでっちあげて、米国の出資ファンドを儲けさせるため「だけ」に、今回のような形にした。
・・・私の見方は6月22日投稿の「名無し」さんの見方に近いです。最初から東芝は嵌められていたのではないかと推測しています。三菱と違って重工業がないので、潰してもかまわないと判断されたのではないか。次の世界規模の経済破綻(世界恐慌)を米から出さず日本から発生させる(発生したという話にする)意図でシナリオを描いたのではないかと思っています。考えすぎですか?
「東芝は最初から嵌められたのでは?」
=>
全くそのとおりです。そして、長年の謀略に気づかなかった東芝の歴代の経営陣達が馬鹿です。彼等は、資本主義における世界戦でのスキルや教養がない。話になりません。

東芝への「最初」の攻撃がいつかだったのか、はっきり言いましょう。1987年の東芝機械ココム違反事件の時からです。この件は、別に東芝が悪かったと決めつけるつもりもなく、また、愛国的に弁護するつもりもありません。ただ、当事者達の話を人伝に聞くと、言いがかりの匂いがします。駆け引きの世界でしょう。「東芝」へのジャブの打ち込みはこの時点から始まっています。その時点で、この重大な国際政治事件を当事者達が徹底的に解析し、行政も保守政治家もよく学ぶべきだった。しかし、日本の政財界はその頃には徐々に劣化し始めていたので、そうできなかった。1987年前後から、東芝グループへの攻撃は始まっています。ある海外の勢力にとって、東芝は怖かったのでしょう。そして、結構
東芝の脇は甘いともわかったのでしょう。

そして、最大の一撃は、ウェスティング・ハウスの東芝への売却です。そもそも、こんなボロ会社を買ってはいけないでしょう。ストレートが顎に直撃しています。

この手の筋は、かなり長い年月をかけて、ライバルの巨大資本を潰していきます。やり方に全く違法性はありません。ただし、後から考えれば、結構えげつない方法で潰していきます。

日本企業だけが被害にあっているのではありません。

例えば、ECBマイナス金利政策によるドイチェ銀行の急速な収益低下と信用力低下、ブリエグジットによるロンドン・シティ空洞化、スコットランド独立による英国北海油田の権益剥奪の脅し(これは未実現)、遺伝子組換種子メーカー・モンサントの身売りに簸かかって買収を決めた世界最大農薬メーカー・バイエル(現在進行形)などなど、結構、巧妙に潰していきます。

こういう事象を見ていると、経営者って結構馬鹿な奴等が多いんだな、とよくわかります。彼等は、いったん問題が起きると何とか自分の立場を守り抜こうとするわりに、結構視野が狭く、大局観も無く、脇が甘いんですよね。

逆に、反面教師で優れた経営者達が見えてきますね。

経営者達には結構勉強させてもらっています。生きた教材です。

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム