闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

どうして東芝はそんなに死に急ぐ?

2017年06月30日

どうして東芝はそんなに死に急ぐ?


 過激な表現を好まない本誌ですが、もはやこう表現するしかありません。またあまり東芝ばかり取り上げないようにするつもりですが、こう次から次へと「驚くべきニュース」が飛び出してくると、やはり取り上げざるを得なくなります。

 東芝は昨日(6月28日)、定期株主総会を開催しました。しかし2017年3月期の決算報告はなく、ただ現取締役陣の再任を承認しただけでした。さすがに再任された取締役陣の任期は、2017年3月期の決算報告を行う臨時株主総会までとなっています。一応は決算報告ができる日がくることを想定しているようです。

 さてこの定時株主総会に間に合わせるために、半導体事業会社売却の優先交渉権を6月21日に「日米韓連合」に与えていたはずですが、当然のように何の進展もありません。

 表面だけでも議決権の過半を維持していることにしたい産業革新機構など日本勢が、ベインキャピタルの出資分の大半を議決権のない優先株にしてもらったわけですが、当然にベインキャピタルは「とんでもない条件の普通株への転換条件」を求めているはずで、おいそれと合意できるはずがありません。優先交渉権を与えてしまったら足元を見てくることは当たり前です。

 またその優先交渉権で、半導体事業会社の分離・売却を差し止めているウエスタン・デジタル(以下、WD)が当然のように態度を硬化させ、最高価格(2兆2000億円)を提示していたブロードコム・シルバーレイク連合やKKRも当然のように降りてしまいました。

 さらに東芝は定時株主総会が終わった直後にWDが半導体事業会社の売却を妨害しているとして1200億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴してしまいました。ここでWDとは、曲がりなりにも東芝と四日市工場を共同運営しており、建設中の第6製造棟も含めてそれなりの投資も行ってきた「仲間」であるはずです。

 つまり権利を主張している「仲間」に対し(その主張が正当なものかどうかはともかくとして)、今まで東芝には何の力にもなっておらず(これからも何の役にも立ちそうもない)産業革新機構のメンツとベインキャピタルのカネ儲けを優先するために、「仲間」を訴えたことになります。

 本誌は日本の事業を海外に簡単に売却することは常に反対していますが、これは全く「それ以前の信義に関わる問題」であるはずです。

 そもそも2018年3月までに債務超過を解消しなければ上場廃止になるというタイミングと、そこから逆算した2兆円という金額と、経済産業省と産業革新機構のメンツと、パニックになっている銀行団を黙らせることを考えただけの優先交渉権となります。

 そこで依然として目途の立たない2017年3月期決算をどうするとか、「仲間」であるはずのWDをどうなだめるとか、そもそも半導体事業会社を売却することが最善の策であるのかなどの議論が、スッポリと抜け落ちたままになっています。

 さらに半導体事業会社の簿価が7000億円ということなので、仮に2兆円で売却できたとすると数千億円規模の税金を支払う必要があります。東芝の「試算」では2017年3月期において5816億円の債務超過だそうですが、企業会計と税務会計は違うものなので「おそらく」売却益の全額が課税対象となるはずです。

 これなども最近になって「えっ、税金がかかるの?」と慌てているはずです。

 本誌が予想する半導体事業売却の最終形とは、WDがギリギリまで差し止めて最後にKKRを抱き込み、徹底的に買い叩いて(たぶん1兆数千億円くらいで)買収してしまうと考えます。

 世界最大級のプライベート・エクイティファンドであるKKRが出てくると、ベインキャピタルなど比べものにならないほど「えげつない」はずで、結局は何のために虎の子の半導体事業会社を海外に売却するのかわからなくなるはずです。

 話題が変わりますが、3月末に米連邦破産法の適用を申請したウェスティングハウス(以下、WH)も、結局は中国で止まっている4基の原発建設も含めた損失はすべて東芝にツケ回されるはずですが、破産後のWHは間違いなくピカピカの会社になります。さっそくインドでの6基の原発建設が復活しているようです。

 WHも3月末に連結対象から外すためだけに破産申請したものの、その3月末の決算も全く目途が立っていないため、いったい何のためにオール米国を敵に回してまでWHを破産申請したのかがわからなくなります。

 それに加えて今回は「仲間」であるはずのWD相手に訴訟しており(それも全く意味のない東京地裁に)、いよいよ表題にある「どうして東芝はそんなに死に急ぐ」となってしまいます。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:14 | TrackBack:0
関連記事
コメント
執拗にターゲットにされタカタも東芝もどっかの生贄みたいですよねw
トヨタは社長が泣き謝罪でなんとかもちましたがね
どうしてって?
半導体フラッシュメモリの将来性がすばらしいので、アメリカが手に入れようと圧力をかけてきます。
東芝は経営再建の当事者能力を無くしており、周囲に翻弄されるだけの存在です。周囲のみずほ銀行はじめメガバンクは東南アジア展開していて華僑と仲良しであり、東芝半導体をホンハイに売却するよう画策しています。安倍政権は親米派であり、ホンハイへの売却を阻止し、米国の買い叩きを黙認し東芝を倒産不良再建化し、メガバンクに大打撃を与えて親中派経営陣を引責辞任させる腹でしょう。東芝再建は、本当に食っていけるかを問わなければ、国の資本注入でとりあえず終わる話です。とりあえずも終わらないのは、東芝再建は経済問題ではなく、政治問題化しているからです。
しかし、あまりに政治問題化しますと再建が不透明となり、東芝本体・東芝半導体部門から人材流出してしまうため、再建は経済問題で簡単だという形にしています。
東芝は
国際金融に詳しい東芝の味方に為ってくれる謀略家に
頼まないと駄目なんじゃないでしょうか・・
監査法人と東芝が現在も話し合いをしてる様な
言い方は誤魔化しであって時間稼ぎが目的なのは明らか・・
監査法人が信用を失う様な妥協をする訳が無いと
思います。
一方で
タカタの痛めつけられ方は気の毒であり
これの謀略を指摘できない日本政府の
問題意識の低さは脅威でもあります。
なにせ
アメリカでしか起きてないでしょ?
エアーバッグの破裂は笑

たかた
タカタのはもう証明されてるから
いまさら陰謀論は勘弁
ちゃんと調べましょう
陰謀より単に
「会計ができない、把握できない」
だと思います。
買収前の調査も甘いからこうなった。

仮に陰謀だとしても、騙す側はカモを探します。

そうです。これは陰謀です。会計が出来ないという陰謀。会計が出来なくても経営者が務まるという陰謀。株主と従業員と取引先と債権者を困らせるための陰謀です。3317

東芝、ソニー、日産の共通点はどれも銀座に縁が深かったということだ。

銀座は貧乏神が支配しているのだ。ソニーも日産も銀座から離れてから蘇生した。

東芝も銀座から離れる悪魔祓いの清めを行えば再生できるだろう。
>なにせ
>アメリカでしか起きてないでしょ?
>エアーバッグの破裂は笑

メキシコの工場で製造されたタカタのエアバッグが破裂するのです。気候の違いと日本で考案された工程が合わなかったのです。そして、現地の労働者はそれに気づかなかった。

たったそれだけのことかい?と思っても、北米で被害者が多数出たことは事実。タカタは確かに顧客に損害を与えたのであり、その責任は重いですよ。

コストを下げるために生産拠点をひたすら分散させればよい、という単純な経営論が自滅を導くということです。

当面は、債務超過の解消が目的だとすると。
簿価 を 時価 に洗い直しできれば良いだけですよね。
何か方法はないものなのだろか。
東芝メモリをどこかの市場に上場させる、などと単純な方法では?・・・まぁそんなことが解決につながるなら誰かとうに指摘しているのでしょうけれども。
本線爆走
。。。3月末に米連邦破産法の適用を申請したウェスティングハウス(以下、WH)も、結局は中国で止まっている4基の原発建設も含めた損失はすべて東芝にツケ回されるはずですが、破産後のWHは間違いなくピカピカの会社になります。さっそくインドでの6基の原発建設が復活しているようです。。。

自由主義市場経済、契約至上主義社会。世界一の大国相手ですからそうなります。
支線はいろいろあるでしょうが本線は相手国の大企業メーンバンクともに破綻に際しても不死身で増殖してゆくところにあると思います。

東芝はメーンバンクを助手席に乗せて本線を爆走しています。
東芝は悪魔です。東電も悪魔です。

この2つの悪魔が日本を壊滅させます。

タカタの真相
詳細解説されております
参照下さい
http://openblog.seesaa.net/article/451242702.html#more
>タカタの真相
よくわかりました。技術に疎いマスコミでは、なかなか書けないでしょうね。

別にタカタをかばうわけじゃありませんが、
トヨタなど毎年原価を○○%下げろという会社なので、
そこに食い込むためには、安全より利益優先で臨むしかなかったのでしょう。
それによってタカタは、ほぼ業界を独占できたわけですし。
(それを選択するかどうかは、経営者の資質ですけどね)
そうしないと利益が出せないほど、今の経済状況は厳しいということでしょう。
トヨタ=毎年原価を○○%下げろ

製造業はいいなぁ・・・小売でも同じことできないかなぁ・・・
「コンビニ!」

人間も下請企業みたいにつかえればいいなぁ・・・
竹中どらえもん「派遣法♪」

>今の経済状況は厳しいということでしょう。
他人の足を食べて生きているタコのような状況です。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム