闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

スクープ「沖縄と核」

2017年09月12日

スクープ「沖縄と核」


 表題は昨日(9月10日)午後9時から50分間放送されたNHKスペシャルの番組名です。国民から半ば強制的に徴収する受信料により年間1600億円もの潤沢な制作費があるNHKですが、時々ある「なぜこのタイミングで?」と考えてしまう番組でした。

 内容は、施政権返還(1972年5月)以前の沖縄米軍基地に、最大1300発もの核弾頭が配備されており、敵国(旧ソ連へは米国本土から攻撃するため主に中国が狙いだったようですが)への核攻撃を想定した訓練が繰り返され、事故(核弾頭の誤発射)まで発生していたというものです。

 当時の日本政府はもちろん了承しており、本土にさえ核兵器が持ち込まれなければよいと考えた結果、すべての核弾頭が沖縄に配備されたことになります。もちろん沖縄県人には全く知らされていませんでした。

 そして施政権が返還された時点ですべての核弾頭が撤去されたようですが、それでも「有事の際はいつでも再配備できる」という秘密合意があったようです。政府は公式見解として秘密合意の存在自体を(その前に沖縄に核弾頭が配備されていた事実も含めて)すべて否定しています。

 さて現時点においては「この事実」をここから議論するのではなく、あくまでも「今そこにある北朝鮮の危機」にどう対応するかを考えなければなりません。

 このNHKの番組は、確かにかなりの時間をかけて元米兵を中心に丹念に取材していたようで、それなりに「よくできた番組」ではあります。また沖縄県民だけが知らないうちに大変な危険にさらされていたという全体のトーンも、報道番組とすればある程度はやむを得ません。

 しかし現実は、日本と目と鼻の先にある北朝鮮という「ならずもの国家」が核実験とミサイル発射実験を繰り返す中で、少なくとも米国の核の傘を活用するという「日本国民を守るためのギリギリの選択」に対するアレルギー効果しかなかったと感じます。

 ここのところ小野寺防衛大臣の「北朝鮮は核保有国」、石破元防衛大臣の「非核三原則は見直す必要がある」などの発言もあり、遅ればせながら北朝鮮の脅威に対する現状認識や今後の対策について「すこしだけ」前進が見られていた中で、まさにアレルギー効果となってしまいました。

 ここで本誌は「日本も核武装すべき」など短絡的な議論を展開するつもりはありません。しかし少なくとも日本全体が北朝鮮の脅威を正確に認識し、あらゆる選択肢を真剣に考えて実行に移さなければならない段階において、NHKが一方的に核へのアレルギーを増幅させる番組をタイミングよく放送したことになります。

 放送すべきではなかったといっているのではなく、現在の北朝鮮の脅威に対してもっと国民に考えさせるよう工夫すべきだったと感じます。

 本誌はそもそもあまりテレビを見ませんが、NHKの番組については時々「その目的とタイミングについて」疑問に感じることがあり、記事にしています。2012年12月25日付け「NHKスペシャル・日本国債の、とんでもない内容」、2015年3月11日付け「NHKの預金封鎖報道の背景とは?」、2017年4月26日付け「訳がわからないスノーデン・インターセプト・NHKの三者関係と思惑」などです。

 初めの2つは消費増税を実施しなければ国債が暴落して預金も封鎖されるという「脅し」に近いもので、最後は国家として必要な諜報活動を暴露して批判するものでした。

 「今そこにある」北朝鮮の危機については、米国時間本日(9月11日)の国連安全保障理事会で北朝鮮に対する制裁措置を採決するはずですが、米国が提案していた原油輸出の全面禁止や金正恩の個人資産凍結などは早くも骨抜きにされており、それでも中国とロシアが拒否権を行使する可能性もあり、すでにほとんど意味がなくなっています。

 つまり米国や日本が会議の場で憤れば憤るほど、中国やロシアは反対に回るため、そもそも北朝鮮という「ならずもの国家」に対して常識的な手続きで解決を図っても全く意味がありません。

 そこで日本はあくまでも自力でこの「ならずもの国家」に対峙しなければなりません。そうなるとまず頼るべきは日米安保条約であり米国の核の傘ですが、そのためには応分の役割を果たす必要があり、何よりも国民すべてが危機感を共有しなければなりません。

 NHKのこの番組に限らず、マスコミの報道を見ている限りは、危機感が全く感じられません。このままでは北朝鮮という「ならずもの国家」がますます増長し、まもなく手遅れとなってしまいます。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
関連記事
コメント
今の状況を例えるなら、1938年のミュンヘン会談前夜の世界情勢に近いのでは?
アメリカや日本は、今までに何度も独裁者の勢いを止めるチャンスはありながら、国内事情により何もできなかった英仏の様です。
骨抜きの経済制裁=融和政策を行っても、独裁者を増長させ、目先の利益以上の災禍を人類にもたらすと思います。
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
日本は、米国の露・中・北朝鮮に対する第一防衛ラインとしての機能しかなく、旧来の核抑止力という考えは、核拡散を前提とはしてはいない。 
また、国際社会が、核開発を口実とした恫喝を止める術がなければ、第三国における核開発が常態化し、脆弱な未来しかない。
東京新聞社 望月記者
アエラのインタビューで、東京新聞社の望月記者が面白い発言をしています。北朝鮮が核武装するのはアメリカの脅威から自国を守るためであると明言しています。つまり日本も他国の脅威から自国を守るためなら核武装しても良いと。まぁ北朝鮮を擁護するために発言したようですが。
ふとした疑問なんですが
「まさにアレルギー効果となってしまいました」のはどのようにどの範囲を観測されたのですか?
NHKの存在意義
NHKの存在する意味はなんでしょう。

国民が、お金を払ってまでNHKの存在、価値はもはや、認める必要ないでしょう。

国民のためにならない放送を繰り返すのであれば、中国のプロパガンダの役割、韓国の支援するような、NHKは不要です。

もう手遅れですね。
核武装は短絡的とは思いませんが今だに
対話を訴える人が多いところを見ると現状認識が甘いと思います。
しかし現実的に北朝鮮が日米に攻撃を仕掛けるかというとそれも無いと思います。
きっとこの危機は何も起きずに終わります。じゃあ何もしないかと言うとこの危機を利用して核武装の話をすすめるしかありません。
何の為にか?中国の脅威から身を守るためです。
北朝鮮問題なんて大昔から安倍政権の支持率浮揚と軍事費クレクレの口実にしか使われてない茶番でしかないのだが。(北朝鮮のおかげで米国は日韓に迎撃用の武器や戦闘機を買ってもらいホクホク)金正恩の母親が誰か調べれば真相など簡単に手に入りますよ。株の世界から見れば売りをしかける相場材料でしかない。よきところまで売り込めばあとは報道に合わせて買い戻す、いつものパターンがまた昨今見られてます。
日本経済新聞 2017年09月13日 7時28分

ビットコインに売り ダイモンJPモルガンCEO「これは詐欺」発言で

インターネット上の仮想通貨ビットコインに12日、売りが膨らむ場面があった。米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が同日、「ビットコインは詐欺だ」など強く批判し、売りのきっかけになったようだ。

情報サイトのコインデスクによると、米東部時間14時前に4200ドル台前半で推移していたドル建て価格は、発言後にこの日の安値の4067.41ドルまで約4%下落した。その後は4100ドル台後半にやや持ち直している。

ダイモン氏は英金融バークレイズがニューヨークで開いた会合で、ビットコインの価格上昇について「(17世紀のオランダの)チューリップバブルよりひどく、いい結末にはならないだろう」などと持論を展開した。自社にビットコイン取引に関わる社員がいれば「規則違反だし、バカだからクビにする」と述べた。

解説:
チューリップ・バブル - Wikipedia

ダイモン氏は「バブルがはじける前に2万ドルまで上がるかもしれないが、最終的には暴落する」と予想。「(政情不安が深刻な)ベネズエラやエクアドル、北朝鮮の住人、麻薬ディーラーや人殺しなら(政府の通貨より)ビットコインで取引したほうがマシだろうけど」などとこき下ろした。
前原終わった.
【動画】《予告編》前原誠司民進党代表 北朝鮮美女の“ハニートラップ疑惑” 「週刊文春」編集部

http://bunshun.jp/articles/-/4133?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

このスクープの全貌は以下のチャンネルで9月14日より全文公開します。

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策
麻生太郎氏が、またまた面白いことを口走った。

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策

麻生太郎副総理は9月23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

朝日新聞デジタル
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-592887.html
墜落ヘリに放射能物質
ストロンチウム90
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム