闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

韓国と中国の通貨スワップ協定が消滅する

2017年10月10日

韓国と中国の通貨スワップ協定が消滅する


 韓国と中国の間で締結されている通貨スワップ協定が本日(10月10日)満期を迎えますが、契約延長の交渉が一切行われておらず、そのまま自然消滅となるようです。

 THAAD(高高度防衛ミサイル)の配置を巡り、中国と韓国の間がぎくしゃくしている影響もあるようです。

 この韓国と中国の通貨スワップ協定はリーマンショック直後の2008年10月に締結されたもので、韓国ウォンと人民元を一定のレートで総額3600億元(約6兆円)融通しあうものです。実際には一方の国(例えば韓国)が通貨危機となり外貨が不足したとき、もう一方の国(ここでは中国)が一定のレートで韓国ウォンを人民元に交換して融通するものです。

 ここでもし韓国が通貨危機となり外貨が不足したとしても、実際に交換性が大きく制限されている人民元を融通されてもあまり効果があるとも思えませんが、いざというときの安心材料くらいにはなります。

 現時点で韓国は(この消滅する中国との通貨スワップ協定を加えて)総額1220億ドル(13.7兆円)相当の通貨スワップ協定を締結しています。すべていざというときに相手国通貨が融通されるだけで、絶対必要となるドルが融通される通貨スワップではありませんが、それでもその約半分が消滅してしまうことになります。

 日本と韓国の間でも日韓通貨スワップ協定が締結されていましたが、それが民主党政権時代になぜか(通貨危機時に絶対必要となるドルとの交換も含めて)総額700億ドル相当まで大盤振る舞いされていました。自民党政権となると大幅に減額され2015年までに完全に消滅しています。

 これも韓国が通貨危機となれば、日本は(紙屑となりそうな)韓国ウォンを受け取って(700億ドル全額ではないものの)貴重なドルを韓国に融通することになります。日本が通貨危機となって韓国からドルを融通してもらうことは実際問題として考えられず、一方的に日本から韓国への信用供与となっていました。

 また基本的に米国は通貨スワップ協定を締結しませんが、それでもリーマンショック時には韓国との間で300億ドルの通貨スワップ協定が締結されていました。これもとっくに消滅しています。

 またユーロ圏は、域外では中国と450億ユーロ(6兆円)相当の通貨スワップ協定を結んでいるだけで、韓国はいざというときにドルに次ぐ基軸通貨であるユーロが融通されることもありません。

 つまり韓国は本日以降、いざというときに役に立つとも思えない(ドル、ユーロ、ポンド、円、人民元以外の)ローカル通貨が融通されるだけとなります。

 さて韓国は年間1000億ドル近い経常収支の黒字国で、黒字額はドイツ、中国、日本に続く世界4位であるはずです。また本年7月時点の外貨準備も3900億ドル近くあります。

 しかし韓国経済は常に通貨危機懸念や外貨不安が囁かれています。韓国は水面下で世界の主要国に新たな通貨スワップ締結を働きかけているようですが、どうも米国、英国、ドイツ、フランス、オランダ、ロシア、カナダ、メキシコ、ブラジルに至るまで拒否されているようです。

 日本も「韓国が希望すれば応じる」という態度をとっていますが、実際はお引き取り願っており、本日から中国も拒否することになります。

 今月からFRBが保有資産縮小に踏み切っており、また年3回の利上げペースも維持するようで、何かをきっかけに世界のどこかでドル調達に不安が出てくる恐れもあります。

 さすがに韓国が、ベネズエラより早く通貨危機となることはありませんが、北朝鮮に近い大統領がいることもあり、世界の金融市場では「要注意」とされているのかもしれません。そうでなければ各国との通貨スワップ協定が締結できないはずがないからです。

 ちなみに韓国の格付けはAAクラスで、Aクラスの日本や中国より高格付けとなっていますが、世界の主要格付け機関はいざというときに何の役にも立たないことは、今に始まったことではありません。

 ということで今後は韓国経済や金融情勢も注意しておく必要があるかもしれません。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:12 | TrackBack:0
関連記事
コメント
神戸製鋼所と日産が大変なことになってますがこれには触れないのでしょうか
経済的には日本と近いはずなのに、売り圧力がかかりやすいというのは不思議なものです
有事の際に政府の存続が期待できないからでしょうか?
男・文、孤立無援?四面楚歌?
>どうも米国、英国、ドイツ、フランス、オランダ、ロシア、
>カナダ、メキシコ、ブラジルに至るまで拒否されているよう
>です

余程嫌われているのでしょうか?
中央日報は無慈悲な願望記事を書いてホルホルしてます
なにが「事実上」合意だ
救いようがない

【韓中通貨スワップ、事実上延長に合意】
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2017年10月10日 07時18分
104
韓国銀行と中国人民銀行がきょう10日で満期を迎える韓中通貨スワップ延長に事実上合意したと、北京の消息筋が9日、明らかにした。匿名を求めたこの消息筋は「韓国銀行と企画財政部関係者が韓中両国の連休前である先月下旬に訪中し、中国の中央銀行である人民銀行と通貨スワップ問題をめぐって協議した結果、現行の協定を維持することで合意した」とし「満期当日である10日にも両国金融当局間チャンネルを通じて最終手続きと日程を話し合う予定」と伝えた。
http://s.japanese.joins.com/article/175/234175.html
中央日報の記事で
通りすがりの猫さん
その中の記事中に↓の文面が紛れ込ましてるから
しゅうきんぺい氏の胸先三寸に有る有るね笑

【この関係者は「金融当局者間の合意にもかかわらず、
習近平国家主席ら中国指導部による最終承認までには
まだ不透明な要素が残っている」と述べた】
米韓FTA再交渉に触れていませんが、影響ありませんか?
韓国と中国の通貨スワップ協定が消滅しても何の影響もないと思います。アジアは衰退します。

日本、中国、台湾、韓国、北朝鮮、アセアン、すべて衰退します。


神戸製鋼の問題は根深そう。株の動きもおかしいのでインサイダー?
あっれえええー
昨日「事実上の合意」が成立したとか言ってホルホルしてたのに変だねえ

宗主国様はお怒りだぞ


朝鮮人は現実が見えないの?


【韓中通貨スワップが終了…協議は今も継続中】
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2017年10月11日 08時29分

韓国と中国の560億ドル(約6兆3000億円)規模の通貨スワップ協定が10日24時をもって満了した。韓中関連当局は満了前から協定延長のための協議に入ったが、まだ延長については何も公式に発表されていない。
http://s.japanese.joins.com/article/231/234231.html?servcode=A00§code=A30
スワップ協定、延長されました。
裏でどんな取引があったのか気になります。
 10月13日になって中国、韓国の金融当局が、通貨スワップ協定が同条件で3年延長されていたと発言しています。

 それも延長されていたことを公表していなかっただけともとれるニュアンスです。

 本当に延長されているのかも含めて一切が不明確ですが、韓国が金融危機に陥った場合、中国が人民元を最大6兆円も供給することになり、韓国経済が完全に中国経済の傘下に組み込まれてしまいます。そう考えると中国とすれば、とりあえず目先の負担がない通貨スワップ協定を延長しておく意味はありそうです。

 やはり親北朝鮮であるということは親中国でもあるはずの文政権の存在は、日本にとっても大きなリスクとなります。確信犯的に韓国経済を危機に陥れてしまう可能性すらあるからです。すでにサムスン電子の実質トップを刑務所送りにしようとしています。


 闇株新聞編集部
英バークレイズ、収益悪化で韓国から撤退
今年に入り外資系銀行が相次ぎ韓国から撤退している。

なにかの前兆かな
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム