闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2017年11月05日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 11月6日(月曜日)の夕方に、予定通り配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 ここからの株式市場をどう考える?

 本誌は昨年末に「今年はバブル元年」と書き、9月中旬に「そろそろ警戒レベルを上げるべき」と書きました。

 結果は、確かに「今年はバブル元年」だったとも言えますがその内容はかなり「まだら模様」であり、さらに「そろそろ警戒レベルを引き上げるべき」とした直後から世界の株式市場は上昇に加速がついています。
 
 警戒レベルを引き上げるといっても、すぐに株価が下落に転じるわけではないと強調してはいましたが、明らかにタイミングが適切ではなかったことになります。しかしそのタイミングとはずっと以前から「こういう状況となったら警戒レベルを引き上げる」と決めてあったものです。

 そこで今週は「言い訳」ではなく、何が(過去のバブルと比べて)違っていたのか、何を軽視していたのか、何がここ1か月ほどの間に変わったのか、などを改めて検証し、ここからの株式市場を考えてみることにします。


メインテーマ 2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」 2017年・秋版 その4

 今週はコンビニ特集です。日本に限りませんが、大企業と一般人との間の収益分配バランスが崩れており、消費サイドからみた経済と大法人サイド(あるいは株式市場)からみた経済のギャップが広がり続けています。

 やはり消費サイドからの分析は必要で、消費関連で数少ない「勝ち組」であるはずのコンビニにも構造変化が起こっている可能性もあるからです。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー
 
 まだ決めていませんが、順番から「書籍」にしようと思っています。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市況などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりです。本日(11月5日)深夜まで受け付けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
気になる世界的株価バブル
トランプ来日 対米貿易 対北朝鮮含め
要注目の月曜日
プレミアムのダイジェスト版希望
パラダイス文書
http://www.asahi.com/special/paradise-paper/
http://www.asahi.com/articles/ASKC27X2FKC2UHBI03J.html

パナマ文書に続くジャーナリスト連合による
周到な世界一斉報道のようですね
サウジ皇子の大量拘束と
ヘリ墜落と
なにか政変の始まりなの?
東京株、バブル後高値更新
終値でも約25年10カ月ぶりの高値水準

適正株価とは何ぞや
バブルでゴー

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム