闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ

2018年01月14日

メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のお知らせ


 1月15日(月曜日)の夕方に、予定通りに配信します。

 予定内容です。


メインテーマ 1 世界的に長期金利上昇の兆し その背景と影響は?

 世界的に長期金利が「そろり」と上昇しています。政策金利(短期金利)が利上げモードに入っている米国の長期金利が上昇するのは当然かもしれませんが、そうだと上昇するはずのドル(ICEドルインデックス)が不気味に下落しています。

 新年早々(1月9日付け)の闇株新聞に「2018年前半は国債市場が最も要注意」と書きましたが、これはもちろん日本の国債市場のことです。しかしそれだけではなく「言いようのない気持ちの悪さ」は、世界の債券市場全体に及んでいると感じます。

 そこで今週は徹底的に世界の長期債市場について、「いったい何が起こっているのか?」「何が不気味なのか?」を解説します。


メインテーマ 2  世界には「こういう困った国」がある  その1

 世界には「めったに」報道されないものの、かなり困った状態になっている国、あるいは世界の政治・経済にかなり結響を与えそうな国が「結構」あります。

 そうなった時にあわてて世界地図を広げて探さなくても済むように、そういう国についてあらかじめ解説しておきます。恒例の「株式市場における今後の勝ち組・負け組」が始まる前に3~4回のシリーズでお届けします。

 第1回目の今週は、アフリカにあるジンバブエとサントメ・プリンシペ、それに中東のイエメンあたりから始めます。


お勧め「書籍」「映画」「絵画」コーナー

 まだ決めていません。


今週の相場観

 今週の株式、為替、国債、商品市況などについて考えます。


質問コーナー

 できるだけすべてのご質問にお答えするつもりです。本日(1月14日)深夜まで受けています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

どちらからお申し込みいただいても次の月曜日から同じ内容のプレミアムメルマガを配信いたします。
インフォカート版は、お申し込みの月のバックナンバーも配信されます。

それから「闇株新聞」を、定刻の午前零時以前に「できあがり次第」メール配信しております。
今週はダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」をご紹介いたします。

20日間の無料お試し購読期間があります。
(無料お試し購読期間等や詳細につきましては、DAIAMOND PREMIUM MAILMAGAZINEのよくある質問ページをご覧ください。)
ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」はこちらから

※ダイヤモンド版とインフォカート版はどちらをお申し込みいただいても配信する記事の内容は同じです。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
仮想通貨
採掘(マイニング)とは何かが話題ですね
あちらこちらで50万が一億の同じ報道が垂れ流されてます
習近平暗殺未遂事件と尖閣諸島潜水艦侵入事件
と日中平和友好条約締結40周年

今年は習政権および軍部
の対日政策どっちに向かうんでしょうね?
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180117-00000060-jnn-bus_all
ビットコイン 一時約4割下落、投資家からは悲鳴

さすがに一夜で4割落ちるとパニックですな
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-318911/
大急落の真相がわからない
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム