闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

Amazon Goは日本のコンビニにとって大きな脅威となる!

2018年01月24日

Amazon Goは日本のコンビニにとって大きな脅威となる!


 アマゾンは本日(米国時間1月22日)、シアトルにある本社ビルの一階にレジ精算不要の実店舗「Amazon Go」を一般向けに開業しました。

 画像認識など先端技術を駆使し、棚から取られた商品は自動認識され、棚に戻された商品も同じように自動認識され、顧客が店から出た瞬間に精算(クレジットカード決済)が完了します。

 つまりレジの精算作業を効率化するのではなく、レジ業務そのものを無くしてしまうことになります。アマゾンのメリットは省力化によるコスト引き下げ(顧客に対しても価格引き下げ)だけではなく、買い物中の顧客の行動をすべて画像で記録して得る膨大なデータを、その後のマーケティング分析や商品開発に活かすことができます。

 アマゾンはこのAmazon Goをどれほどのスピードで全米展開するのか、日本を含む海外展開はどうするのかをまだ一切公表していませんが、表題にあるように(何年かはかかるはずですが)日本の小売業界とくにコンビニ業界にとって間違いなく大きな脅威となります。

 日本のコンビニとは、日本の小売業界において唯一の成長産業であるだけでなく、数少ない日本発のビジネスモデルとして米国(注)やアジア諸国に「輸出」されています。

(注)セブン・イレブンがお手本とした米国セブン・イレブンは経営破綻し、1991年にセブン・イレブン・ジャパンが子会社化して米国で約8600店舗を運営しています。

 ところが日本フランチャイズチェーン協会が発表したばかりの2017年通年のコンビニ全体の既存店売り上げは、前年比0.3%減の9兆4783億円となり、店舗数が3.2%増えている全店売り上げもわずか1.8%増の10兆6975億円と、成長を止めています。

 本誌の考えすぎかもしれませんが、最大手のセブン・イレブンを育てた鈴木敏文CEO(当時)が追放された2016年4月以降、セブン・イレブン(ジャパン)のサービスの質が大幅に低下したように感じます。

 カリスマ経営者が追放されて、サラリーマン経営者が「可もなし不可もなし」の経営に終始すれば、その結果も凡庸なものでしかなくなります。日本におけるコンプライアンス重視の風潮の大きな弊害です。

 コンビニのサービスが多様化していることもありますが、とりわけレジにおけるサービス低下が目立ちます。夜間などはレジに外国人店員が一人だけということも多く、時間に限らずレジで待たされる羽目になります。ファミリーマ―トやローソンも似たり寄ったりです。

 コンビニとは「近くにあり便利で24時間営業なので、値段が少し高くてもつい何度も行ってしまう」ところなので、そのコンビニでレジなどサービスが低下すれば(最近は欠品も目立ちます)、その存在価値が無くなってしまいます。

 現在の日本のコンビニは、まさに「その状態に陥る」ギリギリのタイミングであるはずで、Amazon Goなどは日本のコンビニが真っ先に取り組まなければならないものだったはずです。レジ対応は、どのコンビニでも「研究」はしているようですが、大胆な発想など出てきそうもありません。

 さらに日本のビジネスモデルが「輸出」されたはずの中国のコンビニでも、最近になって上海などで「無人コンビニ」が急激に増え、それなりに成功しているようです。

 話を戻しますが、Amazon Goがすぐに日本に上陸して既存のコンビニと競合することになるとは思っていません。またAmazon Goの高度な画像解析システムの開発や運営は、かなりコストがかかるはずで、少なくとも当初の何年間はコストアップ要因になるかもしれません。

 しかしアマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、もっと先を見据えているはずで、スタートしたものは徹底的に進めるはずです。途中でいくらコストが嵩んでも(かさんでも)、目指す方向の消費スタイルが定着するまで何年かけても突き進む経営者のはずです。

 それに対して喫緊(きっきん)のテーマであるはずのレジ対応にも、何の改善も加えられないのであれば、数少ない日本発の成長産業だったコンビニも、「店舗がやたら多くて夜中も開いている以外に何の特徴もない小売業」になってしまいます。

 表題の「大きな脅威」とは、単にレジがなくなるかどうかではなく、日本と米国の代表的小売事業会社に今後も大きな差がついてしまいそうであるという意味です。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:10 | TrackBack:0
関連記事
コメント
日本では、少なくともJR東日本が実験していましたよ。

AIでレジ会計、JR東が大宮駅で無人店の実験(日本経済新聞の記事)
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO23684870Q7A121C1X12000

いやほんとカリスマがいなくなって既存コンビニの将来像が見えないね。
いずれ無人VR店ができるだろうし
アマゾンゴージャパンが今のコンビニ駆逐しそう
セブンイレブンの質の低下、全く同感です。レジ対応もそうですが、商品開発力も落ちてきていると思います。
アマゾンゴー
セブンイレブンの質的レベル低下とはまさに先入観で、カリスマ経営者不在のため接客レベルが落ちたとか、商品開発力がなくなったとか結論ありきの見方です。鈴木会長がいてもいなくても接客レベルは変わりません。セブンイレブンも無人レジ化を開発していると聞きます。ただ、日本のコンビニがアマゾンゴー化を進めざるを得ないと思うのは、最低賃金の上昇です。3年後、5年以内には全国コンビニエンスストアの1~2割は潰れます。毎年3%の賃上げで、あと3年で20%の人件費増となります。年収400万程度のコンビニオーナーが30%はいるでしょう。不振店コンビニの人件費は年間1000万円程度でしょう。200万円の人件費増で手取り200万円では生活できないと伝え聞いてます。
なるほど、そうなると
人の手必要なのは商品の補充や
設備の保守メンテナンス時だけに
なるのでしょうか?
かつてレンタルビデオ屋で
そういった店舗ありましたね。
まぁ今より遥かに開業資金は
上がるでしょうが、万引きやら
強盗といった犯罪のリスクも
減りそうだし、いずれシフトして
行きそうな気がします。
一気に導入すればアマゾンにとっては問題ないコストレベルなのではないでしょうか。コンビニもチェーンごと買収してしまえば良いですし。ひとまず治安の良い日本が国単位レベルでの導入事例になるかもしれませんね。
コンビニの店員は業務内容が毎年増える事があっても減ることが無かった業界だから、それだけでも1つの作業の質が下がる要因だし、アルバイト店員も一定以上の年数は定着しないから質自体がある程度で頭打ちになる。
結果的に質は下がる事は合っても上がる要因が無い。
コンビニは人手不足で危機的状況でしょ。
今まで日本は、労働人口の減少を女性と高齢者で補ってきたが、
それができない業界は苦しかろう。
女性はともかく、高齢者にはきついバイトだと思う。
楽天、ウォルマートとの提携を発表。西友とネットスーパー事業を共同運営

さあどーなる
将来は「自販機の凄いタイプ」になっていくのかねぇ~
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム