闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

闇がもっと深そうなコインチェック事件

2018年01月31日

闇がもっと深そうなコインチェック事件


 昨日付けで580億円分の仮想通貨NEMが「流出」したコインチェック事件について書きましたが、実はまだ腑に落ちないところが多く違和感だらけなので本日もこの話題です。

違和感 その1

 最大の違和感は、コインチェックによる事件公表(1月26日深夜)からわずか24時間後の27日深夜、463億円を流出したNEMを所有者に返金すると唐突に発表したところです。事件を公表した26日深夜にはコインチェックの社長も取締役も「とても補てんなどできない」との態度でしたが、たった24時間で急変したことになります。

 これはコインチェックがまだ金融庁に登録されていない状態で起こった事件であるため、騒ぎが大きくなる前に事態を収束させたい金融庁がコインチェックに強く働きかけたはずですが、よく調べてみると463億円を所有者の(コインチェックの)口座に返金するものの、そこからすぐに出金できるとは誰も言っていません。

 返金についてもその時期が全く特定されておらず、また金融庁もその返金の原資となる資産の確認ができていないようです。返金を公表した27日深夜にコインチェックの取締役が「十分な預金残高がある」と話していましたが、どうも違うようです。

違和感 その2

 そもそも580億円の流出は、顧客勘定の仮想通貨NEMを外部から侵入できるシステム状態に放置していたからとされていますが、仮にも仮想通貨取引所の経営者が顧客勘定の仮想通貨を(NEMだけだったようですが)盗まれる(流出する)恐れがあるままに放置しておくものでしょうか?

 絶対に考えられません。

 ということはコインチェックの経営陣は、常識的には考えられませんが顧客勘定の仮想通貨が「盗まれてもよい」あるいは何らかの事情で「盗まれたほうがよい」さらには「盗まれたことにしよう」などと考えていた可能性もあります。

 また一部のブログで、過去に遡ってもコインチェック自体が保有している仮想通貨NEMの残高が非常に少ないため、無いものを売っていたのではないかとの指摘がありますが、取引所は顧客の売りと買いをマッチングするものであるためここは問題がありません。

違和感 その3

 コインチェックは仮想通貨が流出してから半日経過後に気がついたと話しています。この半日も「異常に悠長」であると感じますが、問題はそこからで流出した仮想通貨の追跡に直ちに取り掛かった形跡がありません。

 これこそ仮想通貨の特徴で、流出した仮想通貨がどこ(どの口座)を経由しているかはすぐに特定できるはずで、すぐにその口座を凍結しなければなりません。

 報道では外部の協力者がその口座を特定し、仮想通貨がさらに移動・換金されないように監視し、ネム財団にも協力を要請してくれていたようですが、それではその間に肝心のコインチェックは何をしていたのでしょう?

 悠然と見送っていたとしか考えられません。というより外部の協力者が監視してくれていたので、流出した仮想通貨が世界中に拡散し換金されてしまう事態が回避された(これも実際にどれくらい回避されているのかがわかりませんが)とも考えられます。

 ちなみにこの協力者の正体がいろいろ取り沙汰されていますが、当局の関係者(協力者)のような気がします。

違和感 その4

 金融庁がコインチェックの登録をまだ認めていなかった最大の理由は、システムの問題ではなく「匿名通貨」の取り扱いが多いことで、それを取り引きする口座の情報を求めていたはずです。

 それにコインチェックが全く応じていなかったはずですが、その3の協力者はこちらの方を内偵していたような気がします。コインチェックの取り扱っている匿名通貨のモネロは、北朝鮮の関与が強く疑われています。

 本日はこの辺にしますが、また続きを書くことになりそうです。どの事件でもそうですが、見えていないところ(巧みに隠されているところ)に重大なヒントがあるものです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:34 | TrackBack:0
関連記事
コメント
違和感その2の最後のとこ 「取引所は顧客の売りと買いをマッチングするものであるためここは問題がありません。」って書いてあるけどNEMの売買ページ見たことあるのかな?どうみても売り買いマッチングじゃないんだけど・・・
ライブドア事件みたいに死人がでる予感がする。。
素人です。
コインチェックは販売所と取引所なのでネムをpolonixから販売仲介のような形態で販売していたので、在庫はいらなかったのではないのでしょうか。
その3 の口座凍結は無理ではないでしょうか。CCもすぐに移動先ウォレットは把握したと思います。把握しても、とりもどすことも、凍結もできないのが、非中央集権の仮装通貨の特徴かと。犯人のウォレットからのバラマキがはじまってるようですし。
しかし、CCは未だに円の出金を停止しており、かなりの闇があると感じます。続報を期待しています。
怪しい
自作自演のような気がする。差額を儲けて終わり、それも社長だけが蚊帳のソト。
顧客の預り口座と自社の勘定用口座が一緒
のうえ、6月12日のNEMZEM購入までは、
ノミ行為で、自分の財布(客と自分の金)の
中で、本来無いものを、売り買い相殺をして、
高い手数料を取り、顧客にチャージする。
無い物を売れば、仕入ゼロ。海外取引所に
関わらず、自分だけで行えば、経費ゼロ。
二重帳簿があれば、移し変えも可能。
まさかね・・
頭の悪い私にはイマイチ
この事件の概要が掴めないが
どっかからヤバイ金が流入してきて
CC側が意図的にNEMを流出させて
ロンダリングみたいな事を意図的に
しようとしたって感じなのかな…

全然 的外れでしたら ごめんなさい
SBIの北尾さん大激怒 必見
https://www.youtube.com/watch?v=gTkwHytLKx0
何でもかんでも北朝鮮
北朝鮮の関与云々と言う話が出ましたが、今回の登場人物はゴールドマンサックス絡みだというのをよく聞きます。
結果的に北朝鮮も絡んでいる可能性もありますが、ゴールドマンがらみを専門的に解説して頂けないものでしょうか?
>取引所は顧客の売りと買いをマッチングするものであるためここは問題がありません。

コインチェックは、NEMなどビットコイン以外の通貨では販売所売買のみです。このため売買マッチングはありません。
>コインチェックの社長も取締役も「とても補てんなどできない」との態度でしたが、たった24時間で急変したことになります。

コインチェックは補填など出来ないということは全く発言しておらず、またそのような態度にも見えませんでした。
あの段階で何も決まってないのは仕方ないのではないでしょうか
その時点では状況把握や事件に関しての精査を進めるといった感じだったと思います。
外野から見ているだけなら面白いのですが・・・
 コインチェックは事件前から雑誌まで出してホットウォレットは危険なのでコールドウォレットで管理しようと啓蒙活動を行っています。自社もいつ抜かれてもおかしくないような書き方までしています。

 あんまり、疑惑疑惑と騒がないほうがよろしいかと思いますが・・・。
コインチェック自体が保有している仮想通貨NEMの残高が非常に少ないなら580億円分のNEMはどっから流出したの?
無意味な混乱
>また一部のブログで、過去に遡ってもコインチェック自体が保有している仮想通貨NEMの残高が....

これ以降の文章は余計でしたね。NEMのブロックチェーンに記載されている以上、コインチェックが580億円分のNEMの在庫を持っていて、それが流出してしまった事実は曲げようがありません。

それと、コインチェックが現時点で十分過ぎるキャッシュを持っているのは間違い無いでしょうが、だからといって「明日返金します」とは軽く言えないほどに問題は複雑ですよね。
一番本質的な問題は、NEMと無関係な顧客の日本円を出金停止にしている点でしょう。
これは顧客からの預り資産であり、サイフを分けて管理しているならば出金しても問題ありません。仮想通貨のセキュリティとも直接は関係ありません。
ここから考え付くこととしては、客の金を使い込んだか、持ち逃げしたかです。私は特に後者の可能性が高いと踏んでいます。
そうなれば本件は一転大規模な投資詐欺事件となり、被害者はコインチェックに口座を持つ全員にまで広がります。

もし口座の日本円があるという方が居れば、銀行振り込み等により日本円だけでも出金させろと言ってみたらどうでしょう?対応できないのであれば、既に口座はスッカラカンであることを疑うべきでしょう。
コインチェックか取引所の内部ないしは関係者にハッカー集団がいる可能性も十分にある。普通なら、まずそう考えるのが筋だ。ハッキングするために、こういったビジネスを始めたのかもしれない。こんな怪しい騙し討ちの世界には足を突っ込まないのが得策だ。


> 庭師さん

コインチェックは自社開発の取引システムを使ってるようなので、どこまで深刻なハッキングを受けたのか、システムがどれだけ脆弱だったのか見当がつきません。今回はたまたま残高が一番多かったコインチェック社のホットウォレットが奪われただけで、次は顧客の鍵を奪われるかもしれません。いくらコールドウォレットに入れといたとしても、取引する際にはオンラインになるわけですし、システムが脆弱なままではとても取引再開できないと思います。ゼロから再構築するケースまで含めてかなりの時間を要してもおかしくないのでは。
>コインチェックは自社開発の取引システムを使ってるようなので、どこまで深刻なハッキングを受けたのか、システムがどれだけ脆弱だったのか見当がつきません。

不思議なことを言うね。自社開発だから、内部者がハッキングできるんだよ。
仮想通貨は、新種のオレオレ詐欺だね。
例えばの話である。コインチェックの幹部連中が全員、北朝鮮系の人々だったとしたら。

ああ、あなるほど、そうやって兵器開発の資金を稼いでいるんだねと、誰でも気づくだろう。

こういった業者や取引所の連中が、どこぞの勢力や危険国家の息のかかった連中でないと言い切れるだろうか。むしろ、そうだと疑ってかかるところから始めるのが定石だろうよ。


> 不思議なことを言うね。

すみません、どこが不思議ですか?

> 自社開発だから、内部者がハッキングできるんだよ。

当然可能ですね。技術的には一番簡単です。あと元職員の腹いせなんか、よくあるパターンですよね。しかしながら私は、今まで誰がハッキングを行なったのかという話題については一切発言しておりませんので、私に対して何を仰りたいのか正直よく分かりません。
>当然可能ですね。技術的には一番簡単です。あと元職員の腹いせなんか、よくあるパターンですよね。
=>
よくあるというが、元職員がハッキングしたという事件の事例を証拠として挙げなさい。適当な思い付きで漫画レベルの議論は慎みなさい。

元職員が起こすような事件は、ハッキングではなく、むしろ詐取や横領に近いもので、元職員にハッキングされてしまう程度の脆弱なセキュリティの企業であれば、そのような企業のセキュリティ担当者達は指名解雇すべきでしょう。もちろん経営陣の一部も辞めるべきです。あんたは、そのようないい加減な管理体制の組織にしか勤めているのですか。もっとまじめな組織で社会人経験を積みましょう。

その逆推論で、今回の事件は組織ぐるみの犯行の可能性も十分あると、もっともなことを指摘しているように読める。「私に対して何を仰りたいのか正直よく分かりません。」などと、あんたは自分を中心に宇宙が回っているかのような下書き方をしているが、読者は不特定多数なのだよ。
森長官、危うし。
>自作自演のような気がする。差額を儲けて終わり、それも社長だけが蚊帳のソト。

〇〇総連との関連を疑うべし。
すみませんが、私をあなたの不満や怒りをぶつける対象にしないでください。私は誰が何の目的でハッキングを行ったかを推測する事に全く興味がありません。だからそういう発言も自発的にはしておりません。もし私からそういう意図を感じ取って書かれているとすればそれは間違いですので以降よろしくお願いします。闇株様、コメント欄を汚してすみません。失礼します。
>森長官、危うし。

新しいことならなんでいいぞという長官を使って、新しい仮想通貨のキャンペーンをやればいいじゃないか。
「すみませんが、私をあなたの不満や怒りをぶつける対象にしないでください。私は誰が何の目的でハッキングを行ったかを推測する事に全く興味がありません。」

いつも議題が、「私」と「あなた」。変な自己中心性を帯びた世界観。オマエが誰だろうが、どうでもいいんだ。開かれた社会のことを論じているんだぜ。

考えの浅い、どうでもいいことをぐだぐだ言い続けるな。

誰が何の目的でハッキングしたかこそが重要だ。幾つかの仮想通貨がハッキングをするために設計されている可能性が濃厚だということ自体が重要なのだ。「仮想通貨は被害者、ハッキング犯は加害者」という構図は実は嘘で、「仮想通貨=ハッキングのための落とし穴」という構図こそが、実態なのだ。

コインチェック。まず名前が怪しい。

あたかも何かをチェックしているかのように、セキュリティの堅さを連想させながら、全く逆の状態。

怪しい奴ら。

日本人の無防備さをチェックしているかのような不気味さ。
仮想通貨という表現はもう止めにして、仮装通貨か下層通貨、あるいは火葬通貨という表現にした方が、ええんとちゃうの?ホンマにそう思うで。
ペイパルマフィア
そう、それで儲けたカネで設立された車の会社が危ない。

火星にも行けない。天国に行くのかも知れない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00019725-forbes-bus
仮想通貨長者という錬金術士はすさまじいですね
やはり火葬通貨。
仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)で重大エラー発生 / 10億ビットコインを0円で販売というニュースがありました。

なんですか、これは???
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム