闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

アップルの変調

2018年02月13日

アップルの変調


 株式時価総額が世界最大であるアップルについて、最近になってネガティブなニュースが増えているように感じます。

 アップルの株価は本年1月18日に史上最高値の179.26ドル(終値、以下同じ)となり、その時点の時価総額が9095億ドル(邦貨換算でちょうど100兆円)となっていました。

 先週末(2月9日)の株価は156.41ドルまで下落しており、時価総額も7963億ドル(邦貨換算で86兆5000億円)となっています。この間にアップルの時価総額は1132億ドルも減少しており、比率にすると12.4%の減少となります。

 この間のNYダウも、同じ1月18日の26017ドルから先週末の24190ドルまで7.0%下落していますが、明らかにアップルの下落幅の方が大きいことになります。

 アップルの最初のネガティブなニュースは、昨年(2017年)12月28日に旧機種のiPhoneを意図的に減速させていたことを認め、謝罪したことです。

 アップルは旧機種の製品寿命を長くするためだと弁明しましたが、すぐに保証期間の切れたiPhone6以降の機種についてバッテリーの交換費用を79ドルから29ドルへ引き下げると発表しました。しかし新機種へのアップグレードを促進するために、旧機種の速度を意識的に遅くしたと取られても仕方がない状況でした。

 通常であれば大型集団訴訟となるはずですが (小口の訴訟はあるようですが)、不思議なことにアップルがこの件で批判されたとか、旧機種へのさらなるサービス追加に迫られたことはなく、アップルの株価もその昨年12月28日の171.08ドルから本年1月18日まで上昇していたことになります。

 またアップルのクックCEOは本年1月17日、昨年末に成立した大型減税を受けて海外に貯めている2520億ドルの現金を米国に還流させ、380億ドルを納税し(もちろん大型減税による大幅な優遇税率が適用されるとしています)、今後5年間に300億ドルを米国内で投資して2万人の雇用を新たに創出すると公表しています。

 トランプ政権にとってまさに優等生の公表ですが、皮肉なことにアップルの株価は翌18日に史上最高値の179.26ドルとなったものの、そこから下落に転じています。

 またアップルは2月1日に2017年10~12月期の決算を発表し、売上高が前年同期比13%増の882億9300万ドル(邦貨換算9兆6500億円)と四半期ベースで過去最高となり、純利益も同12%増の200億6500万ドル(2兆1900億円)と同じく過去最高となりました。

 価格が10万円をこえる新製品iPhoneX(テン)の販売が好調だったようで、顧客満足度を常に高めて製品単価を上げるアップルの基本戦略がまだ機能していることになります。

 しかし世界を見渡せば2017年はスマートフォンの世界販売が2007年の発売開始から初めて微減(0.1%減)となったようで、アップルの2018年1~3月期のスマートフォン売上予想も市場予想を下回っています。

 それでも前年同期比では13~17%増加となっていますが、拡大することが常識だったiPhone の販売高も減速に向かっていることになります。

 この決算発表を受けたアップルの株価は、2月1日の時間外取引で170ドルを回復したものの、翌2日からはまた下落に転じています。

 米株式市場全体の下落理由は、トランプ政権の昨年末の大型減税や、先週末の歳出上限の引き上げなど、安直な財政赤字拡大に頼った政策であるため、米国長期金利(10年国債利回り)が「好ましい金利水準」と考えられていた2.75%を大きく上回ってしまったからです。

 アップルに対しては、少なくとも海外に貯め込んだ2520億ドルの現金に、一回限りですが優遇税率が適用されるため、アップルは最も大型減税の恩恵を受ける米国企業となります。また金融資産が巨額であるため、最近の米国金利上昇も追い風となります。

 そのアップルの株価が、ずるずると下落していることになります。

 また2016年11月のトランプ当選直後のNYダウ安値は17888ドルで、そこから先週末まで35.2%上昇していますが、アップルの株価はその時点の108.84ドルから43.7%も上昇しています。しかしこれもびっくりするほどアップルの株価上昇が突出していたわけでもありません。

 アップルに限らず、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックなどの時価総額上位銘柄も、程度の差があるもののやはり株価が下落しています。

 この辺を考え合わせると、米国株式市場はすでに牽引役を失っていることになります。過去の経験で何か理屈をつけて「戦争」が始まりますが、北朝鮮は素通りするような気がしています。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
他社も含めスマホ購入意欲が全くわかないですね
スマホバブル崩壊の始まりでしょう
アップルを永遠に沈まぬ太陽のように思っている人々がいるようだが、馬鹿もいい加減にしろと言いたい。

人工知能や機械学習へのR&D投資比率が極端に低いアップルは、ただ単に大人のオモチャを生産しているだけであり、そのうち、中国製やインド製の廉価でそれなりの品質のガジェットに叩き潰される。スマホの次をなかなか出せないままだと、コダックやポラロイドのようになる。何とか持ちこたえても、ウォルマートやGEのような古ぼけた企業群の一角を占めるようになり、凋落していくだろう。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム