闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

円資金の払い出しが始まっても、ますます闇が広がるコインチェック事件

2018年02月14日

円資金の払い出しが始まっても、ますます闇が広がるコインチェック事件


 1月26日の深夜に(その当時の価値で)580億円分もの仮想通貨・NEMが流出した(要するに盗まれた)と公表した、日本最大級の仮想通貨取引所・交換所のコインチェックは、そこから仮想通貨の取り引き、引き出し、それに預けている現金の引き出しまで一切を停止していました。

 コインチェックは翌1月27日の深夜、流出した仮想通貨・NEMの所有者に対し463億円を「自己資金」で返金すると公表しましたが、当然のように実行されていません。

 金融庁もさすがに素早く動き、1月29日にコインチェックに業務改善命令を出し、2月13日までに業務改善計画書の提出を義務づけていましたが、それとは別に2月2日には立ち入り検査に踏み切っていました。これは異常な事態で刑事事件化する可能性もあります。

 そして本日(2月13日)はその業務改善計画書の提出期限であり、また顧客が預けている現金(円資金だけ)の払い戻しを開始する日でもあり、そして夜8時から記者会見を行う日でもありました。

 その記者会見は夜8時過ぎから行われましたが、場所は何とコインチェックの本社があるビルのエントランス付近で、コインチェックからは大塚COOだけが対応し、記者の質問の大半には「金融庁とのやり取りは話せない」で逃げ、15分ほどで終わってしまいました。

 それでも本日が提出期限だった業務改善計画書は提出し、顧客への円資金の払い戻しも合計401億円の手続きが完了したと発言しています。ただこの401億円は流出した仮想通貨に対する返金でもなく、仮想通貨の売却代金でもなく、レバレッジを掛けた証拠金取引の証拠金でもなく、単純に余っている顧客の円資金であるはずです。

 しかし依然として仮想通貨でも現金でもコインチェックの所有分と顧客分が厳格に分別されているかが確認できず、仮に分別されていないとすれば仮想通貨全般が大きく値下がりしているため、少なくともレバレッジを掛けた証拠金の取り引きを勝手に手仕舞いし、顧客には証拠金が(仮想通貨の値下がりで)すっかり消えてしまったとして召し上げることは可能です。

 つまり顧客に仮想通貨の売買や、引き出しや、(昨日までの)現金引き出しを停止しているうちに、コインチェックには大量の現金を揃える機会も時間もあったことになります。

 それで本日から顧客勘定の現金(円資金)だけ払い戻すことにしたはずです。仮に顧客勘定の仮想通貨を流用していたとしても現行法律では罪に問えない恐れがありますが、顧客勘定の現金を流用していたなら明確な犯罪(たぶん窃盗罪)となるからです。
それで何はさておいても「顧客勘定の仮想通貨を流用してでもできた現金(円資金)で、放置しておけば明確な犯罪となる顧客勘定の現金(円資金)だけは払い戻すことにした」と考えます。

 2014年6月のマウントゴックス事件でも、裁判でビットコインがどうのこうのと議論するので訳がわからなくなったはずで、最初から同じように消えた現金だけを「窃盗罪」で起訴しておけば、今頃はフランス人の元社長を刑務所送りにできていたはずです。

 さらにコインチェックでは流出した顧客の仮想通貨を現金で返金すると約束していますが、仮にそれを反故にしても、あくまでも自発的な申し出が実現できなかっただけで「犯罪」にはなりません。だから後回しとなるのです。

 本日の記者会見(本社のあるビルのエントランスで15分ほど応じただけですが)では、記者の大半の質問に対しては「金融庁のやり取りは話せない」で逃げてしまいました。

 もし本当に金融庁がそう指示しているなら、「それはそれでややこしい」ことになります。

 まずコインチェックが大量に取り扱っていた「匿名通貨」には、北朝鮮の関与がほぼ確定的な(韓国の諜報機関がはっきり指摘しています)仮想通貨・モネロが含まれています。

 これは下手をすれば北朝鮮に対する制裁逃れとして日本の関係各所に(米国から)巨額のペナルティが課される恐れがあります。

 また流出発覚直後にダイヤモンド社がスクープした「当日システムを止める直前に1363億円相当の仮想通貨・LISKがどこかに消えている」ことも追随がないため、かん口令となっている可能性があります。

 要するにコインチェック事件は、円資金の払い出しが始まったことも含めて、ますます闇が大きくなっているような気がします。ただその大半は明らかにされることはなく、コインチェックだけが廃業となり(刑事事件化する可能性もありますが)蓋がされてしまうことになりそうです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:11 | TrackBack:0
関連記事
コメント
タックスヘイブン使ってなければ
国税庁が動くでしょうね
今ホットな佐川長官が笑
コインチェック=北朝鮮の別働隊
すべてをうがった見方するとこうなるね。日本人ポジティブだから、参考になった。
ダイアモンドが報じたlisk流出は関係ないですよ。ハッキングがあったから別の場所へ移動させただけで、lisk意外の通貨も引き出してます。これは誰でも見れますよ。
ダイアモンドはあたかもliskだけ移動したかのように報じて、悪意ある記事ですね。
ダイヤモンドの記事の件も、プレスリリースでしっかり否定した方が良いと思います。
発表されなくてはいけない事も、発表されていないのが現状ですね。
何も話せないぐらい闇が深い。

秩序ある廃業か、金融庁直属の天下り取引所の誕生かどちらかでないでしょうか。

どちらでも蓋は閉まります。
 ダイヤモンドの記事については、コインチェックの口座に移しただけなので問題ないとのコメントをかなり頂いていますが、たしかに緊急避難だったのかもしれませんが、顧客勘定の仮想通貨をコインチェックが自分の口座に入れてしまったわけで、もっと大問題なはずです。

 これも含めてコインチェックは顧客勘定を現金も含めて分別管理していなかったことが確定的で、事件発覚以降も不明朗な資金移動をくりかえしていると考えられます。

 甘い期待は持たないことです。


闇株新聞編集部
今回を機会に、ルールや顧客保護、不良な企業の淘汰も含めてしっかりとした投機できる体制を作って欲しいです。

ちなみに私は、仮想通貨自体を自己責任の投資商品としかみていないです。
私も最初は全額の返還は到底無理との直感を抱きました。ただ対応を順次追っていくと、必ずしもそうではないのかなとも思い始めています。ビジネスモデルの是非はともかく、流出までの活況によって返還余地があっても不思議ではないのかもしれません。むしろ表面化しておらず、マスコミからも出てくる情報が極めて少ない金融庁の指導に対してうがった見方をしてしまいます。前例の確保、権限の誇示等役人根性による介入のほうが気味悪くなっています。
憶測だけでここまで書かれるとは驚きました。ダイヤモンド誌に限らず断片的で不正確な情報が拡散していますが、CC社が仮想通貨を不正流用した事実はでていませんし、仮にそうであったら金融庁は既にもっと厳しい対応とっているはず。金融庁による指導に関しても、前例がないので判断が難しく、時間がかかっているのだと思います。
 疑惑というだけで「コインチェックが廃業する」なんて書いて大丈夫ですか。
 
コインチェックが膨大な収益を上げておりかつ膨大な資金を持っていることは事実でしょう。しかしコインチェックに膨大な資産が有るから顧客の資産も保護されると考えるのは甘いと思います。むしろコインチェックが莫大な収益を上げたからこそ夜逃げを考える可能性が高いと思います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム