闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ベネズエラが発行する仮想通貨「ペトロ」とは?

2018年02月22日

ベネズエラが発行する仮想通貨「ペトロ」とは?


 世界最大の原油埋蔵量(3000億バレル)があるベネズエラは、急進的な反米社会主義国であるため米国陣営から貸し出しが止められるなどの経済制裁を受けています。また相変わらず政権中枢の汚職も多く、国内経済が完全に破綻しています。

 また2017年は2600%以上のインフレとなり(モノの価格が1年で25倍以上になる)、ベネズエラの自国通貨・ボリバルが1年で4%にまで減価したことになります。

 そんなベネズエラのマドゥロ大統領が2月20日、破綻した経済を立て直すため、ベネズエラ独自の仮想通貨「ペトロ」を発行すると発表しました。何でも豊かな埋蔵原油を価値の裏付けとし、「ぺトロ」1単位が埋蔵原油1バレルの価値に相当することを約束しているようです。

 またとりあえず発行上限を1億「ぺトロ」としているため、うまくいけば60億ドルが調達できます。また「ペトロ」はドル、ユーロ、円、人民元などの主要通貨と主要仮想通貨で購入でき、自国通貨・ボリバルでは購入できません。自国通貨・ボリバルがさらに下落することを避けるためです。

 要するにベネズエラ政府は、自国通貨・ボリバルの価値が急落してしまい、対立する米国からドルが調達できず、やむを得ず国際金融市場における資金調達の手段として、あるいは輸入代金の支払い手段として「苦し紛れに考案したもの」となります。

 ただ発行日の2月20日には、相当する原油価格の6割引きでオファーされていたようで、簡単に思惑通りにはいかないようです。さらに「ペトロ」は原油価格の価値に相当するとはいっても、実際に相当する原油と交換できるわけではなさそうです。

 このままだと「ペトロ」は不完全ではありながら埋蔵原油を裏付けとした「通貨の一種」となりますが、そこには最近流行りのブロック・チェーン技術が使われているようで、中央政府主導で発行される「価値の裏付けまで備えた」世界最初の仮想通貨であることになります。

 その基本システムはイーサリアムを使っているとも言われますが、最近日本で大量に流出したNEMのシステムが使われているようです。

 もっと正確に言えば、同じように米国陣営からの経済制裁を受けているロシアが、本年1月に独自の仮想通貨・クリプトルーブルをロシアの法定通貨にするための法案を提出しています。また同じく経済制裁を受けている北朝鮮は、もっぱら他国から仮想通貨を「盗み出す」ことに力を入れているようです。

 もちろん本物の基軸通貨である米ドルと比べれば微々たる動きではありますが、トランプ大統領は必ずしもドルの価値を守ることがそれほど重要とは考えていないことや、その米国陣営から経済制裁を受ける国が増えているため(その主たる制裁とはドルを自由に使い保管することを禁じるものです)、反米陣営から仮想通貨が生まれ、不正利用も含めてそれなりの需要が出てくることになります。

 そこでベネズエラ政府が主導する仮想通貨「ペトロ」に話を戻します。

 ここでベネズエラ政府が表に出ず、埋蔵原油も価値の裏付けとせず、普通の「仮想通貨」を発行したなら、そのICOや売り出しの稚拙さによって多少の差があるはずですが、それでも当初価格の5~10倍(あるいはそれ以上)の価格がついていたような気がします。

 繰り返しですが、不完全ではあるものの埋蔵原油が価値の裏付けとなっている「ペトロ」は、その埋蔵原油の価値の4割(6割引き)の価格となっています。ベネズエラ政府は、一応ホワイトペーパーを作成していますが、無国籍が原則の仮想通貨にベネズエラ政府の名前を出してしまったことと、律儀に(不完全ではありますが)埋蔵原油と価値が連動するようにしたところが「失敗」だったはずです。

 つまり昨年後半ほどの勢いはなくなっているようですが、それでも国籍が不明で何の価値保全も約束されていない「訳の分からない」仮想通貨が、国籍が明らかで何らかの価値保全が取られている仮想通貨より、はるかに高値で取り引きされていることになります。

 2月21日付け「あまりにも未熟でモラルの低い仮想通貨取引所はどうすべきなのか?」と合わせて、そろそろ冷静になって仮想通貨バブルを警戒するべきだと考えてしまいます。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
サブプライムローンや新興国の発展みたいに
盛り上げといて暴落そして資産を安値で買い占めて大儲けって毎度の手口だと思います。
今後は資産を裏付けにした仮想通貨が増えて暴落させその資産を安値で引き換えさせようって悪い手口の始まりだと感じます。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム