闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

中国の今後の経済政策は誰が担う?

2018年03月20日

中国の今後の経済政策は誰が担う?


 中国の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月17日の全体会議で、習近平国家主席を全会一致で再選しました。また同時に国家副主席に習近平の盟友である王岐山を選出しました。極めて異例の復活となります。

 また全人代は3月11日に、2期10年と定められていた国家主席の任期制限を撤廃する憲法改正を採択しており、習近平は今後「好きなだけいつまでも」最高権力者である国家主席、さらに任期が国家主席に準じる中国共産党中央委員会総書記と中央軍事委員会主席にも居座れるようになりました。

 習近平の名前は憲法と党規約に書き込まれることになり、毛沢東と同等の地位を得たことになり、向こう「好きなだけいつまでも」最高権力者でいられることになりました。その効能と弊害については、今後の歴史が評価することになります。

 たまたまですが昨日(3月18日)に投票されたロシア大統領選挙でも、プーチンが圧勝して通算4期目の任期6年の大統領となり、米国、欧州諸国それに日本なども含む自由主義国における政治的混乱など「まるで無関係」となります。

 ところで昨年秋に開催された中国共産党大会で定年(68歳)により政治局常務委員を引退した王岐山は、確かに習近平が最も頼りにしている盟友ではありますが、定年に拘わらず再任が予想されていた昨年秋の共産党大会で引退した最大の理由(病気)は、必ずしも良くなっていないように見えます。比較的短期間で再度の引退となりそうです。

 さて本日(3月19日)の全人代は閣僚級の人事を発表しているので、気がついたところを挙げておきます。日本にとっても決して無関係ではないからです。

 以前から本誌は「習近平は経済オンチ(実はトランプも同じです)でありながら、昨年秋の共産党大会で昇格させた5名の常務委員の中に、経済の専門家がいないことが心配である」と書いてきました。

 経済そのものはNo.2である李克強の管掌ですが、習近平は李克強を全く信用しておらず、中国経済に悪材料となった人民元の引き下げや上海株式の実質取引停止なども、習近平が口を出した「結果」だったような気がします。

 そこで再登場となった王岐山は、直前までの地位は共産党中央規律検査委員会書記(書記というのはトップという意味です)で辣腕を振るっていましたが、本当の専門領域は経済・金融であり、海外からの評価も大変に高い専門家でした。

 そして昨年秋の共産党大会では、定年を無視しても留任させて李克強を祭り上げて経済政策担当(首相級)に据えると考えていましたが、先ほど書いたように健康上の理由からそうとはなりませんでした。

 発表された閣僚級ポストでは、No.7の常務委員である韓正が筆頭副首相となり、一応経済・金融の最高責任者となっています。ところがこの韓正はキャリアのほとんどを上海で過ごしており(それでも江沢民派とはみなされず常務委員に昇格しているため、かなりの策士ではあるはずです)、経済・金融は素人に近いはずです。

 そこでこの韓正の下で、実際に経済政策を担当するのが習近平最側近の劉鶴(副首相)となりました。ハーバード大学に留学経験があり、経済・金融の専門家ではあるようです。昨年秋には中国共産党のトップ200に入る中央政治局委員にも選ばれており、経歴は申し分ありませんがここまで大きくなった中国経済をたった一人で取り仕切ることになります。

 また中央銀行である中国人民銀行総裁を15年も続けた周小川が引退し、後任が副総裁だった易綱となりました。この易綱も米国に留学経験があり、実際にインディアナ大学で教鞭も取っていました。ただ中国では人民銀行総裁は意外に軽視されているポストで、この易網も中央政治局員に選ばれていません。

 それから外交関係では駐日大使も歴任した王毅が外相兼務のまま国務委員に昇格しています。中国では主要ポストの上には必ず中国共産党からの幹部が配属されており、これまでは楊潔チ・国務委員が外交のトップでした。

 今回はその国務委員に王毅が昇格したため、名実ともに外交のトップとなりました。

 閣僚級リストを見て気がついたところだけを書きましたが、重要なところを見落としている可能性もあるため、改めて記事にするかもしれません。



ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:3 | TrackBack:0
関連記事
コメント
留学と云えば聞こえが好いが
日本と当事国の場合
政府間で交換留学制度枠が有って
双方で学生を受け入れてるらしいので
箔を付けて衆愚を騙すのに好都合らしいですよね・・
習きんぺいが
ハ~バ~ド留学とかね笑
・・・なんたらです~って歌ってた豊田真由子さんは違うらしいですが・・
ドイツのメルケルさんも
随分と長期政権ですよね。
同盟国のアメリカがトランプみたいな
何しでかすか予見できない
異質なリーダーである間は
安倍さんみたいな人脈がある人間が
リーダーであるべきなんですが
連日連夜 森友 森友と
引きずり降ろそうとする異常な勢力
ホント、この国は既にあっちの国に
乗っとられてしまったんでしょうか?
安倍総理
安倍総理は長州の名門で、日本国内、海外に多くのつながりがあります。
欧米は外交を各国にいる親戚つながりでやっています。
田舎の秀才は国際舞台で活躍できません。表は分かっても浦が分からないし、教科書には載っていないし、赤の他人には教えないからです。戦前、欧州情勢は複雑怪奇と評した政治家がいましたね。そんなことだから、日本は世界中相手に戦争し、何万人も死んだんです。
世界情勢が大きく動く時、海外人脈の少ない石破ではつとまりません。
どこにあるか分からない非常口の場所を知っているか、知らないか、教えてもらえるか、教えてもらえないか、それだけで生死が別れるからです。頭の良さが、日本の生き残りの鍵では無いのです。
マスゴミに踊らされる日本人は、、、です。
、、、には、皆さんが言われたら激怒する悪口を入れて下さい。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム