闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ついにルノーに丸ごと食われてしまう日産自動車

2018年03月30日

ついにルノーに丸ごと食われてしまう日産自動車


 2日続けてイレギュラーな時間での更新となりますが、日本企業を安直に海外企業に売り渡してしまうと徹底的に食い尽くされると何度も警告している典型例の日産自動車が、いよいよ最悪の事態になりそうなので急遽記事にしました。

 ルノーと日産自動車は合併し、統合後の新会社を上場することを協議していると、本日(3月29日)Bloombergが報じています。

 ルノーは日産自動車の43.6%を保有する親会社であり(そのコストの8000億円は配当などでもうすっかり回収しています)、日産自動車もルノーの15%を保有していますが(議決権なし)、両社は一応組織的・会計的には別会社となっていました。

 それが今度は統一会社となり、日産自動車は(ブランド価値があるため日産自動車の名前は残すかもしれませんが)完全にルノーの一部分となり、統一会社の上場市場はもちろん東証ではなく、パリ証券取引所となるはずです。

 また日産自動車の単独決算も発表されることはなくなり、ルノーのためにせっせと資金や生産設備や技術陣を(タダで)提供していくことになります。今までも同じような状況ではありましたが、日産自動車は一応東証に上場しているため、その株式価値(日産自動車の方がルノーより大きい)が毀損しないように「手心は」加えていました。

 実は2015年にも日産自動車をルノーと統合させる計画がマクロン(現大統領、当時はオランド政権の経済・産業・デジタル大臣)主導で進められ、ルノーの19.74%を保有するフランス政府の議決権を2倍にする法律を、株主総会前に一時的にルノー株を買い増してまで承認させていました。

 ところがこの時点ではゴーン氏がルノーと日産自動車のCEOを兼任していたため、結果的には日産自動車の少数株主に対しても責任のあったゴーンCEOが反対したかたちになり日産自動車が日本の会社ではなくなる事態は回避できました。

 ところが2017年4月にゴーン氏が日産自動車CEOを退任してルノーCEOに専念しており、マクロンも大統領に大出世しているため、もう誰も日産自動車をルノーの一部分にしてますます食い尽くしても反対しません。

 ゴーン氏はブラジル生まれのレバノン人で、あからさまな身分差別のあるフランス社会では決してエリートではなく、「絵にかいたようなエリート」であるマクロン大統領に反対することは決して得策ではありません。

 フランス社会では決してエリートではないゴーン氏はルノーCEOとして「日産自動車を食いつぶしてでも」ルノーの業績を上げなければなりません。先日ゴーン氏のルノーCEO任期が異例の4年延長となりましたが、そこでゴーン氏がマクロン大統領に囁いたルノーの業績拡大策の中に、日産自動車との統合が入っていたような気がします。

 日産自動車は西川(さいかわ)CEO以下、日本人の経営陣はここまでルノーとゴーンCEOへの忠誠心だけで出世してきたため、諸手を挙げて経営統合に賛成するはずです。また日産自動車の日本人の少数株主も、ここまでゴーンCEO(当時)の経営手腕を無条件に支持しているようで、ルノーとの経営統合を承認する株主総会も「すんなり」承認してしまうはずです。

 つまりどう考えても(今年中かどうかはわかりませんが)日産自動車はルノーの一部分となり、その日産自動車の子会社となった三菱自動車とともに、グループで年間生産1000万台クラブに(ルノーの一部分として)入ることになります。

 いくら考えてもそれを排除することはもう不可能で、本誌が数年間にわたって考えて主張してきた「日産自動車をルノーから取りもどそう」も完全に不可能となってしまいました。

 そうはいってもシャープは鴻海グループに入って業績が拡大し、三菱自動車もルノー・グループ入りして(正確には日産自動車の子会社となった)最悪期を脱しており、東芝も(まだ中国当局の独禁法審査が長引いていますが)ベインキャピタルなどにグループ入りすれば「もっとよくなる」と考えられているようですが、どれも海外の親会社から食い尽くされても業績が良くなっているため、最初からもっとまともな日本人経営者が頑張れる体制にしておけば何の問題にもならなかったはずです。

 このニュースはまだBloombergが報じているだけで、不確定なニュースである可能性もありますが、本誌はかなり前からそうなると予想していたため、この段階で記事にしました。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:10 | TrackBack:0
関連記事
コメント
闇株さんの言ってたとおりになりましたね。。
日本にとっては最悪なことですね><
よく、日本人が作って中国人が売るのが最高の組み合わせだと言われるが、結局日本人に世界的な企業の経営は限界があるのだろうかと思う。
社内改革が出来ないから外国人に頼ったけど乗っ取られただけ。
日本人だけで社内改革が出来れば何も問題は無かった。
ここに日本企業の問題点があるのではないでしょうか。
 日産自動車の社員の士気が落ちそうです。EVとか世界をリードしているだけに惜しい。日本企業は外圧がないと再建できないのは何が問題なんでしょう。今にして思えば、興銀出身の社長とか労組の委員長が経営に首を突っ込んだとかが思われる。経営者に人を得られなかったのが日産の不幸でした。ルノー自身も経営不振で国営になった。うまくリードできるんですか。モーターショーでルノーのブースを見ていたら係員は日産が入ってからクルマ作りがうまくなったと説明してくれました。苦笑。
残念だが日産の技術力はもはや日本の損失に値しないと思う。部品毎にトヨタと比べると差は歴然。でかい、重い、性能低い。長年部品メーカーに丸投げしてきたツケが回っている。日産設計には技術がなく単なるレイアウト屋さんになっている。epowerもパラレルハイブリットが造れない苦し紛れ。EVもすぐに逆転されると予測している。日本の自動車会社は多すぎるし、一社減るのも自然の流れか。重ね重ね残念。
大統領のマクロンがルノーの国有化を進め、そして日産を食い物することが確定しているのだから、どうしようもないね。

ルノーは当面は生き残るのだろうが、遠い将来はどうなるかわかりません。

EVの先行者テスラモーターがヤバくなってきていると同じように、現状は相対的にEVに強いルノーもやがてじり貧になる可能性は高い。なぜなら、EVなんてそのうち常識になるから。

EVをやってますというだけでは、将来は競争優位に立てない。やはりその他の技術全体が優れていることが重要になる。そのことを示すのが、F1だったり、耐久レース。ルノーで勝てますか。

政治家が介入するような企業から優れた技術は生まれません。

そうかな
個人的にはルノーによる日産吸収は出来ないし
東芝メモリー売却も実現しないと思います。
仏政府と日産との覚書の件は取り消されたんですか?
そして何より、マクロンは今それどころではないでしょう?
仏政府がいつ市場に注目され売られる時が迫っている
状況じゃないでしょうか?SNCF改革民営化もその一環
じゃないでしょうか?投資銀行出身のマクロンはそのことを
一番わかってると思います。東芝メモリーは増資までの流れを見るとしょうがなく売れなくなるが一番しっくり来ます。
すべて正解
ルノーによる日産の完全吸収は、法律的には可能ですが、既存株主からそれなりの価格で買い取らねばなりません。

つまり、ルノーはそれなりのプレミアムを払って日産を吸収することになります。

要は、ルノーにとって、そうするメリットはあるのかということですが、それはゴーンとマクロンの考え次第。ドイツ自動車業界との競争を念頭に置けば、吸収したいと考えるのではないでしょうか。ドイツですら、ダイムラー、VW、ポルシェ、アウディ、BMW等と自動車メーカーの数が多過ぎます。四半世紀後に、これらすべてのドイツ車が残っているとは思えません。賢いゴーンは、今のうちにもっと規模を大きくしておかないと、将来の業界再編の波に飲み込まれると考えるでしょうし、マクロンも雇用維持のために日産吸収を支持するでしょう。日産の吸収は彼等にとって正解です。

一方、日本の他社は日産が危機を迎えていた時に、買収するほど魅力を感じなかったのでしょう。それはそれで仕方のないことです。トヨタやホンダからすれば、日産に手を出す意味はなかったのです。これも日本の自動車メーカーの立場からすれば正解です。








ルノー本体の業績は良くない 日産頼みのグループになっている
だがその日産もブランド力は弱く台数を稼ぐための奨励金頼みとなっていてなおかつ将来の柱になる技術は乏しく周回遅れ以下の感がある  EVで食っていけないことは今までの実績やあの汎用性の無さからわかるだろう
このグループの将来は明るくないと思う  80年代国営企業ルノーは業績不振に喘いでいてこれからの統合によって国営のエッセンスを注ぎ込まれ日産も斜陽の会社になるのでは
>>残念だが日産の技術力はもはや日本の損失に値しないと思う。部品毎にトヨタと比べると差は歴然。

こんなコメントがあるが、なぜ日本は技術立国であるのに当の日本人がこれほどまでに技術音痴なのか理解できない。

トヨタとの差が歴然と言うが、それは素人からみたうわべであって、開発コストや部品コストを徹底的に絞られながら、取り敢えずライバルと同等もしくはそれ以上の商品を開発しているのが日産の現状。
もし、日産がそれなりの開発コストをかけることが出来れば、人員不足は避けられないかも知れないが、コンパクトカーからベンツSクラス級の高級車までライバルと同等の中身でフルラインナップ出来る技術を持ち合わせていることくらい分かりそうなこと。
むしろ、ヨーロッパ車と渡り合えるそれなりのセダンを本気で開発させたら、デザインのレベルの高さやエンジンの性能も含めトヨタやホンダより日産の方が有利かも知れない。
ルノーの搾取とEVへの投資が足枷となって、トランスミッションや新世代FRシャシーの開発に暗雲が立ち込めているが、コア技術は顕在で有る為、もしルノーと統合された場合、日本にとっては多大な損失となる。
個人的には、日産の完成検査不正スキャンダルがルノーによる日産に対する脅しであって、ルノーとの統合の前兆だと考えていたが、現実になってしまった。
損失に値しないは確かに言いすぎだった。しかし勘違いされているようだが、ここでいう技術力とは高性能な物を低コストで造ること。高いコストでならどこでも造れるが会社は存続できない。その点ではトヨタに遠く及ばない。例えばトランスミッションやパワーウィンドウモーターを並べてみると素人でもすぐ判るほどに差がある。またフルラインナップもそれで収益が確保できるかどうかが技術力である。特に小さい車は難しくマーチがあんな風に失敗してしまった。採算度外視のGTRだけは確かに凄いが、水野氏が去った後また同じものが造れるかどうかは疑問。epowerは企画やマーケティングの勝利であり技術力のそれではない。技術の日産といいながら、そうではない商売の部分で凌いでいる。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム