闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

いったい中国経済の本当の規模と成長率はどれくらいなのか?

2018年04月19日

いったい中国経済の本当の規模と成長率はどれくらいなのか?


 中国国家統計局は4月17日、2018年1~3月期GDPは物価の変動を除いた「実質」で前年同期比6.8%増と発表しました。2017年7~9月期から3期連続で同じ6.8%成長となり、2018年の政府目標である「6.5%前後」を上回っていたことになります。

 いつも書くことですが、あれだけ広大で人口も多く経済活動も複雑な中国で、GDPが「たった半月ほど」で集計できるはずがありません。あらかじめ決められている各地の「目標値」を集計しただけであるはずです。

 ちなみに日本の2018年1~3月期GDPの速報値は5月16日、改正値は6月8日に発表される予定で、確報値に至っては1年以上もたってから「そっと」発表されています。

 つまり中国経済の「本当の規模」あるいは「本当の成長率」は、実は中国共産党にも中国政府にも、もちろん海外にも、全くわからないことになります。最大の恐怖は、その「誰にもわからない中国経済の規模と成長率」を前提に、世界中が設備投資を拡大し、その結果として世界的な過剰生産・過剰設備・過剰資源となってしまっていることです。

 それでも最近は中国もだいぶ「親切」になり、セクター毎の成長率(これも「実質」だけです)の前年との比較が発表されるようになり、個人消費が2017年の5.4%成長から2018年1~3月も同じ5.4%成長、固定資産形成(官民の投資)が同じく7.2%から7.5%、輸出が7.9%から14.1%、工業生産が6.6%から6.8%、不動産販売が7.7%から3.6%と、まちまちの動きとなっています。

 もともと中国経済は、固定資産形成(官民の投資)の占める割合が非常に高く(45%くらい)、常に政府のインフラ投資や民間の不動産投資が中国経済を支えていることになります。しかし今後は主に米国との経済摩擦や貸出金利の上昇による不動産投資の減速で(不動産投資はすでに大きく減速しています)、今後の中国経済の足を引っ張ることになりそうです。

 それでは本論に戻って、中国経済の本当の規模と成長率はどうなっているのかを考えてみましょう。中国GDPは物価変動を除いた「実質」しか発表されていませんが、当然にGDPとは実際の経済活動を実数(名目)でまず集計し、それを物価変動分(正確にはGDPデフレーター)で修正して「実質」を算出しているはずです。

 少なくとも中国に限らず世界の経済規模や需給関係は「名目」で比較する必要がありますが、中国GDPにおいてはこの「名目」が発表されず、したがってどれだけ物価変動で修正されているかもわからず、あらかじめ目標として決められている「実質」だけを見ても中国経済の本当の規模も成長率も問題点も「さっぱり」わからないことになります。

 米国なども「実質」しか発表していませんが、物価統計も充実しているため、米国経済の規模も成長率もわからないということはありません。

 中国経済は長年、中国共産党や中国政府の目標である「経済成長」が達成されていることになっているため、当然に「背伸び」をしているはずです。その辺は物価変動(GDPデフレーター)の方を操作して党や政府の「目標」にあわせているはずで、やはり中国経済の本当の規模も成長率もよくわからないままとなります。

 ところが最近になって、国際機関や研究機関が中国経済の「名目(本当の姿)」を推計するようになり、たまにそんな記事を目にすることがあります。

 例えば中国の2017年通年の実質成長率は6.9%だったはずですが、同年の消費者物価上昇率は前年比1.6%、生産者物価指数が同6.3%増でした。そして2017年通年の名目成長率は年率11.2%増の82兆7122億元となっていたそうで、現在の為替レートの1人民元=17.08円で換算すると1412兆円になります。

 単純計算ですが2017年の実質成長率は6.9%で、名目成長率が11.2%なら、調整に使った物価上昇率は4.3%だったことになり、いったい何の物価上昇率なのかがわかりません。

 また中国には31の省、直轄市、自治区がありますが、2017年10~12月期の名目成長率が、上海市、浙江省、重慶市、内モンゴル自治区など9地区でマイナスとなり、広東省、四川省など10地区では前年から10ポイント以上も下がっていたそうです。

 また中国全体の名目成長率は2017年7~9月期の前年同期比13.8%増から、10~12月期には同4.3%に急落していたようですが、中国全体の実質成長率はほぼ横ばいとなっています。

 つまり中国全体と各地区の成長率も、全く辻褄が合っていないことになります。2018年1~3月期も、そのうち名目成長率がどこからか出てくることを期待していますが、やはりいろいろな辻褄が合わないままのような気がします。

 つまり中国経済とは、かくも不思議で辻褄が合わないものでありながら、世界経済はその中国経済の成長を前提にしていることになります。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
中国共産党幹部も知らない
GDPが増えると輸入額も増える。貿易は相手側があることで中国が誤魔化せない。そこから見える中国のGDPとは....1〜3%、下手したらマイナス

高橋洋一さんの意見はこんな感じだったと思いますが、その具体的数字はyoutubeで探して下さい。
5年くらい前Youtubeに、中国で10日で10階建のビルを建築する動画がありました。それが昨年は3日で30階です。

中国ならGDP統計を二週間で出すくらい朝飯前だと思います、多少誤差があっても。
そもそも、統計も取ってなければ、計算していないのでは・・・
確かに中国の会計上の統計はいい加減な面が多いはずだ。

しかし、確実に彼等の経済規模は大きくなっているし、消費されたセメントやコンクリートの量は、かなり以前の時点で、アメリカ建国以来の消費量を超えていたらしい。これは物理量なので、誤差はあっても、会計上の数字よりはかなり正しい情報のはずだ。

中国は雑ではあっても、大国であることは間違いない。日本の凡庸な層がは中国の凡庸な層を見て、中国は日本よりも遅れている、と慰めのように延々と自分達に言い聞かせている間に、世界のスーパー・コンピューターのコンテストでトップ3がすべて中国製になってしまった。

日本はドスケベなインポ官僚が霞が関で出世できてしまうような国家に堕落してしまったが故に、もはや衰退は免れない。


コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム