闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

そういえば東芝はどうしているのか?

2018年04月24日

そういえば東芝はどうしているのか?


 久々に東芝のニュースが出ていました。

 2018年3月期までに債務超過(2017年3月期では5529億円の債務超過)を解消しなければ上場廃止になる瀬戸際まで追い込まれていた東芝は、虎の子の半導体事業会社をベインキャピタルなど投資家グループに2兆円で売却しようとしていましたが、特に中国の独禁法を巡る審査が長引き、時間切れになる恐れがありました。

 そこで昨年(2017年)11月19日に、ゴールドマン・サックスが総額6000億円の第三者割当増資をまとめ上げ、半導体事業会社が売却できなくても2018年3月期には債務超過が解消される状況となっていたため、一気に世間の関心が薄れてしまっていました。

 ところがこの6000億円もの第三者割当増資は、約60社にも上るオフショアファンドが全額引き受けましたが、その中にはいくつかの著名な「物言う株主」も含まれていました。

 実際に半導体事業会社の売却は、懸念されたとおり中国の独禁法を巡る審査が長引き、現時点でもいつ承認されるのか、あるいはそもそも承認されるのかなどが全くわかりません。つまりこの6000億円もの第三者割当増資がなければ、すでに東芝は上場廃止が決まっていたことになります。

 「東芝応援団」の東証が、5月末までに売却できたら後発事象として債務超過解消を認める「手筈」になっていたかもしれませんが、いくら何でも「やりすぎ」になります。

 その後の東芝は、2月中旬に元三井住友銀行副頭取だった車谷(くるまたに)氏を会長兼CEOとして迎えるとのニュースが出て、「ほう」と思いました。車谷氏は旧三井銀行出身のホープでしたが、さすがに侍ぞろいで数が多い旧住友銀行出身者に弾き飛ばされていました。
 
 車谷氏は東日本大震災後の東京電力への巨額融資をまとめ上げるなど「経産省案件」に強く、そこが同じく「経産省案件」である東芝のトップとして適任であると考えられたのでしょう。

 そして本日(4月23日)になって、複数の報道機関から東芝が半導体事業会社の売却を中止するとのニュースが流れました。一応東芝はお決まりの「当社が決定した事実はない」とのIRを発表していますが、とりあえずのアドバルーン記事で世間の反応を確かめているような気もします。

 本誌はもともと半導体事業会社を海外ファンドなどに安直に売却してしまうことには大反対で、ここは多少無理をしてでも増資で資本増強をして債務超過を解消すべきと主張していたため、「思った通りになってよかったではないか?」となるかもしれません。

 しかしここで問題となるのは、現在の東芝の株主構成です。東芝の現在の発行済み株数は65.2億株で、その中には昨年11月の6000億円の第三者割当増資分(発行価格1株=262.8円)の22.8億株が含まれています。

 この22.8億株はすべてオフショアファンドに割り当てられており、一部は売却されているとしても、その大半が「物言う株主」が保有していることになります。またこの6000億円の第三者割当増資の以前にも、いくつかの「物言う株主」が市場で東芝株を手当てしていたはずで、場合によっては30億株近い東芝株が海外の「物言う株主」に保有されている可能性があります。

 さすがに発行済み株数の半分をこえていることはなさそうですが、株主総会には株主全員が出席(あるいは議決権行使書を送付)するとは限らないため、「物言う株主」がまとまれば会社提案が否決されてしまう可能性もあります。

 また当然のように数多くの「株主提案」が寄せられるはずで、その中でも「物言う株主」がまとまって可決してしまうものもあるかもしれません。株主提案は株主総会開催の8週間前までに会社に届かなくてはならず、時期的にはそろそろ締め切りとなりますが、すでに届いているものもあるかもしれません。

 つまり債務超過が解消されて上場が維持されるようになった東芝は、半導体子会社の売却もやめて利益も上がり、以前のような勝手気ままな経営ができると考えているなら大変な考え違いとなります。

 東芝は多数の「物言う株主」が半分近い株数を保有する、世界でも珍しい「物言う株主」の会社になってしまっています。ここからどういう無謀な要求が飛んでくるかは全く想像できず、その株主総会や経営監視がどのように行われるかも全くわからない「大変に珍しい会社」となってしまっているはずです。

 まず6月下旬の定時株主総会は、大いに注目すべきものとなります。



ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:9 | TrackBack:0
関連記事
コメント
総会マニアにとっては大変面白い総会になるという事ですね。
産経の総会ライブに期待です。
中国がこのタイミングでスコッと承認して大波乱、というのにも期待です
話題が違い恐縮ですが、アメリカ債の利回りが急上昇してますが、ゴールドが堅調ですね。これはドルの紙屑化が始まったんでしょうかね。
よくお休みしてますが何かあったのでしょうか?
物いう株主の問題はありますが、半導体事業会社を売却せずにIPOできれば、東芝にとってはベストな結果ですよね。前々からこうなるようにゴールドマンサックスあたりが、シナリオを書いていたんですかね?
東芝がしぶとく生き残っていることは、悪いことではない。
むしろ、褒めるべきだ。良く頑張ったね。
ああいうのは、しぶとく生き残ってるんじゃなく、単に利用価値があるから色んなところに弄ばれてるだけなんじゃ・・・
>ああいうのは、しぶとく生き残ってるんじゃなく、単に利用価値があるから色んなところに弄ばれてるだけなんじゃ・・・

いかにも日本のサラリーマンの鏡だ。しぶとく頑張ってくれ。
中国が承認しちゃいましたが・・・
あとは順当に行けば、事務的に売却するだけです
甘い汁を吸おうとして泥舟に群がった人たちは、一体どうするんでしょう?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム