闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

板門店宣言における「完全な非核化」は単なるパフォーマンス

2018年05月01日

板門店宣言における「完全な非核化」は単なるパフォーマンス


 本日夕方に配信したメルマガ「闇株新聞 プレミアム」では、南北首脳会談あるいは北朝鮮と韓国の歴史的関係など、あらゆる角度から解説しました。しかし避けて通れない話題でもあるため、板門店宣言に盛り込まれた「完全な非核化」に絞って解説します。

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が4月27日、軍事境界線のある板門店で会談しました。この南北首脳会談は2000年6月(金大中大統領と金正日総書記)と2007年10月(盧武鉉大統領と金正日総書記)に続いて10年半ぶり3回目となります。

 当然のように今回を含む3度の南北首脳会談は、韓国大統領が親北である時に開催されています。今回の文在寅大統領も本誌は以前から「親北というより北朝鮮そのもの」と何度も書いてきました。またこれまで2回の南北首脳会談で決めたことが、何か実現しているのかというと、それもほとんどありません。

 今回も、たまたま親北の韓国大統領であるため、共同で作り上げたパフォーマンスでしかなく、その目的は北朝鮮に対する経済制裁を解除させることでしかありません。

 そこで「板門店宣言」なるものが採択され、そのトップには朝鮮半島の「完全な非核化」を実現すると明記されていますが、そのスケジュールや具体的方法などは全く示されていません。米軍は1991年に韓国内の米軍基地から戦略核を撤去したと公表していますが、北朝鮮は信じておらず核やミサイルの開発に力を入れてきました。

 だいたい北朝鮮の核放棄は「反故の歴史」で、1994年のクリントン政権時には米国が軽水炉を提供する代わりに北朝鮮が核計画を凍結する「米朝枠組み合意」を締結したものの、ブッシュ(息子)政権時の2002年末には一方的に核施設を稼働再開させました。

 2005年の6か国協議でも北朝鮮が核放棄を約束し、見返りにエネルギー支援を受ける共同声明が採択されました。しかしその核放棄プロセスの検証があいまいで、結局のところ北朝鮮はエネルギー支援やテロ支援国家の指定解除などを「ただ取り」しただけでした。

 そこにきて今回は、「もともと親北でいわば身内のような文在寅大統領」とパフォーマンス重視の合意をしただけで、その内容も過去に比べてもっとあいまいで、最初から「全く信用できない」と考えておくべきです。

 ただ今回の「板門店合意」には、1953年に終結している朝鮮戦争において、韓国だけが終結協定に加わらず北朝鮮とは休戦状態となっていますが、それを正式に終結させて米中も加えて(日本は入っていません)平和協定にまで発展させるとの項目があり、これだけは「ある程度」進展するような気がします。北朝鮮はこれから韓国の(その後ろにいる米国も)動向にあまり敏感になる必要がなくなるからです。

 北朝鮮はGDPを正式公表しておらず諸説ありますが、その最大のものでも400億ドルで、日本の0.7%、米国の0.2%しかない経済後進国です。しかしその中で軍事費(核やミサイルの開発費を含む)が60億ドル(GDPの7分の1)とも言われています。実際は北朝鮮のGDPはもっと少なく、軍事費はもっと大きいはずです。

 世界には核保有を公言している国が9か国あり、国連安全保障会議の常任理事国5か国以外では、パキスタン(保有する核弾頭が140発)、インド(130発)、イスラエル(80発)、それに北朝鮮(20発)となります。

 そんな北朝鮮が、韓国(GDPが世界10位の1.6兆ドル)だけでなく、米国、中国、日本といった経済大国を相手にして一歩も引きません。金正恩は先日中国を訪問して大歓迎され、近いうちにトランプ大統領まで(第三国にではありますが)呼び出して米朝首脳会談を開催する予定です。

 まさにGDPが最大でも400億ドルしかない北朝鮮の、34歳の若造(金正恩)が国際政治バランスを読み取って手玉に取っている「通常では理解しがたい状況」がこれからも続くことになります。これが北朝鮮の保有するたった20発の核の恩恵となります。

 繰り返しですが、北朝鮮については日本を含めて利用されるだけであることを「いい加減に」理解しなければなりません。とくに日本は北朝鮮との間で拉致問題を抱えていますが、小泉首相の時代に「たった5名」の拉致被害者を一時帰国(当初の約束は一時帰国でした)させるためだけに、経営破綻していた北朝鮮系金融機関に1兆円もの公的資金を注入して「援助」しています。

 とりあえず南北首脳会談は「平和的に」終了しましたが、どうしても気になることは日本の存在感の薄さです。金正恩から「日本と対話する用意がある」と文在寅経由でメッセージが伝えられたようですが、そんな「ついでの話」では意味がありません。

 今回の南北首脳会談のパフォーマンスと、たぶん実現する米朝首脳会談で、北朝鮮の(金正恩の)イメージだけは改善されるため、日本においては「北朝鮮リスク」がかえって高まったと考えておくべきです。


ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:10 | TrackBack:0
関連記事
コメント
マティスさんは対北朝鮮はかつてなく「楽観的」と言及。
トランプさんに「ノーベル賞」って米国の支持者が
騒いでますがまんまとやれレちゃってますね。
手玉に乗ってしまう愚かな米国人気質。。



>今回も、たまたま親北の韓国大統領であるため、共同で作り上げたパフォーマンスでしかなく、その目的は北朝鮮に対する経済制裁を解除させることでしかありません。

大まかな方向は正しいですが、闇株さんにしては、何とも冴えない凡庸な読みですね。

そもそも経済制裁はどのように強めても、中国やロシアとは裏で繋がっているためさほど効果がないので、経済制裁の解除を北朝鮮が懇願する必要はありません。

北朝鮮の真の狙いは、南北間で終戦協定と平和条約を締結することです。その効果は2つあります。

(1)北朝鮮の独裁体制の永久化。

北朝鮮は北朝鮮のまま、韓国は韓国のまま、ということで、これらの国家を統一する必要がないのですから、北朝鮮の体制はそのままになります。

(2)中国やロシアとともに在韓米軍撤退の必要性を国際社会に訴えはじめる。まずは6か国協議で、その動きを見せるでしょう。

朝鮮戦争が現状のような停戦ではなく、公式に終戦となり、かつ平和条約まで締結されれば、なぜ遠く離れた第三国の軍隊が韓国にいるのかわからない、誰が仮想的なのか、と主張し続けることが可能になります。確かに、この詭弁を反駁することは難しいでしょう。北朝鮮は、この詭弁のうえに、これまで開発した核の維持を正当化するつもりです。

>今回の南北首脳会談のパフォーマンスと、たぶん実現する米朝首脳会談で、北朝鮮の(金正恩の)イメージだけは改善されるため、日本においては「北朝鮮リスク」がかえって高まったと考えておくべきです。

この認識は正しいでしょう。アメリカが日本に法案制定の指示を出して成立した安保法制は、ホルムズ海峡の有事を想定していたのではなく、朝鮮半島有事を想定していたことは明らかです。日本の政治家達がどう思っていたかはともかく、アメリカの上層部からすれば、朝鮮半島有事では日本には一肌脱いでもらいたいと思って、安保法制を制定させたと見なしているはずです。

アメリカにとっては、日本は既に安保法制を可決してくれているので、日本の憲法改正なんてどうでもいいと考えているはずです。むしろ改憲議論は属国日本の独立精神を強める可能性があるため、改憲議論を増長させるような政権は転覆させるつもりとの観測も流れています。気を付けてください。

日本にとっては、巻き添えのリスクが着々と高まりつつあります。



>日本の0.7%、米国の0.2%しかない経済後進国です

後進国は差別用語では?
>日本の0.7%、米国の0.2%しかない経済後進国です

>後進国は差別用語では?

どうでもいい
しかしまぁ金正恩も相当な役者だね
五輪前から入念に誰かが計画練って
何回もシュミレーションしたんだろうな
もしかしたら朴槿恵引きづり降ろす辺りからこの先まですべて絵図描いてたのか?
拉致被害者を取り戻せないのであれば、どうにもならないのであれば、やむを得ない。
朝鮮総連、日本に巣食う北朝鮮人を日本から直ちに追放すべき。
日本は核兵器所持を早急に所持するべき。
これ以上、中国、韓国、北朝鮮、ロシアになめられてはいけない。
韓国の併呑
北朝鮮の国策は金三代先から見て韓国の併呑です。
労働党規約に明示されています。
南北同数の議員が選出され多数決で物事が決まってゆきます。
北選出の議員は全員金一派、南選出のそれは会派別でバラバラ。
多数決の結果はわかりきったことです。

「民族大団結 自主平和統一」などなど綺麗な文字の裏側を
注意してみる必要があると思います。

文大統領の任期4年(再選1回で計8年改憲案あり)目が離せません。
世界卓球で韓国と北朝鮮が南北合同チームを結成

トーナメント中に合同とかふざけた政治力
日本は警戒すべきだ。

米国に迫られたとしても、金正恩が核を放棄するはずがないのはもちろんだし、放棄するようなふりをするために、演技で朝鮮半島の非核化を主張しているわけではない。

韓国は核を保有していない。しかし、在韓米軍は北伐のために数年前から朝鮮半島に核を持ち込んでいるとの観測がある。おそらく在韓米軍が朝鮮半島に核を持ち込んだという証拠をつかんだのだろう。

金正恩の非核化とは、在韓米軍の核持ち込みを指摘し、そのことを交渉の議題にしようとしているのである。全く老獪だ。自分の核開発は棚に上げ、どちらが先に核を朝鮮半島に持ち込んでのかはっきりさせ、そのまま自国の核保有を正当化するためのディベートを始めるつもりなのだ。

日本は、北朝鮮が核を放棄するなどと期待してはならない。最大限の警戒が必要である。
北お得意の駄々こねはじまりましたね
どうなることやら
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム