闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

仮想通貨市場における「テザー疑惑」とは?

2018年06月28日

仮想通貨市場における「テザー疑惑」とは?


 テザー(Tether)とは仮想通貨の1つですが、その最大の特色は発行されるテザーの価値がすべて米ドルに裏付けされているところです。テザーは常に発行額に相当する米ドルが確保されている(いわば担保となっている)ことになっています。

 したがってテザーの価格は常に米ドルとほとんど等価であり、値動きの激しい仮想通貨の中では安定的な価格で取り引きされており、新たに仮想通貨を購入する投資家にとっても入門編でもあり取引量も大きくなっています。

 またテザーが新規に発行されるとそれだけ米ドルが新たに確保されている「はず」となります。テザーそのものは2015年2月に創設されていますが、そもそも「発行額に相当する米ドルが本当に確保されているのか?」という疑念は、かなり前からあったようです。

 テザーはここ3か月ほどの間に3億ドル相当分(3月21日)、2.5億ドル相当分(5月19日)、そして2.5億ドル相当分(つい先日の6月25日)と立て続けに発行されており、現時点における発行残高は30.2億ドル・テザー=30.2億ドル(こちらは本物の米ドルのことです)=3300億円となっています。

 そもそも発行額に相当する米ドルが本当に確保されているなら、わざわざブロックチェーンを使った仮想通貨とする必要もないはずです。仮に発行額に相当する米ドルが確保されていないなら、単なる(巨額の)詐欺事件となりますが、そこは仮想通貨の秘匿性を悪用して発覚を避けていることになります。

 しかし大半の仮想通貨は何の裏付けもなく発行されているため、仮にテザーが発行額に相当する米ドルを確保していなくても「いったいどこが違うのか?」となってしまいます。

 ところがこのテザーを運営しているグループが(いろんな名前が出ていますが、真の責任者ではないようです)、仮想通貨取引所でも大手に属するビットフィネックス(Bitfinex)を支配下に置いていることもわかっています。

 本誌はテザーが発行額に相当する米ドルを確保していない確率は「ほぼ100%」と考えますが、もっと大きな問題は昨年価格が急上昇したビットコインなど仮想通貨全体の価格急上昇も左右していた疑いが出ているところです。

 ビットコイン価格は昨年(2017年)初めの800ドル前後から、12月には20000ドル近くまで急上昇していますが、このビットコイン価格の急上昇を見て仮想通貨全般が同じように(あるいはそれ以上に)急上昇していました。つまりこのビットコインの価格急上昇が、仮想通貨全体の時価総額を大きく増大させていたことも事実です。

 そしてこのビットコイン価格の急上昇にテザーが大きく関わっていたとの疑念が急激に大きくなっています。

 そのからくりはテザーが米ドルを確保せず(つまりタダで)発行され、そのテザーが仮想通貨取引所であるビットフィネックスに持ち込まれ(繰り返しですがビットフィネックスはテザーの管理者と同じグループが所有・運営しています)、ビットコインなど実通貨と交換ができる仮想通貨に交換され、最終的には米ドルなど実通貨に交換されていたことになります。

 しかもビットフィネックスはテザーの売却代金で、さらにビットコインを猛烈に買い上げて価格を急上昇させていた疑念が出ています。つまりもともと何の価値もない(本誌はそう断定しています)テザーの売却代金で見事に仮想通貨バブルを引き起こしていたことになります。

 テザーの発行直後にビットコイン価格がさらに急上昇していた事実があるからです。

 日本では本年1月に発覚したコインチェックの仮想通貨NEMが580億円相当流出していた事件が連日大きく報道されていたため、テザー疑惑についてはほとんど報道されていません。

 またこのコインチェックも、本当に自社で手当てした仮想通貨だけを販売していたわけではなく、同じようなスキームで荒稼ぎしていた疑念があります。しかしこの巨額流出事件も、「不自然なほど」手早く終結し、マネックスグループに売却され完全に蓋がされてしまいました。

 いずれにしても「テザー疑惑」は、仮想通貨そのものの存在感を大きく毀損させる恐れがあるため、続編を書くことになりそうです。



ダイヤモンド版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから
インフォカート版「闇株新聞プレミアム」のお申し込みはこちらから

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
>そもそも発行額に相当する米ドルが本当に確保されているなら、わざわざブロックチェーンを使った仮想通貨とする必要もないはず

うーん、これは違うのではないですか?
利便性や法律との兼ね合いの問題だと思いますよ
テザーがあやしいのはまあみんな知ってたことですが、テザーが仮想通貨である必要はあります
仮想通貨の取引所の多くは法定通貨で取引できません
日本の取引所は全て法定通貨(日本円)との取引が可能ですが、世界最大手のBinanceや第二位のOKExなども法定通貨とのペアはありません
中堅や弱小もそういうところが多いです
あるのは仮想通貨同士のペア、BTCを筆頭にETHやLTC、DOGE、そしてUSDT(テザー)です
残念です
闇新聞のファンでずっと以前からこのブログを愛読しています。
大変残念に思いますが本文の中に
「そもそも発行額に相当する米ドルが本当に確保されているなら、わざわざブロックチェーンを使った仮想通貨とする必要もないはずです。」
との記載からブログ著者さんは仮想通貨をほとんど触ったこともなくUSDTの批判されているんだろうと予想します。
海外の取引所をちょっとでも利用していればドルにペッグした仮想通貨の必要性、重要性はいやでも分かるはずです。

話しはとびますが仮想通貨取引量世界一のバイナンス社のCEOが以前に
「今後、仮想通貨を触ったことない記者のインタビューには答えない。
車に乗ったこと、運転した事ない人が書いた車雑誌の記事をあなたは読みたいか?」
と的を射たコメントをされていました。
本ブログほどの影響力を持つ著者でしたら仮想通貨について書かれるなら試しに国内取引所でビットコインを購入し海外の取引所でトレードしてみて問題点を体感してから批判されるべきだと思います。

話しは戻しますがテザー社のこの疑惑は以前からささやかれておりました。
テザー社が信頼置ける監査をうければ済む話なのですがどうもそれができない所をみると100%の確保はできてないのはほぼ確実のような気がします。

ただ今盛んにテザー社の疑惑を一生懸命報道しているのは明らかに(ビットコインの価格を下げたい勢力の)FUD目的の報道なのをほとんどのトレーダーは分かっているので比較的冷静に受け止めている状態です。

そのような事情から世界の主要取引所もドルとペッグした他の仮想通貨も取り扱うようになったり、FIAT取引を始める準備をしていたりと少しづつUSDTの影響力を低下させようとしている最中ですのでそれほど心配はいらないと思っています。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム