闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

株式市場の「中国問題」  その2

2011年08月24日

株式市場の「中国問題」  その2


 前回の続きで、中国系企業の東証上場に係る大がかりな不正と、呆れるばかりの東証の「中国寄り」姿勢についてです。

 中国系企業の東証上場は、前回ご紹介したアジア・メディア(上場廃止)のほかに、新華ファイナンス(マザース上場・コード9399・現社名新華ホールディングス)とチャイナ・ボーチー(何と東証1部上場・コード1412)の計3社なのですが、3社とも見事に問題だらけなのです。

 前回のアジア・メディアについて書き忘れたのですが、この3社とも、何と東証単独上場なのです。世界中どこにも上場していない中国企業が、東証にだけ上場しているのです。

 つまり、中国自体も含めて、どこの取引所も見向きもしない企業の株式を、東証だけが上場させ、日本の投資家に大量に買わせていたのです。東証の責任はとてつもなく重大なのです。

 新華ファイナンスについていえば、2004年10月に東証マザースに上場しました。
初値が163,000円で、2005年3月には439,000円まで上昇しました。現在は、途中3分割をしているとはいえ1000円前後で、実に高値から150分の1になっているわけです。

 もともと中国国営の新華社通信の関連会社と適当な提携をして「新華」の名前を付けているだけで、新華社通信とは何の関係もなく、これひとつ取ってみても「胡散臭い」会社であることが分かります。

 当然、業績は大赤字で現在は売り上げもほとんどなく、債務超過による上場廃止も時間の問題のようです。

 それより本年5月、新華ファイナンスの元CEOを含む元幹部3名(中国人ではありません)が在任中のインサイダー取引などの疑いで米国の大陪審に起訴されました。米国司法省によりますと、3名はこれらの取引で5000万ドル(40億円)以上の不正利益を上げていたようです。

 東証上場後の2005年7月に、米国ナスダックにADRを上場させ、その際、米国証券取引委員会に提出した有価証券報告書に虚偽があったからなのですが、そもそも真っ先にこのインチキ会社を上場させ、3名の不正利益を日本の投資家に提供させた東証は、何のアクションを現在も起こさず、新華ファイナンスは現在も東証で取引されているのです。

 そればかりか、東証は「(元幹部の)起訴をだけをもってただちに上場廃止や管理ポスト割り当ての理由にならない」とあくまでも「中国寄り」の発言を続けているのです。

 繰り返しますが、これは本年5月の話なのです。東証は現在も、日本の上場企業や投資家や監査法人に対してまで、圧倒的な高圧な態度で「指導」を繰り返しているのと比べても、非常に奇異な感じがします。

 今回は、たまたま米国当局がこの「典型的な上場詐欺」を暴いてくれるはずなのですが、その時、東証はどんな言い訳をするのでしょうか? 繰り返しですが、その不正な利益の原資は、すべて新華ファイナンスの株を高値で買わされた日本の投資家なのです。

 もう1社は、2007年8月に東証1部に上場したチャイナ・ボーチーです。これもケイマン籍の会社で、傘下に火力発電所の排煙脱硫などの環境保護システムの設置・管理を行う北京博奇があるようですが、例によってその資本関係が全く明確ではありません。
 また、日本の投資家が株主代委訴訟や損害賠償請求が不可能なことも、アジア・メディアのケースと同じです。

 今のところ、それほど大赤字でもなく、株価も高値から30分の1程度に踏みとどまって(?)いるのですが、大がかりな不正経理がありそうなことが、一部の経済雑誌に掲載されています。多分、その通りなのでしょう。

 以上が、中国系企業の上場に関する問題です。最大の問題は、東証の驚くべき無責任で、反省が全く見られていません。日本の上場企業や投資家に対する対応と明らかに違った「中国寄り」の態度です。

 上場に係る以外に、セラーテムテクノロジー(ジャスダック上場・コード4330)やパシフィックホールディングス(倒産・上場廃止)などの中国がらみの不明朗な取引も数多くありますがここでは省略します。これらも多額の不正利益が中国で発生しているはずです。

 それ以外にも、明らかに中国を隠れ蓑に使った日本人と思われる不正取引も数多くあるのですが、これらも含めて日本の当局は全く問題視していません。

 これも、中国に対しての「反省」と「お詫び」のつもりなのでしょうか?

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム