闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ちょっと気になる銀行の話

2011年08月31日

ちょっと気になる銀行の話

 野田総理大臣が誕生しましたが、その経済政策を含む日本の政治については、別の機会に書こうと思います。

 さて本日は、2~3日前の日経新聞に出ていた「ちょっと気になる」記事についてです。

 2006年ころに、銀行が取引先に大量に販売した為替デリバティブが巨額の損失を生んでいるのですが、それに対し全国銀行協会が運営する紛争解決機関へ、あっせんを求める企業が増えており、銀行が解約清算金や損失の一部を負担する和解が増えている、という記事でした。

 1月27日付け「ここにもあった銀行のあこぎな話」に詳しく書いてあるのですが、まず、この為替デリバティブとは、たとえば為替水準が120円程度のとき、向こう10年間にわたって毎年ドルを1ドル=100円で1000万ドル買う権利を買うのですが、同時に毎年ドルを1ドル=100円で3000万ドル買う権利を売って、契約全体のコストをゼロとしたものです。

 つまり、ドルが120円である限り、毎年差額の20円(1000万ドルで2億円)を受け取れるのですが、現在のように76円になりますと、毎年差額の24円(3000万ドルで7億2000万円!)を支払わなければならないという恐ろしいもので、まさにその恐ろしいことになっているのです。

 まあ、これは為替デリバティブなどという専門的なものではなく、単に1ドル=100円・期間10年のドルコールを買い、同時に1ドル=100円・期間10年のドルプットを売って、そのプレミアムの差額を銀行が儲けているだけの単純なスキームです。

 まあ、リスク・リターンの関係からプロは絶対手を出さない取引です。銀行もいくら儲けるためとはいえ、為替のプロではない顧客に絶対に進めてはならない取引です。
 
 ここで、何が表題の「ちょっと気になる銀行の話」なのかといいますと、銀行は今まで、どんな理不尽な取引で取引先に損失が出ても、一切責任を取らず自分の保全を最優先に考えるところで、監督官庁の金融庁(旧大蔵省)が問題にすることも殆どありませんでした。

 歴史的に見ても、バブルの最中に土地だけ保有しているお年寄りに、相続税対策と称して巨額の貸し付けをして立派なビルを建てさせ、バブルが弾けるとさっさと回収して土地もビルも取り上げてしまうなど、いくつも事例があります。

 その銀行が、たとえ一部といえども損失の負担を始めているらしいのです。

 これは、金融庁主導で昨年10月からスタートした金融部門における裁判外紛争解決制度(金融ADR・Alternative Dispute Resolution)によるもので、金融機関は指定紛争解決機関(銀行の場合は、社団法人全国銀行協会)との間で、紛争解決手続きの応諾・資料提出・解決案の尊重などを行わなければならないものとされています。

 銀行の取引先としては、契約時の説明が不十分であったとか、銀行としての立場を利用して強引に勧誘された、などの不満があれば裁判を起こさなくても解決案をあっせんしてくれるという制度です。

 一見ありがたい制度なのですが、銀行の監督機関である金融庁が主導し、指定されている紛争解決機関が全国銀行協会と、すべて銀行の「身内」であるため、面倒な顧客との交渉をすべて銀行から切り離して、単なる「ガス抜き」だけで結局は「うやむや」にしてしまうものだと思っていました。

 それが、どういう風の吹き回しか、顧客寄りの解決案が提示されているケースが出てきているのです。これは、銀行や銀行行政の長い歴史から考えて、驚くべきことなのです。

 本誌で何回も書いてきましたが、歴史的にみて、同じ金融庁(旧大蔵省)の監督下にあっても、つねに銀行のやることは「正しく」、常に証券会社や証券市場は「怪しくて、常に摘発していなければならないもの」とされているのです。

 しかし、解決案を見ても別に銀行に法的な責任が認められたわけではなく、単に損金の一部を負担させるだけなのですが、それでも歴史的に見ても大きな変化です。

 まあ、これは相手が証券界であったら、有無を言わさず摘発して法的責任を追及するはずなのです。
 1990年代の「損失補填」は、証券界は「身銭」を切って補填して摘発され、銀行(おもに信託銀行のファンドトラスト)は勝手に別の顧客の利益を使って「補填」して全く「おとがめ」がなかったのです。

 まあ、いずれにしてもこの為替デリバティブなる契約は1万9000社に対して4万件あり、全体の含み損も計算できないくらい巨額のはずでが、銀行が法的責任を追及されることは絶対なさそうです。

 せめて、金融ADR制度を積極的に利用しましょう。

平成23年8月31日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム