闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ご挨拶  お陰様で1年たちました

2011年10月29日

ご挨拶  お陰様で1年たちました

 いつも「闇株新聞」を読んで頂き、本当にありがとうございます。

 昨年10月ころから時々書いていたのですが、昨年11月1日から毎日(休日を除く)書くようになりました。そこからちょうど1年たちました。

 テーマとしては、日本の株式市場を取り巻く諸問題、特に正確に報道されていないものや、もう風化してしまった過去の事件などから、ぜひ知っておいてもらいたいものを書くつもりでした。

 ところが書いているうちに、日本の政治、官僚(特に財務省と検察庁)、銀行と証券の違い、海外の投資事情(特にヘッジファンドについて)、歴史や宗教、さらには映画や野球のことなど書きたいことがどんどん増えてきてしまいました。

 ただ、終始一貫して心掛けていることは、「これはとんでもない」「これは明らかに不公平だ」「これは真実が報道されていない」「これは世間から間違って理解されていると」などを出来るだけ分かりやすくお知らせすることです。

 何かと暗い話題の多い日本が、少しでも良くなってほしいのです。

 決して無責任な記事は書いていないつもりです。

 さて、最近から読み始められた読者の方も多いと思いますが、この1年間で書いたすべての記事がお読み頂けます。
画面左上の「最新記事」として10日分出ていますが、その下にある「すべての記事を表示する」をクリックしてください。

 テーマをご覧になって、ご興味のありそうな記事だけでも読み返してみてください。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

平成23年10月29日
 
 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:12 | TrackBack:0
関連記事
コメント
闇株様
FACTAの編集長ブログからこちらを知りました。
株はやらない者ですが、オリンパスやライブドアに関する過去記事など非常にわかりやすく勉強になりました。政治・経済から司法の問題まで、密接に絡まった時事問題を多角的に読み解くことのできる当サイトを知ることができてとても良かったです。今後も愛読させていただきます!
おめでとうございます
毎日楽しみに読んでいます。
まだまだ私には難しいのですが、毎日読んでいるうちに、だんだん分かるようになってきました。
日本のことを真剣に考えるようになりましたし、テレビのニュースやコメンテーターの表面的な話を鵜呑みにしないようになりました。
今後もよろしくお願い致します。
有価証券の空売りに関する内閣府令にある空売り
>これは世間から間違って理解されていると」などを出来るだけ分かりやすくお知らせすることです。<

の件ですが、2011.01.25日 りそなの公募価格決定を受けてで、

> そもそも、公募増資に関する最大の問題点は、海外の投資家(おもにヘッジファンド)は、海外で貸株を調達して売却し(これは日本で言う空売りには当たりません)、下がったところで値決めされた新株を引き受けて、貸株を返済して儲けて終わり、という取引が横行していることで、ヘッジファンドはそれ以前も、その後も、その会社の株主でも何でもなく、単に瞬間的に儲けただけ、ということなのです。<

この空売りですけど、有価証券の空売りに関する内閣府令規定があり、第1条12号に有価証券募集又は売り出しに応じてに該当する空売りは、空売りを行う場合の明示義務及び確認義務の適用除外ですから、「空売り」との注文を取引所へしなくていいだけであり、応募して取得した株券で現渡し決済し株券を返却しますから、空売りです。規定で空売りだけど取引所へ空売りとの明示不要な空売りです。

問題は、公募増資前に信用取引での証金会社の貸し株が急増することかと思います。ただ、巨額の増資資金を調達するのに引き受け証券会社は、大口引き受け証券会社に対して空売り価格ー発行価格の差額を利益とする株価操作をしなきゃ、引き受け会社としてのメンツがありませんから。

要するに、引受証券会社と応募証券会社との談合の類の慣行<暗黙の了解事項>かと思いますけど。応募は証券会社はOKでも、損失は出したくないでしょうから、応募に協力はするけど、少しは色をつけさせてねでしょうから!

ただ、金融庁が口出しすることじゃなしかと!

<有価証券の空売りに関する内閣府令>

http://law.e-gov.go.jp/haishi/H04F03401000050.html
いつも勉強になります。
興味を持って読まさせていただいております。

娘はいつも大きな目を見て怖がっております。
どうにかならないでしょうかね。(笑)

これからも頑張ってください。

あなたなら理解して頂けると思いますので
このブログを読んでください。
どうかよろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/jiyubosi/
おめでとございます
 半年程前から拝読さて手いただいています。
 毎回興味深く、楽しみにしております。

 末永くよろしくお願いします。

 コメントできるの今知りました!
いつも愛読させていただいております。

他のブログではなかなかお目にかかれない、政治・経済、時事問題についての氏の深い見識に脱帽しております。

これからも楽しみにしておりますので、
末永く続けてくださいますよう宜しくお願い致します。
いつも仕事まえに、読ませていただいてます。
私が知らなかった世の中のことを、この新聞により勉強させていただいてます。
これからも頑張ってください。
こちらでしか得られない貴重な情報があると感じながら、毎日必ずチェックしております。
今まで知らなかった世界が広がっていき、当ブログを知ることができて本当に良かったです。

過去の記事で指摘されている問題に対して自分にも何かできないかと考えてしまい、今は全く違う業種ですが、仕事として金融に興味を持ち始めております。
以前はトレーダーをされていたということで、実務ならではのお話も聞いてみたいです。

今後も引き続き、拝読させて頂きます。
無料奉仕ありがとうございます。
新聞やテレビだけ見ても真実はつかめません。無料奉仕でしょうが、ありがとうございます。
いつも勉強になります。
陰ながら応援しています。
いつも読んで勉強させていただいています。
今後はリアルルタイム情報などをのせていただけるとありがたいです。
いつも興味深く拝読させていただいています。

できれば、ネットを見れない人の目にも触れるように、出版物として残して欲しいと願います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム