闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本のプロ野球とMLB(Major League Baseball)  その2

2011年11月29日

日本のプロ野球とMLB(Major League Baseball)  その2

 日米とも野球シーズンが終わったのですが、日本と米国の野球界では関心事が全く違うようです。

米国MLBでは12月初旬のFA(フリーエージェント)選手との交渉解禁に向けて水面下で駆け引きが始まっています。

 MLBでは、契約期間が終わった選手はFAとして、ワールドシリーズ終了の翌日から一定期間は旧所属球団が独占交渉権を持つのですが、それ以降(今年は12月2日以降)は全球団との交渉が解禁されます。

一定以上の評価とされるFA選手を失った球団は、移籍先からドラフト1巡目の指名権を譲渡されるなど、非常にガラス張りの公平なルールの下で「自由競争」が行われるのです。

 また、同じく12月上旬に全球団のGM会議があり、すでに来シーズンに向けての戦力構築が始まっているのです。

 しかしどの球団もやみくもにFA選手を獲得するのではなく、各球団とも補強するポイントを絞って有力FA選手から順々に交渉していくので、「その他大勢」のFA選手との交渉はずっと後回しとなります。

 先回も書いたのですが、今年の全FA選手のランキングというのがあります。分かり易く言えば獲得に必要とされる資金総額の予想ランキングなのですが、予想の最高額はワールドシリーズを制したカージナルスのアルバート・プーホルズ一塁手の2億2000万ドル(9年契約で172億円。この選手は入団した時はドラフト27巡目だったと思います)で、2位がブリュワーズのプリンス・フィルダー一塁手の1億9000万ドル(8年契約で148億円。かつて阪神に在籍したセシル・フィルダーの息子です)となっています。

 5番目に1億ドルで日本のダルビッシュ投手がいます。もちろんポスティング移籍金を含んだ金額なのですが、これだけ高順位ということは各球団の交渉優先順位も高いため、早くMLB入りの意思表示をすることが「礼儀」となります。他のFA投手との交渉を待たせてしまうことになるからです。

 残念ながらアスレティックスの松井選手の順位は70位くらいで、DHという選手が余っているポジションなので、来シーズンのキャンプ開始直前まで所属先が決まらないと思います。いずれにしても買い叩かれると思います。

 一方、日本のプロ野球の最大関心事が、解雇された巨人軍の某球団代表と一応社会的影響力の大きい読売新聞との「子供の喧嘩」のようでは、今後も日本のプロ野球が面白くなる気配は全くありません。

 MLBの現在の活動に比べて悲しくなるほどの「程度の低さ」です。

 さらにDeNAの横浜球団買収まで雲行きが怪しくなっています。楽天だけでなく(楽天が泣きついた)巨人も反対に回り、株式のインサイダー取引の噂を立ててまで阻止しようとしています。

 DeNAは断固として撤退すべきです。ドブに金を捨てることはやめるべきです。株価も上昇しますよ。

 もう一つ日本のプロ野球で不思議に思うのは、その横浜球団の監督候補として新聞辞令が出ているK投手とか(もう一人元巨人軍のK投手もいたのですが)、そもそも今回の巨人軍騒動のきっかけとなったE投手など、コーチ経験もなく、ましては監督としての能力など全く未知数な人物の名前が出てくることです。

 監督の能力というのは、選手との能力とは基本的に別のものなのです。

MLBでは、ワールドシリーズを制したカージナルスのラルーサ監督(シリーズ後に勇退を発表しました)のように、選手としての能力に早々と見切りをつけて監督としての修業を積んできた監督が多数います。

 最後に、近年のMLBではセイバーメトリクス(選手のデータを統計学的に分析し、客観的評価に生かす手法)が急速に取り入れられてきています。

 紙面がなくなってきたので詳しい説明は省きますが、2001年にMLB入りしたイチロー選手がその年に首位打者をとってMVPに選ばれたのに、2004年にシーズン安打記録を更新した時は意外に評価されなかったのも、その間にセイバーメトリクスの考えが浸透したからです。

 サイバーメトリクスが最も重視するのがOPS(On-Base plus Slugging 出塁率プラス長打率のこと)で、イチロー選手は意外に低いのです。

 同様にイチロー選手が本年、MLB入りして初めて守備のゴールドグラブ賞を逃したのも、セイバーメトリクスで守備での貢献度を数字で表すようになったことと無関係ではありません。

 そういえば、「マネーボール」という映画が来ていますが、モデルのアスレティックスのビリー・ビーンGMは、セイバーメトリクスを考案したわけでもなく、最初に実践したわけでもなく、あくまでも「フィクション」として見ることをお勧めしします。

 原作者のマイケル・ルイスは元ソロモン・ブラザースの債券セールスマンで「ライアーズ・ポーカー」という本を書いていますが、あることないこと自分の自慢話ばかりで、非常に「後味の悪い」本です。

 私は「マネーボール」は見ません。

ご協力お願いします→


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
無料メルマガ配信(不定期)
↓↓↓
メルマガ購読・解除
 
関連記事
コメント
はじめまして。いつも極めて客観的と思われるご高説からの文章を楽しみに拝読しております。本日は野球ファン、というよりレッドソックス・ファンの一人(松坂など日本人選手か活躍するかしないかはどうでもよい)としてMLBに関心をもつ者としてお邪魔いたします。イチローの見方や、日米の野球の違い、そして巨人の騒動の低レベルさなど、今回お書きになったことにほぼ全面的に同意いたします。ただ一点異なるのは、私が「マネーボール」を非常に楽しめたことです。もっとも、尊大な印象をもたれる懸念を承知の上ですが、国内でこの映画をPRする際には「マネーボール理論」などと一時的なはやらせ言葉の造語を使っていることには薄っぺらい印象をもちますし、大リーグの理屈を野球を見る上で常識としていない多くの日本の人たちが、この映画をみて真に理解したかどうかについて私は懐疑的です。ビリー・ビーンも、アスレティックスのようなGM就任当時はややマージナルな球団にて、限られたバジェットをもとにチーム編成を行う上では、あのような突拍子もないと思われたやり方をとらざるを得ないと考えたのでしょうし、それが結果的に2002年のシーズン102勝などというとてつもない成果をもたらしたのは、20連勝も含めて偶然性が非常に高いものと私は考えています。野球はデータを重視するスポーツであるにも関わらず、一方でデータでは決して説明のつかない奇跡的なことがたびたび起こるからこそ魅力的なスポーツのひとつなのかも知れませんが、それは結局人間の営む活動において本質的なものなのかも知れませんね。長々と失礼いたしました。今後も拝読を楽しみにしております。
失礼しました、2001年:102勝、2002年:103勝でした
日本のプロ野球の人気低下を野球組織側に原因を求めがちですが、私たち日本人にもなんかの変化がその間あったような気がします。それはあたかも日本人の素朴な気持ちを歌い人々の心根をゆさぶったかっての流行歌の人気がおとろえたように、私たちのセンチメントもどこか変化したような気がいたします。
宣伝目的の書き込みが多いのでコメントは承認制に戻させて頂きます。
 いつも楽しく読ませてもらっています。さて、心ある日本のプロ野球ファンにとって、巨人の内紛は「最大の関心事」などではありません。オヤジ週刊誌やネタに困ったスポーツ新聞が騒いでいるだけだと思いますが。

 選手の移籍に伴う一般的なストーブリーグの話題と、例の騒動(単なる芸能ネタです)を並列に並べて「アメリカに比べて日本は…」と論じる展開には違和感があります。私はアンチ巨人ですが、そういえばFAやドラフトで「自由競争」を推進する立場を明確にしていたのは巨人ですよね。

 ドジャース売却に至るゴタゴタやらアストロズのリーグ移籍に伴うドタバタ、かつてはスタインブレナーの横暴三昧やらステロイド狂想曲と、MLBの球団経営も決して「レベルの高い」お話ばかりではないと思います。

日本のプロ野球選手で億を越える年俸の選手が、80人以上もいることが不思議でしょうがありません。Jリーグは最も高額年俸の闘莉王でさえ、1.5億です。
3日間連荘で試合が出来るくらい「楽」なスポーツでしかも、球団経営自体は赤字が殆どなのに、なぜ自ら人件費を肥大化させるんですかね?最近はメジャーに移籍しても、ほとんど役に立たない事は証明されてるんだから、年俸なんて下げても、行く先なんて無い選手が殆どだろうから、もっとハングリーにすればいいのに。特に日本シリーズの中日の貧打は「これでプロなのかね」と思いましたね。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム