闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

2012年に起こりそうなこと  その2  「米国大統領選はオバマ再選」

2011年12月22日

2012年に起こりそうなこと  その2  「米国大統領選はオバマ再選」

 本誌では、大統領選の候補者選びが始まってすぐ「オバマ再選はない」と書きました。しかし来年早々から始まる予備選を前にしても共和党の有力候補者が絞り切れていません。

 こうなると単純に「現職の強み」で「オバマ再選」となりそうです。

 共和党としては、経済の低迷を現職のオバマの責任にしてホワイトハウスを取り返す絶好のチャンスなのですが、肝心の「勝てる候補者」を用意できていません。

 一応、現時点での共和党の「有力」候補者は、前マサチューセッツ州知事のミット・ロムニー氏(64才で穏健派。ベインキャピタルの創業者の1人)と、ニュート・ギングリッジ氏(68才で保守派。クリントン政権時の下院議長)ですが、「これだけしかいないのかなあ」といったところです。

 それに日本ではあまり話題にならないのですが、米国大統領選では「どの宗教を信じているか?」が結構重要なのです。これは単純に「票の数」の問題だけでなく、政策論争に大きく影響するからです(例えば人口中絶や同性婚など、必ず自分が信ずる宗教の倫理観に基づいた意見でないと信用を失います)。

 ロムニー氏は信者数が人口の1%以下のモルモン教徒で、ギングリッジ氏も比較的少数派
のカトリック教徒です。歴史的にカトリックの大統領はジョン・F・ケネディしかいません。従ってロムニー氏もギングリッジ氏も、少なくとも「票の数」でプロテスタントである現職のオバマ氏に対して「有利」ということは絶対にありません。

 米国では圧倒的にプロテスタントが多いのですが、その中でも最大宗派が「バブテスト」で4000万人の信者がいるとされています。ジョージ・ブッシュ前大統領など歴史的に数多くの大統領を輩出しています。

 余談ですが、現在の米国で最も注目されている米国人は、フットボールのデンバー・ブロンコスのティム・ティーボウ(Tim Tebow)選手で、フットボールの実績というよりも「バブテスト」としての敬虔さが人気を集めています。得点した時などに片膝をついて祈るポーズ(Tebowing)は社会現象にまでなっています。

 これも米国に「宗教」が純粋に根付いていることの表れなのです。

 話を戻しますと、ここまでは単なる選挙予想なのですが、ここからが重要なのです。

 つまり、オバマが再選しようとも、突然共和党に「有力」候補者が現れて逆転しようとも、同時に行われる上下院選挙で民主党が多数を占めても、逆に共和党が多数を占めても、結局は米国の現在の行政能力の低下に歯止めがかからず、危機対応能力が低下したままで、米国経済の瞬発力が失われたままになるのではという危機感が拭えないのです。

 やや分かりにくい表現なので、順を追って説明します。

 米国では大統領が行政の最高責任者で、各省庁や政府機関のトップを含むすべての任命権(罷免権も)を持ちます。その一方ですべての立法権は議会に属し、大統領には議案提出権もありません。

 この枠組みはずっと同じなのですが、2008年の金融危機時にジョージ・ブッシュ大統領やヘンリー・ポールソン財務長官(元・Goldman Sachs会長)が、当時は上下院とも過半数を野党・民主党に握られていたにもかかわらずAIG、ファニーメイ、フレディマックなどを実質国有化し、中央銀行(FRB)に多額の資産を購入させ、総額7000億ドルの不良資産救済プログラム(TARP)を成立させ、結果的に米国経済だけでなく世界経済を沈没から救ったことは事実なのです。

 それでは、いま同じ危機が襲ってきた場合(ユーロの財政危機も十分に危機なのですが)、現在の米国の行政に同じ危機対応能力があるのか?ですが、残念ながら「十分ではない」と言わざるを得ません。

 これは単純にオバマの能力がジョージ・ブッシュに劣っているということではなく、ガイトナー財務長官の調整能力がヘンリー・ポールソンに劣っているということでもなく、客観的に見て僅か3年ほどの間に米国の行政能力が大きく低下したのです。

 本来なら、ここで「非常に強い」大統領候補者が出てこなければならないのですが、そもそも誰も出てこないところに「本当の行政能力の低下」があるのです。

 行政能力が低下しているから米国の金融機関の地盤低下にも歯止めがかかりません。本年を通じて著名ヘッジファンドの運用成績は惨憺たるもののようですが、その理由の大半は米国の金融株の値下がりによるものです。

 従来であれば米国の行政能力をもってすれば、金融機関の地盤沈下などすぐに解決できるはずで、値下がりしている金融株は大きな収益チャンスであると運用者は本能的に考えて行動したのですが、全くの期待外れだったのです。これもこじつけではなく「米国の行政能力の低下」の産物なのです。

 2012年も「米国の行政能力の低下」が続き、米国だけでなく世界経済の成長を阻害し続けるかもしれないのです。

闇株新聞を応援してくださる方はクリックを!


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
最近の米国大統領の宗教ですが、ブッシュ家はもともとアングリカン(日本でいう聖公会)です。息子のブッシュのほうはメソジスト教会に転籍しました。バプテストだったのはクリントン(夫)です。彼が生まれたアーカンソー州はバプテストの牙城として著名です(南部バプテストは概ね保守的ですが、アーカンソーのバプテストは比較的穏健なグループで、ネオコンの支持基盤であるファンダメンタルとはやや毛色が違います)
米国では、プロテスタント内のどの宗派に帰属するかは社会階層上の所属と大まかに対応しており、アングリカンがもっともハイソで、メソジストは中間層から上です。ただし英国でのメソジストは庶民中心の新興宗教みたいなところがあり、サッチャーがそうでした。バプテストは中間層より下の庶民が多い。カトリックはそもそもマイノリティですが、アングロサクソンのカトリックは比較的上流です。ただアメリカのカトリックは全体としてはラテン諸国からの移民とその子孫が中心でしょう。
いずれも例外的な個人がいないという意味ではありませんし、素姓のあきらかなデータがあるわけではありませんが、傾向としてはだいたいあてはまるとのではないかと思います。ご参考まで。
アメリカ合衆国は、プロテスタントの国というイメージですが実は最大教派は、ローマ・カトリックです。
カトリックは、実に人口の25%を占めています。

大統領選に於いて、(カトリック、プロテスタント関係なく)保守層を取り込みたければ離婚、中絶反対、同性愛反対の態度を強く表明すれば取り込めます。
リベラルな層を取り込めたければ、その逆ということになります。

まぁ、もちろんそれだけでは決まりませんが、道徳や宗教的価値観が大統領選を左右することは事実です。
ただ金持ち優遇、そして正義の名のもとに戦争への道を歩みたがるのは前者でしょうかね?
チェンジはdo you have a changeの方向の大統領でしたね。裏で誰かが仕切っているような。貧乏神の大統領ならアメリカは終わりでしょうか?
今のア大メリカでカトリックであることは、たいした政治的ハンデにはなりません。政治保守派の証明は中絶反対かどうかといったことが踏み絵になり、旧教か新教かはあまり大切ではないのです。

ギングリッジが大統領になれないのは、彼のプライベートライフがかなり乱れてるのが一番の要因でしょう離婚2回、今は3番目の妻。一番の妻が癌治療中に無理やり離婚したり、不倫を重ねたり。選挙資金があまり無いのもハンデ。

G氏は超アイデアマンではあるものの、ころころ意見が変わり、一貫性が無いのも問題。

モルモン教徒であることはハンデになるかもしれません。もしR氏が共和党候補になると、それが一番の未確実要素でしょう。
中東とイランが心配です。アメリカはイスラエルのためにイラク、アフガンで戦い、次の標的はイランと定めたようです。アメリカと決別したパキスタンがイランに協力するかも知れません。もしシリアの政権が倒れれば、エジプト、トルコ、シリアと反イスラエルの包囲網ができてしまいます。残るのはサウジだけとなって中東全体が不安定になりそうです。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム