闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本の財政について考える  その2

2012年01月16日

日本の財政について考える  その2

 前回から少し間が空いてしまったのですが、前回は平成24年度当初予算では実質的に50兆円以上の歳入不足があり、既に消費税などの増税を「あてこんだ」予算が組まれているところまで書きました。

 これに対して、「目先の増税より、経済活動の拡大による将来の税収増を目指したインセンティブのある税制」「円安・株高による資産効果拡大のための政策」「国内外に国債購入を推進」「資産の海外逃避の防止」などが必要であると書きました。

 ただ税制に関しては、いくら主張しても聞き入れられることはありませんので、ここでは「国内外に国債購入を推進」にポイントを絞って書くことにします。官僚が問題にしているのは財政赤字額そのもので国債購入額の拡大とはこれまた違うようなのですが、まあ少し考えてみましょう。

 まず国内の国債保有の構造は、平成23年9月末現在の資金循環統計によれば、家計が直接保有する国債残高はたった29兆円で、金融仲介機関(銀行・保険・投信など)が593兆円保有しています。要するに家計の金融資産(1471兆円)のかなりの部分が預金・保険などを通じて金融仲介機関に集まり、そこで巨額の国債が保有されているのです。

 まあそれはそれでいいのかもしれませんが、銀行の預金金利との関係でみてみますと、全国銀行の保有する国内の平均残存は3年半くらいだと思われるため、その辺の残存の国債の利回りは0.25~0.3%です(もちろん銀行などの簿価は非常に低いため、銀行全体の保有する国債の簿価利回りはもっと高いはずです)。

 それに対して銀行の3年程度の預金利回りは、メガバンクで0.03~0.05%です。預金保険料が0.084%かかるのですが、それでも家計が直接国債を保有した方がはるかに「高利回り」が得られるのです。逆に言えば銀行などは家計の預金でリスクも手間もかからない(はずの)国債を買って巨額の「利益」を上げているのですが、これも今回は取り上げません。

 それより問題は、家計の金融資産の大半を保有していると思われる「富裕高齢者」が、海外に資産を逃避させて相続税を回避する動きが活発化していることです。
昨年10月7日付け「司法の危機」で書いたのですが、武富士の創業一族の明らかな相続税回避を最高裁で「合法」として巨額の「金利」を付けて返却した例もあり、まずます加速化しているようです。

また逆にあまりにも預金金利が低いため「怪しげな輩から特別に有利な案件」を勧められてすっかり騙しとられるなどの例も多数あるようです。

 旧大蔵官僚の中には、家計の金融資産のかなりの部分は「高齢者」が保有しているため、そう遠くないうちにかなり「相続税」で回収できると考えている「不届き者」が絶対いるはずです。ところがこのままではすっかり海外に逃避してしまうか、「特別に有利な投資」に消えてしまうかなどで、思うように相続税で回収できないはずです。

 それではもっと大胆に考えてみましょう。

 巨額の金融資産を保有している「富裕高齢者」が対象になるのですが、生前に国債を購入して(例えば)その額面の20%を「相続税の前払い」として「物納」し、残りを相続税発生時点まで所有していれば、その国債額面は相続税の対象から控除される「相続税減免国債」を創設します。
 1億円以上の相続税額は40%なので「減免(前払い)税率」の20%は、微妙ですが魅力あるはずなのです。仮に向こう数年の対象金額が200兆円あるとすれば40兆円の「税収」となり、海外に資産が逃避しないうちに「捕捉」しておくべきなのです。

ついでに表に出せない資産を保有している場合には、その隠している現金(は少ないと思いますが)や資産を売却して国債を購入して(例えば)その額面の50%を「物納」すれば、脱税として摘発せず刑事責任も追及しない「免罪国債」も創設します。
日本の場合は表に出ていない経済規模がGDPの5%程度(ギリシャやイタリアでは30%)と言われており、これだけで24兆円に対して12兆円の「税収」となるのです。脱税の場合は摘発されればほぼ全額が没収となり刑事責任も追及されるため、「免罪税率」の50%は、これまた微妙ですが魅力あるはずです。

 両方とも、「物納」された国債は償却して「国庫」に入れればよいのです。ついでにその「臨時税収」の50%を減税(とくに法人税の減税)に充てれば強力な景気対策になります。

 官僚さん、一度検討してみてください。皆さんが「国民のために考案した」ことにしていいですよ。

 一方、同じく平成23年9月末の資金循環表によれば、海外投資家は76兆円の日本国債を保有しています。現時点ではもう少し増えていると思われますが、同時期に日本全体で582兆円の海外金融資産を保有している(外為会計だけで時価換算で100兆円)ことから考えると非常に少ないと言えます。

 これは前回の「日本の財政を考える  その1」にも書いたように、政府関係者が旧大蔵官僚の「日本は早く財政問題を解決しなければギリシャのようになり、国債が暴落する」という「増税のための恐るべき」理論を信じ込んでいるからなのですが、週末のユーロ諸国の格下げに対しても、財務大臣が「日本も早急に安定財源を確保(つまり増税)し、財政再建に取り組む姿勢を見せなければ、明日が我が身だ」と早速言って(言わされて)います。

こういった発言が、国内の「なんとも言えない閉塞感」を増長させていることが分からないのでしょうね。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:8 | TrackBack:0
関連記事
コメント
以前にコメントしましたが、もう一度コメントさせて頂きます。増税も、国債発行も、どちらも意味合いとしては同じ「増税」です。ただ、現役世代が払うのか、将来世代が払うのかが違うだけです。仮に、国債発行分とイコールの資産で将来も担保できるにしても、「本来、そのお金は別のところに使えたはず」という機会費用のコストを考える必要があります。(それこそ、公共政府以外の部分に回るはずだった金のはずです)つまり、増税が閉塞感を加速させるなら、それは内外国債発行も同じく閉塞感を加速させます。従って、現在の一般会計の支出分を、増税も、国債発行も、行わずに担保するしか、増税を批判する論点はありえません。そして、仮にそれを実行するならば、現状で最も問題なのは、社会保障負担でその責任論はほぼすべて年金と健康保険に帰します。(本来、保険料で賄えているはずで一般会計に支出がある事自体がおかしい)なお、国債発行を辞めるためにも増税するなら、おっしゃるように、金融機関は国債でラクな商売をすることができなくなり、民間に資金が流れるでしょう。繰り返しますが、増税を批判するなら、国債発行も同様に批判しなくてはいけません。
私は消費税増税に賛成である。その前にやることがあるからなどと言ってる余裕はない。そもそも今まで国が国民を甘やかしすぎたつけがきてるわけで、戦後、惰弱になった国民はよこせよこせ、だすのは舌もいやといった気風になったことを嘆きます。国の財政は自分のふところと同じであることを考えません。

アメリカの会社で働いてた経験を述べますと、予算カット、人員削減について会社側の言うことは簡単です。「会社に金がない!」むこうの労働者はそれで納得するのですね。きびしいですよ。われわれは国に金がなくなったことをもっと真剣に受け止めなければいけません。
増税無理
誰が税を払うのか。
今、金を持っているのは一部の老人だ。持っている一部の老人から確実に取る税制を考えるべきだろう。税は嫌々払うものと思っていたが、税を払いたくなる制度を作るのは、すばらしい発想だ。(闇株氏の相続税免税国債!免罪国債!)
年金・老人医療等の社会保障費の縮減せずとも、富裕老人への課税は同じような効果がある。
経済はゲームなのさ

麻雀と同じ
日銀が点棒を作り全体の掛け金を決める

それを政府、国民、企業で分ける

誰かが勝てば誰かが負ける

今は政府が負け続けているだけ

国民、企業は一杯点棒を持っている。

だから日銀が総量を減らさない限り

借金は減らないし、減らすことはできない

今のままが最高の幸せなのさ

地下経済で蓄積された資産に対する税の補足手段として「免罪国債」を提唱されておられますが、それなら現在も活動している地下経済に対して最も課税面で優れている消費税を増税という話にならないでしょうか?

増税とはいかないまでも、少なくとも現在の直接税中心の税制より、より間接税に比重を移した税制への改正という事になると思います。直接税は地下経済の所得に対してほぼ捕捉不可能ですが、まだ消費税なら可能なんで。

あと、生活者の立場として思うんですが、消費税増税で景気悪くなるんですかね?うちの家計を振り返ってみても、消費税が増えたからと言って減らす支出は無いです。もうそんな無駄は削ってます。「景気良くなったら税収増えて、今の税制のままでもなんとかなる。国家財政も改善される」という議論をもうずっと聞かされて一向にこれが実現する気配が無いんで、きっと蜃気楼みたいなもんなんでしょうなあ。今更右肩上がりの高度経済成長が実現するなんて全く思えないんですが。
消費税を上げても財政再建はできないよ

だって膨大な借入金は、国民の貸付金

借入金と貸付金を相殺しなければできない

今5%で10兆円の税収、そして10%で10兆増えても焼け石に水、どっかに消える

日銀のマネタリーベースを少なくすることだね。

そんなに国の借金がいやなら、国民の預金を
減らすことだよ。国民が貸さなければ借りられない。

これから高齢化が進んで、みんなボケて預金いくら積んだか忘れるから、それが国債の償還になるんだよ。みんな気にするな。

私も1億ぐらいの預金あるけど通帳に1億と書いてあるだけだよ。いずれ忘れるよ。

国の借入金もそうだよ。いずれ何かでなくなるよ。
金を持つているのは老人だ
それもごく一部の

そこから、金をまず市場に回さなくてはいけない
が、権力者はその手先でありまた、自分も将来うまい汁を吸いたいので絶対にそんなことはしないが
富の偏在

資本主義の最高問題は富の偏在にあるんだよ。偏在するから一般の人が消費できなくなるんだよ。そして、経済が縮小してしまうのさ。

マージャンと一緒なのさ。勝つ者が勝ち負けるものはとことん負けるんだよ。

そうするとどうなる、ゲームが成り立たなくなっていくんだよ。ゲームが続かないんだよ。

昔はよかったよ。よーいどんで誰も何もない状態からゲームを始めたんだから。

老人は強欲だよ。握った金は離したくないんだよ。自分のかわいい子供、孫に相続させたくて、そしてジーちゃんはすごいねと言われたいんだよ。

量的緩和なんてやったって、ますますジーちゃんの預金が増えるだけだよ。だって消費なんて一切しないで、寝てて金がはいるんだから。

富の偏在を解消する方法を考えないと、つまり消費する人にお金が回るシステムに変えないと、富を国が使って、みんな(金持ちも貧乏人も)で消費税で払うことになるのさ。そしてますます富が偏在化していくんだよ。



コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム