闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

ドル・円・ユーロインデックスのチャート比較  その2

2012年02月02日

ドル・円・ユーロインデックスのチャート比較  その2

 昨日の続きです。

 まず円インデックスからですが、昨日の週足チャートに今週分を2月1日朝(現地時間)まで入れてあります。



 結論から言いますと円インデックスは「まだ上昇中」です。確かに昨年10月末の最高値(132.18)がピークのように見えるのですが、まだ26週移動平均も52週移動平均も上昇中のため、まず26週移動平均が横這うためにはこの辺の水準に「しばらく」いる必要があり、さらに52週移動平均が横這うためには「かなり長期間」いる必要があります。

 それでは何らかの理由で急に円インデックスが下落した場合は、上昇中の移動平均に当たってしまうため必ず跳ね返されます。昨年3月の協調介入や10月末からの単独介入は明らかに「流れに」逆らっていたことが分かります。

 それでは仮に26週移動平均が横這いになり、さらに26週移動平均が少し下落に転じて52週移動平均が横這いになったとしても、その後もかなりの確率で「もう一度上昇」を始めます。2010年4~6月頃がこれに当たります(この時は26週移動平均だけ見ていると「騙され」ています。だから52週移動平均の方向が最も重要なのです)。

 これは何もチャート見て「後講釈」をしているのではなく、特に「円」について最も当てはまる「習性」なのです。「ドル」と「ユーロ」はやや「習性」が違うので、それぞれドルインデックスとユーロインデックスのところで説明します。

 つまり「円」については「上昇相場の後にすぐに下落相場は来ない。必ず横ばい相場があり、横ばい相場の後は上昇相場に戻る確率が高い。逆も真」なのです。つまり最低限いえることは「円安が来るまでには相当時間がかかる」ということです。

 これはスパンを短くしてみれば「目先」の分析にも使えます。

この「横ばいになっても上昇相場に戻る確率」は1回目なら9割を超えます。ただ、もし今回「横ばい相場」に入ると、2007年後半に円高に転じてから3回目(不十分なものを入れると4回目)となるため、今度は正直に言って「上層相場に戻る」エネルギーはかなり減っていると思います。しかし仮に「下落相場に入る」としても「緩やかな下落」がかなり長期間続くはずで、その間に「急速な下落」あったら目先は反発します。

 Goldman Sacks Asset Managementのジム・オニールが「円は25%過大評価」と言っているようですが、25%下落することは「かなり長期にわたって絶対に」ありません。

リーマンショック直後の3か月で、ユーロや豪ドルが対ドルでそれぞれ25%と40%近く急落したことがあるのですが、円についてはその前に急騰していたり、世界的に仮需が積みあがっているわけではないため(円が十分に国際化していないおかげともいえますが)短期間に急落することは「絶対に」ありません。

オニールは、2年以上前から「円」と「日本国債」の暴落を言っています。そろそろ当たらないとクビなのですが、最近「2~3年以内に、日本国債とイタリア国債の利回りが並ぶ」という「新説を発見」したようです。まああと2~3年はクビになりたくないので時間稼ぎをしているんでしょうね。

さて、だいぶ長くなりましたのでドルインデックストとユーロインデックスについては次回にしますが、残った紙面で1月31日付け「ヘッジファンドが蠢く  その2」に頂いていた「銀行の長期オプション売りは、At the Moneyであれば仮にImplied Volatilityが低くても理にかなうのでは?」とのコメントに対してお答えしておきます。

少々説明不足だったのですが、ヘッジファンドが銀行から買うのはFar out of the Money(つまり時価よりかなり低い)の長期のプットオプションです。そもそもヘッジファンドは「儲かる確率」に賭けるのではなく「儲かった時の収益のレバレッジ」に賭けるため、プレミアムの非常に低いオプションしか買いません。

確かにAt the Money だったらご指摘のように、受け取るプレミアムが厚いのである程度のダウンサイドプロテクションにはなります。

しかし、長期のFar out of the Moneyのプットオプションを、多分Implied Volatilityを2%以下で売っているので、デルタもシータも極小のためいつまでたってもオプション価値が(少ないとはいえ)消滅せず、いつの日にか万一国債価格が急速に大幅に下落すればVolatilityも急上昇して損失が加速度的に膨らみます。

ヘッジファンドからすれば、仮に5回に1回しか勝たなくても、勝った時に支払ったプレミアムが20倍にでもなれば大勝利なのです。

 少しのプレミアムにつられてこういうオプションをヘッジファンドに大量に売却してしまい、冷や汗をかいている銀行員が結構いるはずです。

闇株にご賛同頂けれる方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:0
関連記事
コメント
2日後場からナイトセッション~あす3日へ


J-GATE
売りへ(再変化)
レベル2 ★★

スウィング
売り
レベル3 ★★★

オプション
CALLモノ(買い)意識
レベル 4 ☆☆☆☆ With赤信号

バトルポイント
@9000
@8910
@8820
@8780
@8710
@8630


陰謀史観論者にはたまらない事件が起きています。システム障害。なんと東証の300銘柄ちかく、それもSONYや第一生命など、突飛企業の銘柄が売買停止になるなど、目を疑う事件が「また!」発生しています。私的にはこれは「起きた」のではなく、「起こした」と見ますので、これではもう話にならない、となります。指数算出などどのようにしているのでしょうか?225構成銘柄の売買が出来ないのであれば、日経平均すら計算できないだろうに、と思うものです。
邪推の流れから行けば昨日「たかが10円されど10円」で一度はギブアップ仕掛けた買い方の@8790示現でしたが、夜に米欧市場の後押し、ナイトセッションではそのギブアップをすかさず打ち消す@8800台を大きく回復することとなっています。窮鼠猫を噛む、ならぬ、窮鼠システム障害を噛む、的にギブアップしかけた買い方のなんでもアリ的システム障害(仕掛け)に見えるわけです。

さてしかし、シグナル(超短期用 JーGATE)的にはこれにも整合性があり、昨晩いったん「買いシグナル」が点灯し これが回転できるか心配でしたが上値おいとなり首尾よく利益確定、売りシグナルに合わせて後場からはこの上値おいは「鳥栖」と考えてスパイク、バックアタックを決めていくこととなります。

いずれにしてもこのシステム障害が全てで、まさに我がマーケット、極まれり、といった風情です。過去にも何度かこうしたシステム障害がありその度に節目をつくってきました。手元に過去データを検索する資料がないのでこれ以上は書けませんが そういう環境にある人は是非、このシステム障害とその後の株価推移というテーマで追求していただきたいものです。

何かが起こる(起こされる)前兆としてはまさに象徴的な事件、システム障害「再び!!!こうして」おきました(仕掛けられました)。
米国市場 今晩2日のすとらてじ~、考え方

ダウ
買い
レベル2 ☆☆With黄信号(ウリシグナルない方、買いは「抜け殻」扱いか?!)

バトルポイント
@13030
@12880
@12730
@12690
@12530
@12380


ナスダック
買い → 売りへの過渡期
☆ → ★★★

バトルポイント
@2910
@2880
@2840
@2830
@2810
@2770


昨晩もひょっとしたら「彼ら」が頑張った結果であろう、と想像しています。ロケットスタートからのLiftingは 腕力そのものを思わせます。指数解析場では妙味あふれる展開でした。こまかくなりますが 現状ここまでは「買いシグナル」ですから「あげてよし!」です。つまり上げ賛成ですが、解析上は昨晩のかたち、ダウなら@12751以上なら「売りに変化」を迎える、12750以下なら買い継続というザラ場であった、となります。大引けはこれを下回ったものになっていますからシグナルとしては買い継続ですが、ポジション管理上はロングポジションの利益確定を済ませたい、となります。ミッションロング、買い戦略は今回の波動、これにて一件落着、利益確定として次の波動を待ちます。


米ドル/円


ドル円  USDJPY
買い
レベル50 ☆☆☆・・☆☆
MAX

@76.88
@76.55
@76.22
@76.15
@75.82
@75.49

引き続き「とても強い買いシグナル」です。昨日などはてっきり大台を割ってくれるかと思いましたが、@76.02ですか、ギリギリで止まってしまいました。基本スタンスは買いですから押し目買い+噴き値売りで対応するところです。仮にこの大台死守が「断固たる措置」の一環であるならこれはもう言語道断、またまた市場を歪めることにはなっても改善にはならないだけに当局にはご一考願いたいところです。
>>だから52週移動平均の方向が最も重要なのです)。<<

阪中さんが、重要とされている52週線であり、為替ディーラーのトレーダーが、日計り商いには、分足利用かと!

長いスパンでユーロ・円を見られなら分かりますけど、投資家によりテクニカル線の利用は、様々かと!

私は、株式の個別銘柄はテクニカルによる売買ですから、トレンド重視ですけど、他に自分で利用する「オシ・レーター」のヒストグラムと、その指標がゼロ以上で推移なのか、ゼロ以下で推移なのかを見ますけど!<日足罫線>

ユーロ・円の週足からなら、私は、13週線・26週線の乖離、ユーロ・円と26週線との乖離状況から、ユーロ・円で円高底打ちには時間経過が必要かと見ますけど。

ユーロ・円の日足罫線からは、2012.1月の97円台前半値を試しに行く展開ありかと読みますけど!

そこで、割れがあれば、更なる ユーロ安・円高でしょうけど、割り込まなければ、円高固めに向かう動きになるかと見ますから、97円前半値を試しにいった時の展開かと!

ユーロ債務で、ギリシャの債務免除額を民間金融機関が、どれほどで決まるかで、ユーロ問題も解決に向かうかと!ただ、大金融機関の破綻なんて、悪材料あれば別ですけど!
私は皆さんのようには難しい専門用語はわかりません。それで、欧米の株式が上昇トレンドにあること、為替が目先円高一服となりそうなこと、日米国債の上昇は株も債権も両方買われていると解釈して、株を仕込みました。株と債権の同時上昇は暴落の前兆ではなく、カネ余りの現象だと思います。ほかにも「ニューヨークの株は理論価格を大きく上まわっているからまもなく暴落するだろう」という人もいました。しかし私はカネ余りによる新たなバブルの始まりだと理解しました。好景気にバブルはつきものです。バブルがあるから、それが次の暴落のきっかけになると思っています。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム