闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

野村証券首脳の大罪

2012年02月03日

野村証券首脳の大罪

 まだチャート分析の途中なのですが、本日はこの話題です。

 昨日(2月1日)、野村ホールディングスが2011年4~12月期の連結決算の最終損益が104億円の赤字だったと発表しました。10~12月期の最終損益が178億円の黒字となり、460億円の大赤字だった7~9月期に比べれば改善したのですが、「すかいらーく」の売却益が300億以上あったことを考えるとあまり誉められたものではありません。

 またいつも大赤字の海外部門は、10~12月期も193億円の大赤字を出しています。

 昨年11月にMoody’sが格付けを現在のBaa2から引き下げ方向で見直すと発表しているため、何が何でも10~12月期を黒字化する必要があり、相当「無理をした」決算だったはずです。とりあえず株価は300円(20円高)まで上昇しました。

 さて、野村証券(この名称を使います)が窮地に陥った最大の原因が、2008年に破綻したリーマンブラザースからの欧州・アジア・中東の事業買収であることは間違いありません。しかしなぜこういう「暴挙」に出てしまったのかは、昨年11月7日付け「野村証券の病巣  その1」、11月8日付け「野村証券の病巣  その2」、11月11日付け「野村証券の病巣  その3」に、歴史的背景を含めて詳しく書いてありますのでぜひ読んでみて下さい。

 要するに営業現場にも商品本部にも海外部門にも、何の地盤も実績もない渡部賢一CEOが、「自分の長期政権と高額報酬」のために「一部の側近とだけ相談して」「自分もろくに理解していない危険な事業」にのめり込み「必ず大失敗する」典型例になったのです。

 そこで本日は、このリーマンブラザースの事業買収が「なぜこうも悲惨な結果になったか」を少し詳しく解説します。結論から先に言っておきますと、これは「たまたま」うまくいかなかったのではなく、「最初から必ず大失敗する」ものだったのです。

 野村証券は、リーマンブラザースの欧州・アジア・中東各部門の「人間」だけを高額・長期の報酬を保証して8000人も引き取りました。「会社を買うと資産の劣化が心配なので(優秀)な人間だけを手に入れた」と当時は胸を張っていた渡部CEOですが、高額報酬(平均4000万円)を長期(3年ほど)にわたって保証しているので、最初から「膨大な人件費負担」が確定しているのに対し、収入の方は「全く保障されていない」とんでもない「不良債権の固まり」だったのです。

 大体、米国の投資銀行(注)には「凄腕」がごろごろしていると考えられているようですが、実際は「本当に優秀」な人間は全体のせいぜい5%です。あと15%は「本当に優秀」な人間と一緒に働く限り「まあ優秀」な人間で、あと50%は「全く普通で言われたことをやるだけ」の人間で、残る30%は「ほとんど使えない」人間なのです。これは事務職などを除いた「前線で戦う」人間の話です。

(注)投資銀行(インベストメントバンク)はリーマンショックを挟んで、破綻(リーマン)、銀行傘下(ベアスターンズとメリル)、自ら銀行持ち株会社へ転換(ゴールドマンとモルガンスタンレー)と、すべて姿を消しました。

 つまり投資銀行に限らず米国の会社は、業務遂行のシステムが確立しているためこんな比率で十分なのです。「凄腕」ばかりだと会社がうまく回りません。また「ほとんど使えない」人間が30%もいるのは、米国企業は現場のセクションマネージャーに人を採用する権限がある程度与えられているのですが、大体が「全く普通」の人間であり自分より優秀な人間を絶対にとりません(とれません)。だからびっくりするくらい「使えない」人間がかなりの高給で雇われていることが結構あるのです。

 リーマンの社員の質が業界の平均よりどうだったかは議論しませんが(まあ破綻したので、それほど質が高かったとも思いませんが)、重要なことは、海外部門の社員の質が本社(NY)より高いことはあり得ず、また海外部門の業務は本社(NY)の各種サポートがあって初めて出来るものなのです。サポートとは商品開発・引き受け・トレーディング・リサーチなどで、本社が消滅したリーマンの海外部門が従来のように稼ぐことは絶対に不可能だったのです。

 さらに、リーマンに限らず「本当に業務を仕切れる」のは前述の一握りの「本当に優秀」な人間だけなのですが、実際にかなりの「本当に優秀」な人間が最初の段階から抜けていました。つまり「本当に優秀」がいないと「まあ優秀」な人間も「全く普通」の人間になり、これまた従来のように稼ぐことは絶対に不可能だったのです。

 つまり野村証券は、絶対従来のように稼げなくなっている「全く普通」の人間と、もともと全く稼げない「ほとんど使えない」人間を、従来通り(あるいはそれ以上)の高給を長期間保証して8000人も抱え込んだのです。

 もう1つ非常に重要なことは、米国投資銀行の本社の重要な機能はリスク管理で、どの会社も最先端のシステムで社員の行動を「監視」しているのですが、これまたリーマンは本社が消滅してなくなってしまいました。つまり社員の行動を全く「監視」出来ない状態で大量に抱え込んだのです。

 そこへ持ってきてリーマンの社員に更なる「成果報酬」まで約束したのです。つまりリーマンの社員が高額報酬を狙って「とんでもなく危険な取引」にのめり込み、本社(野村証券)がほとんどチェックできない状態だったのです。

 個人的には、かなりの確率で欧州部門に発見されていない損失があると思います。

 普通、トップが業務に精通していればこういう「暴挙」は行いません。どうしても海外業務を拡大したければ、一部の「本当に優秀」な人間をまず一本釣りして、十分な監視体制の下でチーム作りをさせるはずです。

 渡部CEOと柴田COOは最近になって、元リーマンの現場トップ2人を解雇しました。自らの責任を認めず現場に責任を押し付けたわけですが、これで現場が一層の「無法地帯」になることに気が付かないのでしょうね。

 最後に、ちょうど1年前になりますが、昨年2月3日付け「野村証券社長の話  その1」と、2月4日付け「野村証券社長の話  その2」の最後のところで、渡部・現社長はメリルリンチが身売りする元凶を作りながら驚異的な粘り腰で172億円の退職金をせしめたオニール・元CEOに非常に似ていると書きました。当たっていると思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

平成24年2月3日

(ドル・円・ユーロインデックスのチャート比較 その2)の中で使いました写真が00時00から00時45分ぐらいまでの間、間違えた写真を掲載しておりました。
大変申し訳ありませんでした。

闇株にご賛同頂けれる方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。


Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:18 | TrackBack:0
関連記事
コメント
結局、野村証券の株は下げるの?テクニカル的には買いなんだが…。迷うわ。
こういうポジティブな記事もでているようですが!?
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/editors.aspx?g=DGXNMSGC0101EN01022012000000&n_cid=DSTPCS007
>要するに営業現場にも商品本部にも海外部門にも、何の地盤も実績もない渡部賢一CEOが、「自分の長期政権と高額報酬」のために「一部の側近とだけ相談して」「自分もろくに理解していない危険な事業」にのめり込み「必ず大失敗する」典型例になったのです。<

会社トップ問題は、日産自動車の「ドン・石原俊氏を思い出します」・・・石原氏は、米国ダットサン社長・片山氏を追い出し、石原氏が日産を凋落させ、カルロス・ゴーン
氏が、日産リバイバル・プランを実行<計画はあったが、実行する人がいなかった>し、日産は、再生しました。

現場を知らない方が、企業トップになるのは「最悪」。会社を私物化となりますから。

問題は、そのトップに「鈴」をつけられない取締役にも責任はありますけど。まあ~、寄らば大樹の陰なんでしょうけど!天下取りに向けて・・

ソニーの出井氏もろくでもない経営者でしたけど!
3日後場からナイトセッション~週明けへ


J-GATE
売り → 買いへの過渡期
★★★ → ☆☆☆☆

スウィング
売り
レベル6 ★★★★★★
ストロングSELL


OPTION
CALLもの意識
レベル1☆  (利益確定優先か?!)

バトルポイント
@8970
@8930
@8880
@8870
@8820
@8760


シグナルのおとなしさとは裏腹に、調整、下げという観点からはその危険度は数段上昇(増加)していると見ています。下げる確率は高まっていると言ったらいいか、、。デジャヴのイメージとしては爆音と共に下げる感じ(=長い陰線が一本入るイメージ)がありますから〈誰にも理解しやすい悪材料が出た上で・・・〉、ということになるのでしょう。しかし、例によってそれが出てから慌てても遅い、というわけです。

独自解析からはポジティブ視できる材料がひとつ、またひとつと消えて行っています。例えば上記のように先物が売り(ショート)、しかしオプションはCALLとなっていますが このオプションCALL意識も既に終盤であり「あや戻しがあっても良い」状態から「上げは間違い、下げなければならない」の状態になるまで時間的な余裕はもうない、と言っても過言ではない状況でもあるからです。そうなれば 例の先物ショート+オプションPUTという あの中短期的に「急落型」になっていきますから なんとなく「しっかり」に見えるいま、否、この「しっかりの演出」のあるいま、にじゅうぶん気をつけろ~ということになるでしょう。ロングはとっとととっておいたほうが良いのではないか、から取っておくべき(利益確定)、に高まっていきますから尚更です。

現状の買い方のイメージは無理矢理のBULL~例えて言えば屈強な2メートルはあるようなアメリカンフットボールの選手が無理矢理バレリーナのトゥシューズを履かされて しかもルールは「爪先立ちで走ること」を課され、タッチダウンを狙っているようなもの、にみえますから一種異様なBULL相場に見えるわけです。かなり気持ち悪いです。笑。
今晩3日の米国市場、そのストラテジー(考え方)

ダウ
買い → 売りへの過渡期
☆☆☆ → ★★★★

バトルポイント
@12850
@12780
@12710
@12700
@12630
@12570


ナスダック
変化
ウリ(新規売り)
レベル6 ★★★★★★
ストロングSELL

@2900
@2880
@2860
@2850
@2830
@2810


「手が加わっている」と思っているので、昨晩のチャート日中足を見ても「妙なチャートだなあ」「妙な値動きだなあ」と思います。独自解析ではこれで、ダウ、ナスダック共にスタンスの軸足は「売り」においていく形ですから 逆に「しっかり」は渡りに船となります。特にダウは、@12670を割ってくると下げ足を早める、と観ますので、ロングポジションがあるなら(残っているなら)、それまでに対処しておきたいところでしょう。逆にKeeping派の守るべきポイントはそのあたりですから、昨晩は安値@12676示現後の切り返し、抵抗の跡がありますが、今晩はどうか?といったところです。




米ドル/円





私自身の記憶でも確か昨日は@76.00円の大台を割れたように思いますし、現に上記チャートでも@75.95割れが明確にあるように見えますが、毎日集計を取るサイトでは 高値@76.21 安値@76.04となっており、データ的には?マークが付いたまま。本日のシグナルは信ぴょう性がいつもの50%とおもってください。元になるデーターが{?}マーク付きです。

始値 高値 安値 終値 差分 出来高
12年02月02日 76.19 76.21 76.04 76.19 - - 0
12年02月01日 76.26 76.35 76.02 76.19 -0.04 -0.05% 0
12年01月31日 76.34 76.41 76.15 76.23 -0.04 -0.05% 0
12年01月30日 76.67 76.77 76.20 76.27 -0.38 -0.50% 0
12年01月27日 77.44 77.48 76.64 76.65 -0.77 -0.99% 0
12年01月26日 77.77 77.80 77.29 77.42 -0.30 -0.39% 0



ドル円  USDJPY
買い
レベル19 ☆☆☆・・☆☆☆☆
MAX

@76.49
@76.32
@76.15
@76.10
@75.93
@75.76

強い買いシグナルではあるものの昨晩もデータ上はボラが出ていません。10銭、20銭の値幅でロングは早々に切り上げるのも手です。


野村證券はこの2月に何らかの「結論」が出ると見ています。銀行傘下へ、と。
225F 3日ナイトセッション~週明けへ


J-GATE(超短期波動用)
変化
買い 
レベル2 ☆☆(ショートは買い戻し利益確定&新規打診買いも可)


スウィング(短中期波動用)
売り
レベル4 ★★★★

オプション(中期波動用)
CALL → PUTへの過渡期
☆☆ → ★★

バトルポイント
@8970
@8910
@8840
@8800
@8770
@8710

3日今週末の225Fは マーケットの体裁として 小っ恥ずかしくなるほどの動きを見せました。 O:8840 H:8870 L:8810 C:8840 V:34065枚 となりましたが引け際の攻防はさながら「陰線は防げ!」「せめて十字足に!(寄り引け同値)」を思わせる そうした叫び声でも聞こえるかのようなかたちとなりました。

(#゚Д゚)y-~~  この@8840が、次のセッションで床となるか、天井となるか。

独自解析ではしかし、ネガティブ視。とうとう頼みの綱?!オプションがCALLからPUT意識へと大きくその土台の軸足を変えることになっていくことを示し始めました(若干時期尚早)。月曜日はまだ逃げ場があるかもしれないが、火曜日にはその逃げ場はもうない、としたいほどのものです。

いよいよ「目線した&下型」=「暴落崩落急落不時安」の形がこうして出来上がっていく(できあがった、ではない)ので、ミニSQ週となる来週6日の週はおおいに参戦意欲の高まるうねりを見せて欲しいところです。

6日の週、ミニSQ周の週足ベースバトルポイント
@9160
@9000
@8840
@8800
@8640
@8480



昨年末に報道された、野村不動産やNRIのPEファンドへの売却(更に同時期には野村不動産投資顧問の体制変更も行っております)も、(実際は本体の格下げ後、迅速に資本を充実させるための動きかもしれませんが)私は銀行傘下となるための下準備としての非金融事業整理の動きと見ています。

であれば、銀行が市場でTOBをかける際に買収プレミアムを乗せるはずなので、短期的にタイミングを見計らって野村株は買いかと。ハイリスクではありますが。
三菱のモルガン買いも同じようなものですね。
アメリカの株価が上昇していますがこれって本物?
ヨーロッパも底堅い。
なんだか高値で買わされそうな予感がします。
どうみても世界中不景気なのに。。。
なるほど。
ためにんります。
リーマンの買収は20億ドル払う価値などないのは誰でも解っていたことである。

野村証券は、どうしてもプライマリーディーラーにこだわったのではないでしょうか。

07年11月に外されてから 09年7月に復活するための条件(取引)がリーマンの引き受けだったのではないでしょうか。

その時の米州CEOが柏木茂介さんでした。

柏木茂介さんの父はかの有名な雄介(元財務官・元東京銀行頭取)さんです。

ニクソンショックの時、外為市場閉鎖論を遮って、普段通りの開場を主張、投機が集中しまひ状態にした張本人で当時の財務官。

沖縄返還直前に、財政負担の密約(無利子預け入れ)を結んだ人である。 

米国との取引にたけた方なのでしょうか。

確か寺澤さんもプライマリーディーラーになった時の事を、一番の手柄のように私の履歴書に書いておられました。



いつも大変興味深く読ませていただいています。今の苦境が悲しいですね。

格付けについては直近にメソドロジーを変更したので当初予定より遅れそうな可能性がありそうです。
それよりも、格付けよりも大きな問題がありそうです。当局による回転売買型の投資信託の組成を禁じる動きがあるようですがほんとうでしょうかね。これが本当であれば野村潰しの究極の方法となりそうですが、どうなんでしょうか。

投資案件のExit、負ののれん、負債の評価益等の会計マジックで黒字化して株価上げることが小賢しいです。
本業で憎らしいくらいの野村の強さを見てみたいものです。

引き続き記事の続報を楽しみにしています。
元リーマンの現場トップ2人を含め、元リーマン社員は皆「野村に来てやったんだ。ありがたく思え」と腹の中で思っています。彼等はリーマンの倒産は政治的判断の結果の不運、以上には捉えていません。野村のことは極東の訳の分からない田舎証券だと馬鹿にします。銀行化した欧米証券にいても自分の収入が上がらないので、一応「証券」の看板掲げて規制から外れている野村に最後の小遣い稼ぎのために籍を置いているだけなのです。そのリーマンは実際100しか儲けていないのに130儲けた、といった類の現場圧力の誘導でレポートする管理会計過重視(=財務会計軽視)の蔓延と暴走の結果、当然のごとく潰れたのではないでしょうか(これは管理会計の数字ベースでサラリー&ボーナスが決まるからです)。何の反省もない元リーマン、その腹が読切れないまま彼等のための絶好の草刈り場を提供してあげた野村、どっちもどっちだと思います。一方、野村の体制も体質もグローバル投資銀行を目指すにはあまりにも時代遅れで内向きです。国内では反抗的で個性的なのかもしれませんが、国際舞台では島国根性丸出しの官僚的な企業です。やはり、どっちもどっちかと…
シェアソン・リーマン・ブラザーズ時代の業界の略称は「シェアソン」でした。いい会社でした。ビジネスも手堅い浮ついたところのない重厚な印象でしたっけ・・。思えばシェアソンが離れリーマンになった頃からヘッド(会社のトップ)がゆがんでいったのかもしれませんね。
日本証券業協会が、ノルウエー輸出公社に対して、社債の償還期限を特定するよう要請しました。

ムーディーズは、2011年11月に上記社債の格付けをジャンク債級にし、S&Pも2012年2月にジャンク級に格下げをしました。

その格下げ事由は、ノルウエー政府が公社の段階的縮小を決定したためとしています。

日本の投資家は、この社債を1兆円保有していて、2011年11月8日に出来高も伴いまして、前日比43円の急落、大和も同日に19円下げていますから、11月のジャンク級への格下げと両証券会社に関係ありだった下げだったのか?
野村HDは、2012.12月には、保有する足利HD<銀行>株式を新規公開<IPO>し売り出す動き<投資資金の回収、キャピタル・ゲイン、新規上場での野村HDの幹事会社利益等>。

足利HD発行の普通株式の46%保有し、優先株とで総額1200億円の投資。

日本航空のコーディネーターとして、野村HDは、1兆円規模となる再上場の準備。

上場廃止となった西武HDの再上場時期は未定ですが、野村HDは、みずほ証券、JPモルガン、メリルリンチ、UBS等と共同幹事会社となる。

※2011末、日銀長期国債保有残 92兆円  >  2011末 日本銀行券発行残 83兆円
野村は多分行き詰まるでしょう。会社の中で
問題が多すぎますし、こんなに顧客から非難の嵐にさらされている、上場企業は他に類を見ないでしょう。兎に角、中堅社員が生意気でまるで、業界を牛耳っているような押柄な態度で客を騙して手数料稼いで、栄転を企む大澤義博等は代表的な悪であり、こんな輩が
顧客離れをさせて、栄転させている渡部以下経営者は
頭がどうかしている。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム