闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

フェイスブック狂騒曲

2012年02月07日

フェイスブック狂騒曲

 世界的に株価が上昇しています。先週末(2月3日)のNYダウ・終値は12862ドルとリーマンショック後の高値(昨年5月初旬)を更新しました。ユーロ圏や新興国の株式も急速に値を戻しています。

 その理由は言うまでもなく世界的な緩和マネーが流入しているからなのですが、もう少し正確に言うと、昨秋からのユーロ圏の債務危機問題でECBが積極的な資金供給を始め、それを受けて米国も追加緩和に踏み切る期待が出てきて、それで米国株が先行するかたちで世界の株式が上昇を始めたのです。
 
 世界主要48か国の株式時価総額の総合計も、昨年9月末の45兆ドルから52兆ドルまで回復しました。同時に新興国通貨や、金などの資源や、債券市場まで活況となる典型的な「金あまり相場」となっています。

 そしてここからが重要なのですが、景気回復というものはまず理由はどうであれ株式市場が上昇さえすれば、市場心理が向上して経済活動が活発になり本当の経済回復となるのです。従って、日本もその流れに遅れないように、「消費税増税」ばかり議論するのではなく、早急に円安・株高対策となる「思い切った量的緩和」に踏み切るべきなのですが、これはまた別の機会に書きます(よかったら本日発売の「週刊朝日」を読んでみてください)。

 さて前置きが長くなったのですが、米国株式市場が活況なうちにと思ったのか2月1日にフェイスブックが上場申請を行いました。

 フェイスブックは2004年にマーク・ザッカーバーグがハーバード大学在学中に、女子大生の顔写真をネットに「無断で掲載」したところから始まったのですが(だからフェイスブックという)、2007年初めに利用者が1000万人を超えたあたりから急拡大し、現在では利用者が8億4500万人(うち北米では1億8000万人)、1日あたりコメント27億件・写真投稿2億5000万件の「大メディア」となっています。

 早くも上場時の時価総額が1000億ドル(7.6兆円)とも言われ、そうなると日本でこれより時価総額の大きな会社はトヨタ自動車(10.3兆円)だけとなってしまいます。

 上場申請書類によりますと、2011年の売り上げが37億ドル、最終利益が10億ドルで(時価総額が1000億ドルになればPER100倍!)、グーグル(時価総額14兆円)に比べて売り上げが10分の1、最終利益が15分の1しかありません。また収入のうち広告収入が85%とやや偏っています。

時価総額が仮に1000億ドルとなったとしても、これが高いか安いかは市場が決めることなのでコメントしません。ただ、株式市場の活性化に貢献することは間違いなく、それが米国経済の活性化につながることも間違いありません。

しかし創業者のマーク・ザッカーバーグのアイデアとシステム開発能力は認めるとして、どうして「誰でも思いつき、誰にでも出来たはず」のビジネスモデルでここまで「潰されず」「チクられず」「乗っ取られず」に大きくなれたのかが不思議です。

 まあ多分何度も「潰されそうになり」「各方面からチクられ」「乗っ取られそうになった」はずなのですが、それをすべてこの27歳の若者が対処してきたのだとすれば、ザッカーバーグはその方面での「天才」なのかもしれません。

 関係ないかもしれませんが、日本で同じく2004年に創業した-グリーは、今期の経常利益が800億円になるとかで株式時価総額も6000億円を超えています。正直言って日本経済や日本人の知的レベルの向上に貢献しているとは言い難いのですが、何故か「当局」や「マスコミ」の標的にはならず、何をやっても批判されていません。

 同業のDeNAが公正取引委員会に「チクられ」、横浜球団を買収しようとして批判されたのとは大違いなのです。

 たまにこういう不思議に「守られている」会社があるものなのです。

 フェイスブックに話を戻しますが、実際とはかなり違うはずですが「ソーシャルネットワーク」という映画になっています。昨年6月14日付け「忙中閑あり・映画ソーシャルネットワークを見て」に書いてあります。

 ただここで言いたかったのはザッカーバーグのことではなく、この映画でザッカーバーグを振ったエリカ役を演じているルーニー・マーラが、その後大ベストセラー「ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女(英語版)」で主役・リスベット・サランデル役を演じて、今年のアカデミー主演女優賞の候補に挙げられています。


ルーニー・マーラ

 実はルーニー・マーラは大富豪・マーラ家の一族で、マーラ家はちょうど本日(現地2月5日)に行われたアメリカンフットボール(NFL)の決勝戦・Super Bowlで勝ったNY Giantsのオーナーでもあります。

だから主演女優賞候補に選ばれたのか、それとも演技で選ばれたのか、映画が来たらじっくりと見てみようと思います。

アカデミー賞の舞台裏も授賞式(日本時間2月27日)までに書くことにします。

闇株にご賛同頂けれる方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。



Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
アメリカのPBSというラジオ放送を聴いてましたら、フェースブックの人気もいつまで続くのかなと懐疑的でした。
NK225 7日後場からナイトセッション~あす8日へ

J-GATE
へんか
買い
レベル2 ☆☆

スウィング
へんか
買い
レベル1 ☆

オプション
PUTもの意識
レベル2 ★★

バトルポイント
@9000
@8960
@8910
@8900
@8850
@8810

東京タイムでは引き続き「ヨコヨコ相場」になってしまい、モチベーションの維持に苦慮するところです。昨日も動きが出たのは夜、ナイトセッションになって初めて「動きらしい動き」が出ましたからやはり我がマーケットは そもそも「いかがなものか」。市場としての過疎化、おもちゃ箱化の印象は強いものがああります。「ちゃんと動けよ!」と思いますが、その「ちゃんと」とはどういうことか、と思わず自問自答してしまう始末です。笑。
つぎは200MA(200日移動平均線)をめざせ!との声無き声の期待感、これが達成できるものかどうか、達成後はどうするのか、興味あふれるところです。
さて、シグナルは昨晩小さい押し目を見たことで早くも変化、先物には「小さい買いシグナル」が出ていますので、急落型が一時休戦、それこそパターンとしては「押し目買い」で対応していくことになりそうです。とはいえ、「小さい」とわざわざ書いたほどで、まさに「ちょいの間の買いシグナル」と受け止め、1ティック、2ティックでの利確も辞さず、のスタンスでフットワーク軽く、ライトにマーケットに対峙していきます。

System of Survival by Earth, Wind & Fire

http://www.youtube.com/watch?v=jHrHzCrJXww
今晩7日の米国市場 ストラテジー(考え方)

ダウ
売り
レベル4 ★★★★

バトルポイント
@12970
@12900
@12830
@12820
@12750
@12680


ナスダック
売り
レベル8 ★★★★★★★★
ストロングSELL

@2930
@2910
@2890
@2880
@2870
@2860

昨晩のダウ、ナスダックは一般的な表現では「下げ渋り」。当分析では「(ショート発射には好都合の)さげそこない」となります。多くは量的緩和の恩恵、もしくはQE3への期待感、およびそのようなものの高まりからくるものでしょうが どっこい!指摘済みのようにナスダックがあまりにも高すぎる(期待感?)ことからくる調整の長期化?もしくは急落の懸念が払拭できません。出来ていません。
独自の経験則から試算した米国市場の調整幅はダウがー800ドル、ナスダックは普通にー100ポイント、という結果も出ていますので尚更です。現状では「アリエナイ」「たわごと」が常識的な反応でしょうが、さてさて、何がこれから起きるのか(起こすのか)。



米ドル/円



ドル円  USDJPY
売り
レベル 70 ★★★・・★★★
MAX

バトルポイント
@77.30
@76.99
@76.68
@76.61
@76.30
@75.99

引き続きドル円はウリシグナルですが、ここ一両日は「非常に強いウリシグナル」として乾坤一擲、ショートのベストショットを狙いに行きたいところでしょう。高い「トス」でスパイク、バックアタックを豪快に決められるかどうか、注目です。


不気味な株高の様な気がします。

NYダウの先行指標といわれるバルチック海運指数は急落しています。08年の最安値を更新しています。

フェイスブック上場のために作られた相場なのではないでしょうか。

上場で利益を得て、下落で利益を得る今回もうまく嵌りそうな感じがします。
たぶん、後1.2ヶ月後には急落するのではないでしょうか。



ていうか、やっぱりユダヤ絡みじゃないの?
知人に紹介されて見に来ました。国際についての~と、フェイスブック~の二つの記事しかまだ読んでいませんが、予想外に面白く読ませて頂きました。筆者は知的レベルが高く、教養が深い人のようですね。残念なのは表題。「闇株新聞」・・これじゃあ、スポニチレベルですね、なぜわざわざ自分で自分に味噌をつけるのかなぁ、もったいないねぇ。
フェイスブックのビジネスモデルは、あまりにもありふれているし、実名で参加するので、誰もそんなビジネスモデルがここまで当たるとは
思わなかったのでしゃないでしょうか。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム