闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

国債についての「常識」のウソ その1

2012年02月08日

国債についての「常識」のウソ その1

 最近、新聞やテレビでやたら「国債」が取り上げられ、数々の「常識」が語られています。大半が消費税引き上げのために国民に解説される「常識」なのですが、明らかに間違っている「常識」がかなりあります。

 本日は、これらの「常識」のウソを解説します。

(その1)国債利回りが上昇すると財政負担が増えるというウソ

 消費税を上げなければ財政が破たんし、ギリシャ並みに国債利回りが上昇して一層の財政危機に陥り、年金や医療サービスなども破綻するということのようですが(まず、消費税を上げなかったら国債利回りが上昇するというのもウソなのですが、これは後回しにします)、仮に国債利回りが何らかの理由で上昇しても既に発行されている国債の利率は償還まで変わりません。だからこの分の財政負担(利払い)は一切増えません。
  
 もちろん新たに発行される国債は、その時の実勢に合わせた利率にしなければならないので、利回りが上昇していればその分の財政負担は確かに増えます。

 ここで何故か国債利回りが3.5%になったらという前提が使われるのですが、これは現在の利回りが約1%の10年国債のことだと思われるので2.5%の利回り上昇となり、国債発行残高が約1000兆円なので国債の利払いだけで20数兆円増えると堂々と言っているエコノミストがいます(実名をあげてもいいのですが、ご本人の名誉のためにやめておきます)。

 確かに10年国債の平均落札利回りから定数(0.2~1.03%)を引いた数字が利率になる15年変動利付国債が以前発行されていたのですが、2008年を最後に発行が取りやめになっており残存額も20兆円ぐらいしかありません。

 従って、国債利回りが上昇すると発行されている国債全額の利払いが増えるかのような「常識」はとんでもないウソなのです。

(その2)国債利回りが上昇すると国内銀行が巨額の損失を被るというウソ

 消費税を上げないと国債利回りが上昇し(これもウソなのですが後回しにします)、多額の国債を保有している銀行が巨額の損失を被り、預金に金利が払えないとか(いまでもほとんど払っていないのですが)預金の払い戻しが出来なくなるということのようですが、これもとんでもないウソです。

確かに何らかの理由で国債利回りが上昇すれば国債価格は下落します。しかし、その計算の前提があまりにも大げさなのです。

 ここでも何故か国債利回りが3.5%になったらという前提が使われているのですが、これも現在の利回りが約1%の10年国債のことだと思われるので2.5%の利回り上昇となります。これは大雑把に言って価格が18%下落することになり、直近の国内銀行の国債保有額が163兆円なので、その18%に当たる30兆円の評価損が出て国内銀行全体の自己資本が大半毀損するということのようです。

 そもそも国債利回りが3.5%ということ自体がナンセンスなのですが、仮にそうだとしても銀行が全額を10年債で保有しているはずがなく、現在の保有国債の平均残存年数が3年強しかありません。そうすると仮に10年国債利回りが2.5%上昇して3.5%になったとしても、現在の利回りが約0.25%の残存3年強の国債の利回りがどれくらい上昇するか考えればよいのです。

 幾らなんでも日銀が政策金利まで2.5%も上げるとは考えられないので、短期金利がゼロのままだとすると3年強の国債利回りは単純に期間按分して1.15%(0.9%の利回り上昇)、短期金利が0.5%になっていたとしても1.5%(1.25%上昇)にしかなりません。

 これでもあり得ない前提なのですが、仮に銀行保有の平均残存3年強の国債利回りが現在の0.25%から1.5%へ上昇したとしても価格は4%ほどの下落に過ぎず、163兆円の評価損は6.5兆円なのです。

 もっと現実的な計算では、多少国債利回りが上昇しても銀行の評価損はもっともっと少なく、びくともしません。

(その3)海外投資家の日本国債保有が増えると、「売りたたき」されて価格が暴落するというウソ

 現在の外人の日本国債保有は76兆円で、しかも大半が短期国債です。しかも保有している投資家は海外の中央銀行が中心です。

 本来は、財政問題とはまったく別に考えて海外における国債保有額の拡大と、保有先の多様化を図っておく必要があるのですが、この際に必ず出てくる「常識」がこれです。

 海外における国債の保有先は、世界の債券発行残高の約70兆ドル(5300兆円)を保有している中央銀行、民間銀行、年金、債券ファンドなどで保有した国債を売却することはあっても、わざわざ「売りたたく」ことは全く利益につながらず、あり得ません。

 確かにヘッジファンドの中には、日本国債の価格下落に賭けるポジションを取っているところは多いかもしれませんが、彼らは日本国債などはじめから1円も保有していません。

 従って、外国人投資家の日本国債保有が増えると「売りたたかれる」というのはとんでもないウソで、国策的にはもっと積極的に海外投資家の日本国債保有を増やす努力をしなければならないのです。

 まだまだ続きます。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:16 | TrackBack:0
関連記事
コメント
>もちろん新たに発行される国債は、その時の実勢に合わせた利率にしなければならないので、利回りが上昇していればその分の財政負担は確かに増えます

ですよねー
新たに発行される割引債は、額面より相当低い額でしか引き受けてもらえないので、
額面との差額はそのまま、政府の財政負担となり、債務残高に詰みあがりますよねー。

つまり、利払い負担は増えないけど、指数対数的に債務残高が膨れる雪だるまに陥るよ、が正解ですよねー。
そして雪だるまなんだからますます資金調達コストは跳ね上がる、と。
で、「政府の資金調達コストは、長期金利が1%増えると、ナンボ増えるの?」って話は、単純化して考えれば、利払いの計算とほぼ同額だと、馬鹿でもわかりますよねー。

>預金の払い戻しが出来なくなるということのようですが、これもとんでもないウソ

ですよねー。
銀行がいつまでもジャンク債を抱えるわけがないですよねー。
損切りとして、債券市場で投売りしますよねー。
だから銀行には現金があふれかえって、支払い不能になるなんて事はないですよねー。

当然、損切りしてるんだから、銀行が預かってる金よりも少ない現金しか調達できないでしょうけどー

>保有した国債を売却することはあっても、わざわざ「売りたたく」ことは全く利益につながらず、あり得ません。

ですよねー。
日本の銀行から国債を借りてきて、
売り浴びせて、価格が暴落してから買い戻し、国債を返済するとかいった空売りなんてやらないですよねー。
大もうけできますけど、やらないですよねーww
ゆうちょ銀は10年債をしこたま買っていると聴きます。また、他の銀行と違って、政策に利用されてきたたためか、資本も薄いと聴きます。
ゆうちょ銀にもしものことがあれば、預金者が混乱し、周りに波及し続け、取り付け騒ぎ、連鎖破綻、国債暴落もあるのではないでしょうか。
どんなに理論が立派でも、マーケットは連鎖的で複雑で暴力的なので何が起こるかを予想するのは不可能と思います。
また、外国人が崩しにかかるのはレバレッジの効く債券先物と聞きます。邦銀は、あろうことか日本国債のプットオプションもHFなどにしこたま売っていると聴きます。この辺も暴落の加速度を増す要因になると思います。
この辺もおりまぜてお考えをお伺いしたいです。よろしくお願いします。
あなたのおっしゃることはすべて今(から数年)の国債の安全性であってそれは円高が示すとおりでしょう。
その1は今の償還額、その2は今の評価額のはなしです。その3にいたっては今大部分が国内からの借り入れであるのにすでに今ほとんど買われていない海外の巨大投資元のつまみ食いを引き合いに出すのはいかがなものかと。
国内外で金利の浸透膜がある現状をどうご覧になっていますか。あなたの国債暴落のデッドラインはどこに設定されているのでしょうか。今の財政構造は健全ですか。
昨日の日経によれば銀行の保有する10年債の損益分岐金利はこの半年で1.4%から1.2%に下がっている。糊代はわずか0.2%しかない。いまやJGBはハイリスクローリターンになった。金利は下がっても、あと1%、上は青天井。JGBの空売りはローリスクハイリターン。潮の変わり目は意外に近い気がします。
ポンド売りを仕掛けられた時のイギリスと対比して頂けると、より分かりやすくなると思います。お手数かとは存じますが何卒よろしくお願い致します。
闇株先生
理屈はそうですが大先生が一番逃げ遅れる可能性が大。
これだけ毎日日本中煽られていざやっぱりと言う事態になれば、普通のおばさんおっさんの尋常な行動はまずは銀行に行って預金を下ろすでしょう。銀行はduration3年でも強制的に損を覚悟で売却、売却が売却を呼びさらにパニックで3%なんて甘い数字だと思います。まず政府や日銀に全く信用出来ない世間との乖離が予想以上の事態を引き起こす可能性はかなり大きいと思います。今は既に有事だと思っています。
普通の人の感覚では銀行はただのタンスです
225F & OP  8日後場からナイトセッション~あす9日へ


225F
J-GATE
変化済み
売り
レベル4 ★★★★

スウィング
変化
売り(→買いへ、、の目も)


オプション
PUTもの意識
レベル2
★★

バトルポイント
@9020
@8970
@8920
@8910
@8850
@8800


「小さい買いシグナル」、ミッションロングはこれで、これにて撤収、利益確定&ドテン!ウリへと進化します(JーGATEは昨晩変化、スウィングは本日変化へ、)。1ティック、2ティックも辞さずのおもいで挑んだ今回のロングポジション、買い戦略波動は、まさにマッハのタイミングでまたまた《急落型》の復活となりました。
ますます高まる@9000円の声また声、でしょうが、これをよそに「一連の恣意的人工的BULL演出、Keeping&Lifting 」はこれで!、そう、これで限界、との読みでもあります。
ライブ感覚でここから崩れる様を見に行くことになる気がします。スローモーションで、、笑。エレベーターで上行きのボタンを押しながら実はビルごと地下に沈下していくさまをライブで感じるかもしれません。楽観視は小指の先ほどもありません。
Dangerous この言葉が似合うマーケットでしょう。

Dangerous live
http://www.youtube.com/watch?v=WJ0r1B3e6hA
今晩8日の米国市場 ストラテジ~(考え方)

ダウ
売り
レベル4 ★★★★

バトルポイント
@13090
@12970
@12850
@12830
@12710
@12580



ナスダック
売り
レベル8 ★★★★★★★★
ストロングSELL

@2950
@2930
@2900
@2890
@2870
@2840


米国市場 ダウはギリシャ問題を横目に見ながら(~楽観的に解決の方向へと向かうだろうとの思惑から)スタートこそ安く始まったもののその後切り返し40ドル高を挟んでしっかりの展開となりました。
さてさてこのしっかりの捉え方ですが、実は問題山積というのが当分析手法の大きな特徴です。現行の戦略は「売り」ですから マーケットが上昇となればかねて指摘のようにこれは渡りに船としてショート弾発射の好機=つまり「絶好の撃ち頃」として受け止めます。
つまり買われ過ぎ、オーバーシュートの瞬間を捉えてショートの種を蒔くわけですから「より高いところを狙って売りを」仕掛けるという投資の原点としてこのことは理に叶っていると解釈できるわけです。
逆に買うから上がる+上がるから買う、の投資スタンスでは上がれば楽に感じられるものの肝心の上がるか下がるかは実は神様にも、誰にもわからないことと言う点からも不確定要素に賭けると言う点で〈すでにあまりにもギャンブルである〉と言えるわけです。換言すればそれではいつまでたっても当たった外れたの世界からしかマーケットを見られないわけで投資は当てっこであるというカテゴリーからは抜け出せないことになります。
当分析とはこうした不確定要素に対して科学的な数値解析を施すことでハイリスクなこの世界をミドルからロー、そしてノーリスクに、その運用(リターン)を高めていく作業です。




米ドル/円



ドル円  USDJPY


10月31日の為替介入は8兆円超 http://www.youtube.com/watch?v=u3ZTApj5O04

安住では絶対に無理! 本当の市場介入とはこうである!http://www.youtube.com/watch?v=PyxCM_-jiIM


売り
レベル73 ★★★・・・★★
MAX

バトルポイント
@77.67
@77.23
@76.79
@76.69
@76.25
@75.81

一国の長、言わば責任者が「ドヤ顔」で、失敗作にも見えた覆面介入を堂々と正当化するとは思いもよりませんでした。驚きました。また、当人の(個人の)プライドを守るため?、個人の裁量でこんなに巨額の資金を無駄遣い(あえてそう言いたいほど)して良いとは?、これもまた驚きでした。大丈夫か?マジで、この国、、そんな思いも強くしました。

さて、そんなことよりも・・・。シグナル上は更に強まった売りシグナル。ここを売らずにどこで売る、的な強まり方です。独自試算では@76.76以上であればどこでも良し、位の温度になっていますので状況次第ではAT MARKET(成り行き)も可、とのおもいでマーケットに対峙していきます。「良いトス」はバッチリとスパイク、バックアタックを決めなければトスを上げてくれたマーケットに対しても申し訳ないです。笑。
債券はトレード上は「一通(一方通行)」になりやすいですから、株より厄介ですよね。
国債の危機について語る人は、なぜか日銀の存在をきれいさっぱり無視しているから愉快。金利が高くなると破綻するなら日本や金利世界最低のスイス以外はとっくに破綻している。しまいにはインフレになると破綻するからデフレがいいとか言い出すのかな?

「経済成長で財政破綻する」財務省理論のトリックを暴くOECDも目的の最上位に
2011.04.29 zakzak 高橋洋一 連載:2011「日本」の解き方
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110429/plt1104291435001-n1.htm
危機の本質とは、予測のつかないときに突然訪れるものでして、少なくともマスコミとか学者先生が騒いでから数か月後にくるものではないと思います。マーケットとはそんなに悠長なものではないでしょう。
この10年超、多くの学者先生とかマスコミとかはてはヘッジファンドが財政危機論をぶち上げ続けてきましたが、いずれも不発。多くのファンドマネジャーが退場を余儀なくされています。JGB市場はヘッジファンドにとっては墓場みたいなものですね。
よりミクロ的にいえば、10年前にこの財政破たん議論を信じて固定で住宅ローン組んだ人は、相当苦しんでいることでしょう。変動の方が金利地べた這いつくばってますし。大マスコミとか学者先生とかが唱えていることの逆いったほうが儲かるのではないでしょうか?別に存在を否定するのではなく、ネガティブインディケーターというものは貴重なものです。
なぜJGB市場が崩壊しないのか?学者先生とかが後で説明してくれるでしょう(後付けで説明するのが彼らの役目です)。あるいはグリーンスパンさんみたくconundrum といって頭抱えるか・・

仮に、このマスコミの危機論を信じて仮に相場が下がった場合、待ってましたとばかりに押し目で都銀とか生保が買いだすのでしょうね。あるいはボラティリティが上がって証券会社のオプションTraderが儲かるとか。この人たちにとってボラティリティが小さい昨今の相場はゆるやかな死を意味しますから。
それくらいかな・・すくなくとも債務残高のGDP比率が というのは、あまり意味なさそうな議論ではありますね。もし意味あるのであれば、いまごろ日本は複数回破たんしています。 
短期金融市場は日銀の金融調節で0.1%前後にアンカリングされてますからね。異なった金利タームの間では裁定がはたらきますから、日銀の金融政策が変わる兆候が見られない限り、長期金利の上昇には自ずと限度があると思われます。逆に言うと、国債市場に波乱が起きるとしたら、日銀が金融引き締めを始めるかその地ならしのアドバルーンを揚げ始めた時でしょうね、現実的には。
財務省村の人たちは、(学者、キャスター、コメンテーター)財務省の利益の為、何が何でも増税と叫びまくってますね。
変動利付国債は、10年国債の落札利回りマイナスα(銘柄による)で決定されるので、短期金利連動ではないですね。
>(その1)国債利回りが上昇すると財政負担が増えるというウソ
>ここで何故か国債利回りが3.5%になったらという前提が使われるのですが、

国債利回りが3.5%になったら、
新発の国債で約1.5兆円(40兆の3.5%)の支払増加
既発債(平均利率1.8%)を年間120兆程、借り換えた場合、2兆円の支払増加、
計3.5兆の利払い増加になると思います。

>国債の利払いだけで20数兆円増えると

は確かにオーバーな表現だと思います。
しかし、国債利回り3.5%が数年続けば、現実になると考えられます。
(お詫び)

ご指摘いただいた通り、変動利付国債の記述が間違っておりました。お詫び申し上げ るとともに、本文を訂正させて頂きました。

コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム