闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日本政府と日本銀行の対応をもう一度考える  その1

2012年02月14日

日本政府と日本銀行の対応をもう一度考える  その1

 先週たくさん頂いたコメントを出来るだけ反映して、テーマごとに書いていきます。

(その1)「量的緩和は円安に効果があるのか?」について

 確かに短期金利がほぼゼロの中で中央銀行の金融政策には限度があり、実際に「通貨の需給関係」以外に円安になる合理的説明はありません。

 日本銀行が前回に量的緩和を行った2001年3月~2006年3月の間は、当時量的緩和を行っていたのが日本だけだったことや、その間に日本銀行のバランスシートが104兆円(当座預金4兆円)から144兆円(同31兆円)まで膨んだことや、さらに2003年1月から2004年3月までの間に当時の溝口善兵衛財務官(現・島根県知事)主導で合計35兆円もの巨額円売り・ドル買介入を行いその決済資金の大半を市中に放置したなど、はるかに現在の量的緩和より「積極的」なものでした。

 円・ドル為替は2001年3月のスタート時の105円(ユーロは125円)から、2002年初めに135円まで円安が進み、巨額介入後の2005年初めに101円まで円高となったものの、量的緩和終了後の2007年夏には124円(ユーロは170円)まで円安が進み、一応の「円安効果」は認められます。

 この日本の極めて積極的な量的緩和が、世界の株式市場や景気の好調さを大きく資金面から支えたことは間違いありません。その結果の資金流出に伴う円安でもあったはずです。

 日本銀行は現在も確かに量的緩和・第2弾を行っているのですが、2012年1月末現在の日本銀行のバランスシートは136.9兆円(当座預金29.8兆位)で前回のピークを下回っています。為替介入の是非については後で詳しく書きますが、為替介入の金額だけ比べますと民主党政権になってから16兆円(昨年8月以降に限ると13.5兆円)で、これも前回より少ないのです。

 2007年あたりから徐々に深刻になっていった世界の金融危機の中で、まず米国やユーロ圏や新興国・資源国から急激な資金流出が起こり、次いで米国をはじめとしてユーロ圏・英国・スイスなど先進国すべてが「極めて積極的」な量的緩和に転じていることが、2007年以降の円高の根本的理由です。

 それに加えて日本国内の事情として、円高とそれに伴う株安(最近は少し修正されてきてはいますが)による経済の見通しの悪化から、対外投資(株式投資も)などのリスクがなかなか取れないことがあります。

従って日本銀行も「極めて積極的」な量的緩和に踏み切れば、まず海外の円を見る目が変わって円高から円安に転じ、それによって日本からの対外投資が誘発されて一層の円安(と株高)を招いて経済活動が徐々に活発になり、それを見て銀行も「遅ればせながら」ほんの少しくらいは貸出を増やすかもしれないのです。

 さらに量的緩和とは日本銀行が銀行などから主に国債を大量に買い入れることなので、これが需給面から「国債の値下がり(暴落ではありません)」を防ぐことにもなるのです。

 やはり50兆円規模の量的緩和は必要なのです。その直接的効果よりも、特に海外に対するアナウンスメント効果と誘発される経済効果がはるかに重要なのです。

(その2)「それでは円安は日本経済にとってプラスなのか?」について

 確かに円高には原油などの資源の輸入価格を抑える効果があり、製造業の海外生産が進んでいる中で円安がどれほど日本経済に「プラス効果」があるのかは分かりにくくなっています。
 
 しかし、「為替介入は円高が日本経済の実体を反映していないから行う」との発言や、実際に円高が進むと株価が下落することや、中国の経済発展は人民元を人為的に安く維持していたからなどの「俗説」にそれほど違和感を感ずる人は少ないと思われます。やはり円安になると少なくとも心理的なプラス効果があり、それが実際の経済活動を少しずつでも向上させるのです。

 ただ日本の現状をやや長期的にとらえると、今は「円高(外貨安)のうちに、いかに官民とも良質の外貨資産を大量に取得し、(近い)将来の利息収入と外貨の値上がり(円安)による効果を取り込むという段階」に入っていると思います。

 もちろん民間が積極的に対外投資を行えばよいのですが、特に個人金融資産の大半が預金・保険・年金となっており運用者が対外投資に積極的でなく、また銀行の信用創造機能が全く失われているため民間の(対外に限らず)積極的な投資活動を阻害し、そして何よりも現状の「増税」路線が心理面をさらに暗くしているために進まないのです。

 従って、まず官(外為資金特別会計)が利益の還元方法を明確に国民に説明したのちに積極的な外貨取得に踏み切れば、それを受けて民間の(対外投資だけでなく)投資活動を間違いなく誘発して、結果的に日本経済が上向くはずなのです。これについては後でもっと詳しく書きます。

次回以降、以下のテーマについて書いていきます。

(その3)「そうは言っても膨張する国債残高は、いつか国債暴落を招くのでは?」
(その4)「海外の国債保有を拡大すべきという理由は?」
(その5)「官(外為資金特別会計)で外貨取得を行うと言っても具体的には何のためにどうするつもりなのか? 為替介入を批判していたのではないのか?」
(その6)「消費税増税を(当面でも)棚上げして、その財源はどうするつもりなのか?」
(その7)「そもそも日本全体でみると、財政状況は何の問題もないと書いていたではないか? じゃあ何が問題なのか?」

(それから)「オリンパスの処理に官僚の利権が入るというのは、はなはだ時代遅れだ」とのコメントも頂いていますので、これにもお答えします。

 ただし順番は変わるかもしれません。

 本日発売の「週刊朝日」も読んでみて下さい。

闇株にご賛同頂けれる方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」で「為替ランキング2位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:6 | TrackBack:0
関連記事
コメント
>確かに短期金利がほぼゼロの中で中央銀行の金融政策には限度があり、実際に「通貨の需給関係」以外に円安になる合理的説明はありません。<

米国は、長期債を買い入れ、買い入れ同額分の短期債を処分して、ツイスト・オペを実施して長期金利上昇防止をし、欧米国は量的緩和政策効果と思われる通貨安になっているのは事実<それは、自己内の雇用維持からも必要な措置と思います>。

当時の日銀の当座預金残高目標と現在の日本の状況とは、少し違うかと<グローバルに考えれば、当時よりも悪い状況でしょうけど>。ただ、デフレ脱却宣言できない政府ですから、欧米国が通貨安へ誘導もしていますから、日本だって量的緩和背策は即効性ある対策かと思いますから、3月は資金需要期でもありますから、量的緩和を実施すべきかと思います。

日本の場合、何度か金利を上げる機会はありましたが、当時の自民党政権は認めずで、あの時、少し上げておけば、そこから引き下げ効果もでた政策もできたかと思うんですけど!<小手先すぎるでしょうか>

量的緩和は、疑心暗鬼もあるコールレート市場でも有効な政策かと思います。短期市場で「血栓」が生じたら、大混乱しますから!

日本の株価ですけど、日銀の当座預金残高目標の他に、小泉元首相のりそなへの2兆円公的資金注入も効果があったかと思っています<2003.4.28日日経平均安値7603円から上昇基調に転換しましたから>。

そのことにより、大金融機関は、安堵したでしょうし、投資家は大金融機関を破綻させないと認識し、外人も日本株式市場へ参戦開始をし始めました。金融相場の始まりでした。

今は、思い切った量的緩和政策かと・・・

民主党政権は、年金受給者から賛同を得られるように消費税率引き上げするキャンペーン<引き上げしないと年金支給額が減少するとか、受給開始年齢引き上げする脅かし発言>を年金受給者へ向けて喧伝していますけど、デフレ脱却に向けた経済対策は、後回しの感!

>それでは円安は日本経済にとってプラスなのか?

中国を持ち出すまでもなく、日本が1ドル360円で高度成長していた時のことを考えれば明らか。輸出依存度が低いことを根拠に円高に賛成する人は、その1ドル360円で高度成長していた時は今よりさらに輸出依存度が低かったことを理解していない。さらに日本はデフレ。通貨安はインフレにつながるのだから、デフレ脱却のためにもプラスであることは明白。円高や円安といった為替水準は、GDPデフレーターから妥当なのかを判断すべき。スイスの目標明示無限介入もデフレリスクを踏まえればこそ。

高まる日本経済の輸出依存度(1ページ下)
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/research/r070501point.pdf

国内総生産(中段)
http://ja.wikipedia.org/wiki/国内総生産#.E6.97.A5.E6.9C.AC
GDPデフレーター対前年増加率(%)

世界のGDPデフレーターランキング
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdp_d.html
183位 日本 88.78

スイス中銀がフラン高対策で対ユーロ相場に上限設定、日本の反応に注目
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23050820110906
スイス中銀は声明で「現在のスイスフランの過大評価は、スイス経済に深刻な脅威とデフレリスクをもたらしている。中銀は最大限の決意をもってこの目標水準を執行し、無制限に外貨を購入する用意がある」と表明した。
質問を反映していただきありがとうございます。
考え方の方向性、大局は同じなのですが細かいところで少し考え方が異なります。意見交換の場という理解をさせてもらって持論を述べさせていただきます。
量的緩和中の2001-2006年の間、ドル円が円安方向に動いていたのは確かです。量的緩和と自国通貨安の連動性はアルといってよろしいかと思います。ただし、量的緩和だから円安ではないと思うんです。量的緩和を導入するのは、金融政策で手前の金利を十分に引き下げてもそれでも景気悪化やデフレ進行(インフレ期待の剥落)が止まらないときです。2001年に量的緩和をしていた際はすでに手前の金利は十分に低かったといえるでしょう。こうした低い日本の金利に対して、USDやEURの金利が当時は高かった(現在はどの国も低い)。この金利差から安い円を借りてUSDやEURやAUDを買うというキャリートレードが流行し大きなトレンドとなり年単位で見ると円安方向へ進んでいったのだと理解しています。もちろん量的緩和によってすでに低い金利がさらに下がり、ある程度の時間軸効果も発揮したことと思います(量的緩和を解いてからじゃないと利上げはないだろうという理解から)。そういう意味では元々円安に向かう土壌の中、量的緩和が一押ししたとはいえるでしょう。
現在の状況は、2001-2006年ケースとはちょっと違います。なぜなら、日本だけではなくEURやUSDの金利がすでに十分に低く、ある程度の量的緩和をすでに行ってしまっているからです。前回の緩和時にあったような金利差が今回はないので、円を借りてのキャリートレードは流行していません。むしろベーシススワップがあまりにもマイナスにぶれてしまっているために他通貨からの円転さえ見受けられます。このように考えると今回この状況下で追加の量的緩和を行ってもより円を借り易くする効果はかなり限られてきてしまいます。もちろん貨幣量をふやしてそのごく一部が貸し出しに回ったり、外人が円を借り易くなったり等多少の円安誘導・景気対策効果・起爆剤的なアナウンスメント効果はありますが大きなインパクトを中長期的にあたえることは無理かなと考えています。

もうひとつ。量的緩和をするには資金供給オペや国債買い切りオペなど様々なやりかたがあるので、量的緩和=国債買い切り増額では決してないと思います。(ただし、買いきりオペ増額を増額する際は→非ふたいか→量的緩和という流れでしょうから方向性は同じですが。)ただ、買いきり、特に長期(残存が長いもの)の買いきりオペは日銀券ルールが邪魔をしなかなか増やすことができない現状があります。ここをふやしていけるかどうかが今後の鍵であり、小出しにしながらセットで量的緩和もついてくるというイメージだと理解しています。
10兆円もの金融緩和をする声明を日銀がしました。なにかしら、コメントしてもらえないでしょうか?
氏の50兆円の提言からすると少し少なすぎる感じがしますね。
どこぞの圧力でもあったのか、市場は「(ポジティブ)サプライズ」と報じていますが、我が国はいかにもそのタイミングが稚拙に思えます。例えば米国のこうしたカンフル剤は市場へのインパクトという意味からはまさに絶妙、理にかなっているのに比べて、ですが。あるいはこうしたコントロールまでが劇場型に成り下がったか、、政治三流の次はこれもか、と思わずにいられません。おそらくは決定権者はマーケットに精通しておらず教科書、机上の理論のみでの判断ではないかと想像(懸念)するものです(マーケットを知らなさすぎではないか、と)。これではいつもの道、また「餌食」になるようなものとみます。当局があえて《餌食になりたがっている》なら別ですが、、。そうおもわずにはいられません。
 初めまして。闇株新聞管理人様。ウィニングチケットと申します。よろしくお願いします。40歳で男性のサラリーマンです。

 私は、今年に入ってから、闇株新聞の存在を知り、一読しただけで、熱烈なファンになりました!!! 「 消費税などの増税は景気を冷やすだけで、このデフレと不景気と財政赤字を解決する手段にならず、日銀の金融緩和が一番大事だ」という私の主張が、一番理路整然と主張されていたからです。そして、「財務省の指導の仕方は、銀行は性善説 証券は性悪説」「米国の10年長期国債の金利は、日経平均株価と連動する」は全くその通りだと思います!!

 そこで自分のipadとデスクトップコンピューターに、2010年10月10日の最初の記事(エクイティファイナンス)から、最新記事までをすべてダウンロードし、暇さえあれば、闇株新聞を読み返す事が、習慣になりました(笑)

 初めて知ることができたのは、「検察庁の赤レンガ派、現場派」「検察庁VS財務省 権益をめぐっての争い」「ヘッジファンドの巨人の最新の動向」「月刊BOSSでも書かれていなかった野村証券の経営陣の病巣」「資源の宝庫・サハ共和国」などです。

 新たに真相を理解したのは、「オリンパス事件の真相」「あの事件はどうなった 全6回」「ヨーロッパの歴史」「イスラム教」などです。特に、「大和朝廷の始まり」「藤原氏」などでの、官僚の日本支配の歴史の考察には、目からうろこが落ちました。私の理解では、江戸幕府以降からだろうと思っていましたので….再認識できました。

 また、「あらゆる失政が凝縮された日本長期信用銀行事件」「三菱UFJモルガン・スタンレー証券の巨額損失の裏側」は非常に興味深く読みました。「あの事件はどうなった」シリーズとともに、こういう金融業界の真相の内幕に迫る記事を、期待しています!!

 

 長々と自己紹介文を書いてしまいましたが、ここからこのコメント欄に投稿した理由となる本題に入ります。

 闇株新聞管理人様は、「メタンハイドレート」という次世代のエネルギーを、ご存知でしょうか?地熱エネルギーと共に、日本が資源大国になる可能性があると、最近話題になっているものです。

 今年になってから、太平洋上で試験採掘がはじまり、NHK21時のニュースのニュースウォッチ 2月12日の報道ステーションSUNDAYでも、取り上げられました。両番組でも、まだまだ実用化になるのは夢物語みたいな構成でしたが、これは予期でしたものでした。

 しかし関西テレビで毎週水曜日に放送されている、ニュースアンカー「青山繁晴のニュースDEズバリ!!」だけは違いました。長年、経済産業省と東京大学の御用学者たちは、メタンハイドレートの採掘しにくい太平洋側ばかり調査し、メタンハイドレートの層が積み上がっているかもしれない、日本海側を、無視or軽視しているというのです。

 動画をご覧になってください。「我が国のかたち」というBlogを行われている方の2月8日、また「2月8日 青山」 でYahoo!検索していただければ、現在視聴できる状態になっています。 http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11159057371.html です。

 青山氏の主張では、日本海沿岸すべてにメタンハイドレートの層が山積されているそうです!!!

  
 闇株新聞管理人様のご拝察の通り、経済産業省の中にも、日本国民の全体の利益を第一に考えない、官僚第一主義が存在するそうです。メタンハイドレートを採掘する技術を日本が最初に確立したら、現在の電力業界、石油業界などへの既得権益が崩れ出すからです。もちろんこれから、天然ガスをアジアへ輸出しようとしているアメリカは黙っていないでしょう。中国や韓国も今以上に、日本が発言権を持つことを望んではいないでしょう。

 私の考えでは、全ての再生可能エネルギーは、原子力が再稼働できない分を補うほど、まだ確立できていません。日本で一番無限に有る地熱エネルギーは、大部分が国立・国定公園の中にあるので、経済産業省と環境省と国土交通省の対立が必ずあるでしょう。

 しかし、メタンハイドレートは現在の火力発電所で、改良すればすぐに使用可能の様です。アメリカで最近話題になっているシェールガスとともにかなり有望です!!

 シェールガスと既得権益で思い出しましたが、NY市場では、2008年には12$だった天然ガスの価格が現在2$と、劇的に低下しているそうです。テレビ東京の「モーニングサテライト」2月8日(←これも2月8日ですが偶然です(笑) で放送されていました。しかしこれだけ天然ガスの価格が低下しているのに、日本の電力業界の仕入れ値には反映されていません。わざと高く仕入れているそうです。大相撲もびっくりの八百長ですね。


 メタンハイドレートが本格的に採掘でき、さらに輸出まで出来るようになれば、企業と家計の光熱費の支出はほぼ無くなり、財政赤字・経常収支の赤字などの問題も無くなり、税収もUpで将来の社会保障の負担の問題が無くなり、すべての日本人が「万歳 ばんざーい」となる可能性があるのに(笑)、なぜ実行しようとしないのでしょう。


 心配な点は、UAE・サウジアラビア・カタールみたいに、国民の30%ぐらいしか、真面目に働くなくなり、ほとんどの国民の就職希望先が公務員になることでしょうか(笑) 官僚支配がまた進みますね(笑)

 


 闇株新聞管理人様は、エネルギー問題の解決やメタンハイドレートに対して、どういうご意見をお持ちなのでしょうか? 闇株新聞の題材に困った時でもいいですので、 一度シリーズ化をした記事を、私は拝見したいですし、他の読者の方々も望んでおられると思います。

記事にしていただければ、絶対にコメント欄で、お礼のコメントをさせていただきます!!! ご検討ください。よろしくお願いします。


 それでは、お体にお気をつけて、ご健筆をふるってください。闇株新聞の更新・号外版のメール配信ともども、毎回拝読しながら、お待ちしていますので、よろしくお願いします。 (^o^)/  


 敬具





コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム