闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

DeNAへの立ち入り検査が暗示するもの

2010年12月10日

DeNAへの立ち入り検査が暗示するもの

 平成22年12月8日に、携帯電話向け交流サイト「モバゲータウン」を運営するDeNA(東証1部上場。コード2432)に、公正取引委員会が独占禁止法違反容疑で立ち入り検査に入ったと報道されました。
 ライバル会社(グリーのことを指すものと思われる)との取引をやめるよう取引先のソフト開発会社などの圧力をかけた疑いがあり、独禁法で禁じられた「拘束条件付き取引」に当たる可能性があると言われています。

 まず、公正取引委員会とは、独占禁止法を運用するために設置された機関で、内閣府の外局です。国の行政機関には、省・庁のほかに「行政機関」と呼ばれる合議制の機関があり、公正取引委員会もその1つです。天皇の認証を受けた委員長(現在は大蔵官僚だった竹島一彦氏)と4名の委員で構成されており、他から指揮監督を受けることなく独立して職務を行います。
 公正取引委員会は独占禁止法違反を摘発するために、立ち入り検査や強制捜査などを行う権限があり、排除措置、課徴金納付命令、告発などを行う権限があります。

 つまり、公正取引委員会は、独占禁止法の運用について、捜査、処分を含むすべての権限があり、かつ何処からも指揮監督を受けることのない、まさに「最強の官僚組織」であり、それに並ぶ権限を持っているのは「検察庁」だけだといえます。

 同じように権限が強化された組織として、証券取引等監視委員会がありますが、こちらの方は外局ではなく、金融庁に属する審議会等の位置づけであり、公正取引委員会に比べて独立性は少し弱いと言えます。

 公正取引委員会について長々と書いたのは、この「最強の官僚組織」が「最強の権限」を持って、日本の株式市場の「数少ない急成長会社」のDeNAに立ち入り検査に入った、ということを強調したかったからです。

 DeNAは、グリー(東証1部。コード3632)、ミクシィ(東証マザース。コード2121)と並ぶSNS(交流サイト)の大手ですが、今期の経常利益予想が500億円とダントツであり、時価総額も3800億円ほどあり、しかもほとんど高値圏で推移しています。またPBRも10倍近くあり、まさに急成長会社の代表と言えます。(PBRの東証1部平均は1.1倍)

 グリーも今期の経常利益予想は270億円あり、時価総額も2400億円ほどありますが、株価は今年の夏の高値から約4割下落しています。それでもPBRはDeNAより高い12倍程度あります。

 DeNAもグリーも、自らのSNSの開発仕様を外部に公開し、積極的に外部の開発会社にソフトを自らのSNSに供給させて収益を分配する、「プラットフォーム」型の事業展開をしています。そして両社とも大量のテレビコマーシャルを打って会員を集め、かつ外部の開発会社を囲い込んで良質のソフトを品揃えして収益を稼ぐ、まさに急成長をしているライバル企業なのです。

 ここで三つのことが言えます。

まず、上記の高収益の「プラットフォーム」事業の最大手であるDeNAに「最強の官僚組織」である公正取引委員会の立ち入り検査が入ったということは、はっきりとこの事業にブレーキがかかります。つまり、自分はまともにやっていると思っていても、いつ自分の立ち入り検査が入るかもしれないという恐怖心が、どうしても働くからです。

もうひとつは、立ち入り検査が入ったのがDeNAの方で、(多分ですが)不満を申し立てたのがグリーだということです。つまり、先に疑いをもたれた方が圧倒的に今後不利になるのです。
ライブドアと楽天は、資本市場で同じように行動し、同じようにテレビ局を乗っ取ろうとしました、でもつぶされたのはライブドアの方で、楽天は今も健在です。これは、非常に微妙な表現なのですが、たまたま先に疑いをもたれたのがライブドアで、それがすべてだったのです。

最後に、「最強の官僚組織」が動くときは、必ず何か意味があります。つまり「最強の官僚組織」は、必ず自らの組織の事情を優先して動くものなのです。それが日本の株式市場で数少ない急成長企業のDeNAに立ち入り検査に入ったという意味は、もう少し考えてみる必要があります。

DeNAの株価は、少し下がったものの、いまのところそれほど急落と言うわけではありません。また、本当に大問題にならず終結するかもしれません。
しかし、私はこの「最強の官僚組織」vs「数少ない急成長会社」の構図は非常に気になり、今後問題が大きくなっていく予感がします。

この件については、引き続き注目して、またレポートしてみたいと思います。

平成22年12月10日

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:0 | TrackBack:0
関連記事
コメント
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム