闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

「無駄撃ち」になりそうな追加量的緩和  その1

2012年04月30日

「無駄撃ち」になりそうな追加量的緩和  その1

 本日(4月30日)は休日なのですが、先週末(4月27日)の日本銀行による追加量的緩和の影響を考えておく必要があるため、急遽本日と明日の2回に分けて書くことにします。

 追加量的緩和の内容は、資産買入れ等の基金を従来の65兆円から70兆円程度に拡大し、内訳は短期貸付に当たる固定金利方式(0.1%です)の資金供給オペを5兆円減額し、長期国債を10兆円増額するとともに、ETFを2000億円、REITを100億円増額するものです。

 それ以外に、買入れる長期国債を残存1~2年から1~3年に延長するとともに、基金の買入れ時期を2013年6月末まで延長しました。

 さらに消費者物価上昇率は目標としている1%に、遠からず(2014年のことのようです)達する可能性が強いと付け加えています(その根拠は全く示されていませんが)。

 前回の政策決定会合(4月10日)で何もしなかったので、今回は何らかの追加量的緩和が市場に織り込まれていたこともあり、発表直後100円高前後で推移していた日経平均が下落して前日比40円安になり、為替も同日NY市場の終値で80円24銭、対ユーロで106円33銭と円高が進んでしまいました。

 為替の方は、同日に発表された米国1~3月GDPが前期比年率2.2%と予想を下回ったこともあるのですが、とにかく日本銀行にとって「ほとんど最後の量的緩和」に踏み切ってしまった後なので、ゴールデンウィークの谷間(5月1~2日)は久々に80円割れの「円高」に襲われそうです。

 結局、ほとんど最後の「貴重な追加量的緩和」を無駄撃ちしてしまった可能性が強いのです。つまり「日本銀行は明らかに積極的な量的緩和を望んでいない」ことを見透かされており、そこへ「全く予想通りで何のサプライズもない」追加量的緩和に踏み切ってしまえば、「少なくとも次は当分ない」ことが誰にでも分かり、新たな「円高」「株安」を狙ったポジションに襲われることが明白なのです。

 その理由の1つが、先週21日に白川総裁がワシントンで「中央銀行が際限ない国債買い入れ等を行えば、制御不能のインフレを招く」と自説を紹介してしまっていたことです。
 
 もともと外国だと開放的になるのか余計なことをしゃべる傾向が強いのですが、こう言っておいて追加量的緩和に踏み切ると「もうやりませんからどんどん円高になりますよ」と公言してしまっていることになるのです。

 もうひとつ「日本では人々が、財政不安(日本の公的債務残高が大きいことを指しているようです)から支出を抑制し、それが(物価が下がる)デフレの要因になっている」という珍説まで披露していました。

 まあ「デフレは中央銀行の責任ではない」と言いたかったのか、財務省から「日本の財政問題の弊害を強調してくれ」と言われていたからなのかは不明ですが、日本にとってデメリットしかない「驚くべき愚言」です。

 米国経済も「足踏み」が目立ちはじめ、欧州でも再び債務問題が大きくなりそうな予感がする中で、最後の砲弾(量的緩和)を撃って「外して」しまった日本の金融市場は、間違いなく「円高」「株安」に襲われます。

 じゃあ具体的にどうすればよいのかは、明日にします。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:4 | TrackBack:1
関連記事
コメント
 この新聞での主張とはまったく関係のない事で、少し気が引けますが、ブログランキングを見て感じた事を書きます。

 管理人さんは文の終わりに「闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。」とお書きになっておられ、私は必ずクリックしていますが、内容が優れているため霧子のなんとか」などと言うのクズブログと始終1位、2位を争っています。

 この闇株新聞を読むと、経済・財政事情およびその他の政治経済がらみのもろもろについての知識が得られ、今後の生活のあり方についての考察に非常に焼き立ちますが、霧子ブログなどというものは、たまたま幸運に恵まれた人間がその幸運の成果を自慢げに書いているだけで、実際の生活にはまったく無関係なもの。あ労がなかろうが如何でもいい代物に過ぎません。

 それが、はるかに優れている内容の闇株新聞と互角どころかそれ以上の人気を得ているざま。

 日本人と言う人種はどうも理性で判断しないで、情緒に流される傾向がありますが、なんとも歯がゆい思いであります。

 それだからこそ、政治屋、判事・検事・警察を含む官僚、政商・御用学者ドモのが我利のためのみにこの国を勝手気ままに支配している事に対しても、家畜同然にほとんどの輩がなんら異議を申し立てないのでしょう。

 なんとも情けない国民であります。

         週間in 週間out 月間in
1位闇株新聞     33010 84400 145050

2位霧子のラブリートレード          
          30040 105400 153230
>発表直後100円高前後で推移していた日経平均が下落して前日比40円安になり、為替も同日NY市場の終値で80円24銭、対ユーロで106円33銭と円高が進んでしまいました<

正確には、日銀発表後の12:48分・225先物9550円→12:54分に当日高値・9700円まで持ち上げれれて、プラス150円。そこから、13:54分には、9550円<往って来い>となり、14:09分・当日安値9460円と、高値から -240円と、240円値幅で、225先物・日計り商いトレーダーの稼ぎ値幅を築きました。

連休前ですから、証券は偏ったポジションをと取れないでしょうから、225先物日計り・証券自己の仕業だけかと思います。

野田政権は、消費税率引き上げ法案が暗礁に乗り上げています。そこに、小沢氏・無罪判決で、政権公約である消費税を引き上げないとした期間に野田氏が、引き上げを財務省のポチとして打ち上げたんですから、更に、消費税引き上げに暗雲ですから!

政府、日銀が、デフレ脱却する経済政策をしてくるのかを外人投資家は、見ますからね。企業業績が良くならなければ、法人税も減少しますし、個人消費だって上向いませんから。

デフレ脱却できない状況で、ただ、消費税率引き上げはないでしょ<年金、社会保障のことから、消費税率お引き上げることに反対しているのではありません>。

>もうひとつ「日本では人々が、財政不安(日本の公的債務残高が大きいことを指しているようです)から支出を抑制し、それが(物価が下がる)デフレの要因になっている」という珍説まで披露していました。<

国が、グランド・デザインを描けないから、個人として生活防衛しなきゃなりませんし、子供を安心して産めませんからね!

民主党は、政治家主導の政治とは、吹聴でした。官僚主導の政治は、自民党政権時よりも官僚が御しやすくなっているのかも。

少なくとも、国会議員は、選挙で当選したんであり、官僚は選挙で当選したんじゃありませんから!

米国・サブプライムローンの証券化をした債券・「AAA」は、民間債券からの問題でしたが、欧州のギリシャ財務危機は、ソブリン債<国債>危機問題。だから、米国は、IMFへの資金出資は無視なのかも!
2012/ 4/17 15:50 に他での私の書き込み・・

>日経平均は、9500円を挟んで、にらめっこ状態!

2011.3.11日大震災発生もありますが、
2011.3.15日安値8227円→2011.7月8日高値10207円 1980円上昇 上昇率 24.0% 約4カ月

2011.11.25日安値8135円→2012.3.27日高値10255円 2120円上昇 上昇率 26.0% ほぼ4カ月

上げ幅、上昇率、安値→高値へのサイクルからすれば、日経平均 3月27日10255円が高値となるかも!

2011.11.25日安値8135→2012.3.27日高値10255 2060円上昇

38.2%押し 9468円
50%押し   9225円
61.8%押し 8981円

節目9000円向かいとなるんじゃないと・・上記のサイクル、外人の売買減少、裁定取引残高・株数の減少から。

株価を押し上げるサプライズ材料が飛び出せば別でしょうけど、米国3次量的緩和政策発表があって市場がどう反応するか待ちって感じ。 <


消費税率引き上げ法案が可決される機運なら、10年債利回り上昇するかと思いますけど、4.27日0.885で、2011.10.6日・0.620。東証一部出来高は、活況とされる20億株を割る出来高の日が多く、債券買い・株式売りのポジションかと。

マネタリーベースが全く増えていなかったこと、ワシントンでの国債買い入れに対する消極発言、さらには財政不安がデフレの要因説など、ここのところの日銀は外国人投資家を失望させる要因に事欠きません。正直、日銀は何も変わっていないことがいよいよはっきりしてきた感があります。しかしそのことは同時に、デフレ脱却を考える多くの国会議員をも失望させていると思われます。円高・株安のさらなる進行は日銀が唯一恐れる「日銀法改正」圧力を高めることが予想され、日銀はさらなる追加的量的緩和に踏み切らざるを得なくなるのではないでしょうか?
従って、何故今回の量的緩和が最後の緩和と考えるのか疑問です。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム