闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

SMBC日興証券・インサイダー事件の「読み方」

2012年06月29日

SMBC日興証券・インサイダー事件の「読み方」

 少し時間がたっているのですが6月25日に、SMBC日興証券の元執行役員が同証券の取り扱ったTOBなどの未公開情報を伝えたとして、実際にインサイダー取引を行った投資家とともに逮捕されました。

 金融商品取引法違反の容疑なので証券取引等監視委員会がまず調査したのですが、今回は最初から刑事告発を目的とする「特別調査課」が出動し、容疑のインサイダー取引が行われた上場会社の所在地を管轄する横浜地方検察庁が逮捕したものです。

 逮捕されたSMBC日興証券の元執行役員は三井住友銀行からの出向で(先月に懲戒解雇となっているのですが、本件とは別の理由のようです)、銀行時代の顧客への「損失補填」のために複数の銘柄のインサイダー情報を伝えていた「弁解の余地のない悪質な犯罪」と言えます。

 ただ現在の金融商品取引法ではインサイダー情報を伝えただけでは犯罪にならず、実際のこの元執行役員は自らインサイダー取引を行っていたわけではなく、また収益の分配を受けていたわけでもありません。

 そこで、この元執行役員が「過去の損失補填」のためにインサイダー情報を伝え、自らも「損失補填が行われた」という意味では経済的利得を得ていると「認定」したのですが、かなりの「無理筋」ではあります。

 AIJ投資顧問事件でも問題となったのですが、金融商品取引法だけでは摘発できない又は微罪にしか問えない「悪質なケース」が出てきているため、金融庁や証券取引等監視委員会が何とか拡大解釈して適用範囲を広げようとした「努力」の結果です。

 2つの矛盾するポイントがあります。

 1つは、事件そのものは弁解の余地のない悪質な事件ではあるものの、現行の金融商品取引法では少なくともこの元執行役員は罪に問えなかったものを「とにかく逮捕した」わけで、これには素直に評価できます。

 もう1つは、現在の金融商品取引法を金融庁と証券取引等監視委員会が「どんどん拡大解釈」して、その気になれば誰でも逮捕できる「万能の武器」に仕立て上げていくのではないかという懸念です。これは今までもはっきりとその兆候があります。

 とはいっても最終的に有罪かどうかを判断するのは裁判所なのですが、証券取引等監視委員会の「告発」を受けた裁判は、すべて有罪判決となっているのです(注)

(注) 証券取引等監視委員のHPには、平成5年以降に告発した金融商品取引法違反(2007年以前は証券取引法違反)142件の裁判結果が掲載されているのですが、公判中の数件を除いてすべて有罪判決が出ています。つまり130連勝以上を続けているのです。

 気の早い話なのですが、もしこれで元執行役員が起訴されてそのまま裁判で有罪となれば(間違いなくなるのですが)、そこからは新たな「判例」となって今後はインサイダー情報を伝えただけの者も(普通は証券会社の役職員です)、いつでも逮捕できるようになるのです。

 逆に言えば、本件はその「判例」作りのための「格好の事例」だったようです。

 こうやって「与えられた武器(金融商品取引法)」をどんどん磨いて、誰でも逮捕できる「万能の武器」にしてしまうのも、検察庁(証券取引等監視員会は委員長も捜査幹部もすべて検察庁の出身者か出向者です)の得意とする手法なのです。

SMBC日興証券のインサイダー事件を、最近の増資インサイダー事件と並列に並べて「止まらぬ不祥事」などとする報道が目につくのですが、「全く異質な事件」です。

 少なくとも金融庁や証券監視委員会の「目的」は全く違い、増資インサイダー事件の方は、はっきりと「野村証券に引導を渡してメガバンク傘下に入れる」ためです。これについてはまた詳しく書くことにします。


 最後に「大切なお願い」です。

 「闇株新聞」は皆様のおかげで「株式ランキング」第1位にランクされています。

 「闇株新聞」では、政治についても度々触れているということもあり、現状の日本の政治を良くしたいという願いも込めて、本日より新たな挑戦として、はるかに規模の大きい「政治ランキング」へ移行しました。現在は第9位ですが、より上位を目指したいと思っています。

 そこで、ぜひ応援クリックをお願いいたします。皆様のご協力でどこまで上位に行けるか挑戦したいと思っています。

 「政治ランキング」に移行しても、今まで通り、経済、歴史、その他の多岐のジャンルに渡って幅広く取り上げていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」も予定通りに月曜日に発信します。内容については「お知らせ」を週末に出しますので、こちらの方もよろしくお願い申し上げます。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「政治ランキング9位」です。

 

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:10 | TrackBack:0
関連記事
コメント
インサイダー事件のみで、野村は銀行傘下となるのでしょうか?かつて総会屋への損失補てんという大事件でもそのような事態には至らず、今回株主総会でもトップはあっさり重任されました。ロイターによれば、当局との関係修復を図っているようですし。それとも、更なる追加材料でもあるのでしょうか?
それで三井住友の専務が出ていた訳ですね。報道では全く触れられていないし社員に取っては良い迷惑でしょう。最近は銀行員もこの手の顧客になりふり構わずというところですが金融に携わる者にとっては迷惑千万。話はかわりますがAIJ問題で年金基金はどんどん投資顧問の解約やストップがかかり戦々恐々のようです。まだ出てくるんでしょうね。
氷山の一角なんていわれていますが真面目に取り組んでいる人たちに取ってこの上ない迷惑。
あすかアセットマネジメントへ、課徴金・13万円。

事案は、22.8.24日に公募増資等の発表をした5202<日本板硝子>において、この情報を発表前に入手して、22.8.5日~23日までの間に、251万株を売り付け<空売りですね>た情報受領者による内部者取引に該当する課徴金の納付命令です。

8.5~23日の株価:242円~196円。
しかし、この件ではなく懲戒解雇とは...そちらの理由も正直気になります。SECは儲かってる口座を徹底的にチェックしているので、気を付けましょう。
政治ランキングに移行ですか。たしかに規模もはるかに大きいですし、1位と2位のブログは毎日更新しているようなので、闇株新聞さんも大変だとは思うのですが毎日更新してはいかがしょうか?
政治ランキング移行、応援します。
ここ数年(昔から?)、政治は、本当に嫌になる状況が続いていていますが、
私自身は日々の生活に追われ、自分にできることもわからず、ただ不満ばかりが募っています。
「日本の政治を良くしたい」という想い、大変共感できます。
貴誌のご活躍を期待しています。
どんな業界であれ、人間の集団だから不祥事はありうること。しかし、組織ぐるみでのインサイダーで損を被った個人投資家はどうしてくれるのか。覚せい剤と同じで、ほとぼりが冷めれば、また再犯するんでしょう。せめてばれたら厳罰にしないと、これからも個人はカモられ続けるんでしょうね。ふざけた会社です。
お!?新たなブロガーが急上昇?
かと思えば、他のジャンルからの転向かょ・・・

しかも内容も小沢一郎信者ェ
市場が気がつかない事件や事象の裏側を冷めた視点で鋭く切り込むのが「闇株新聞」の最大の魅力でした。
政治に行くのは結構ですが、有料化したり、ランキングクリックを強くお願いしたり、どうもかつての(というか勝手にこちらが幻想を抱いていた)闇株ではなくなってきたような気がして、残念です。
警察学校の闇
警察学校は特殊なところのようですね。
ネットで散見する情報でも洗脳じみた先輩からのいびりがあり異常な縦社会のようです。
なんというかヤクザを髣髴させてしまう内容でした。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム