闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

次期首相の資質  その5

2012年09月06日

次期首相の資質  その5

 昨日に引き続いて「赤字国債法案が成立するまでをどう凌ぐか?」について考えます。

 問題の本質は、日本から資金が無くなってしまうことではなく、予算の不足分を埋める赤字国債の発行が国会の承認を得られず、国が使うべき資金を調達できないことです。

 じゃあ「国ならいくらでも資金調達できるのだから調達して使えばいいじゃないか?」となるのですが、そういう訳にはいきません。国の資金調達と支出はすべて国会の承認が必要だからです。

 野田内閣のとれる方法は「支出を止める」か「赤字国債法案を一刻も早く通す」だけなのです。何しろ90兆円の総支出に対して、38兆円の財源が無くなる事態を想定しなければならず、いろんな計算が出ているようですがこのままだと10月末には財源が尽きてしまうはずです。

 「ちょうどよい機会なので」と書いたのは、乏しくなった財源をやりくりするのも、官僚組織が確保している埋蔵金を拠出させるのも、すべて行政の最高責任者である野田首相や各大臣の権限だからです。つまり実質的な行政の主体を官僚から取り戻す「ちょうどよい機会」なのです。

 予算を賄っているのは国民の支払う税金であり、国民の預金や保険金で引き受ける国債です。今回は国民が反乱を起こしたわけではないのですが、原資の確保に官僚は全く無力なので「黙っていろ」と言えるからです。

 しかし「ちょうどよい機会」どころか「大ピンチ」であり、民主党政権がやりそうなことを書いた方が分かりやすいとのコメントを頂いていたので考えてみました。

 まず、すべての「危機」を「利権」に結びつける特殊な能力をもった官僚組織は、当然に官僚組織に関連するすべての支出を優先し、関連する特別会計や独立行政法人にある埋蔵金をすべて「国民生活に必要不可欠であり流用できない」と主張します。

 関連する支出のなかには、社会保障や各種サービスなど本当に国民の生活に直結するものが含まれるのですが、いよいよ財源が枯渇してくるとこれも後回しにされます。官僚の言いなりになっているとこうなってしまうのです。

 ところが、野田首相をはじめ民主党や自民党や維新の会の有力者の言動を見ていると、誰も全く事態を正確に理解していないようです。

 だからこういう時期に尖閣列島を20億5000万円で購入するという発想が出てくるのです。その一方で実効支配を強めるための漁船待機所や気象レーダーなどの建設は「中国を刺激する」と否定しているため、少なくとも実効支配を強めると言う国策に沿った方向でないことは確かです。

 つまり乏しくなった財源を重要な順番に使っていかなければならないことを全く自覚していないのです。

 やはり野田首相は、仮にほかの誰かと交代したとしても、結局は官僚の小手先対策に頼ってしまうことになりそうです。

 とりあえず官僚が考えそうなことは、地方交付税や年金などの社会保険の支払いに交付国債を発行し、地方などに立替え払いをさせることです。しかし仮に赤字国債が発行できず最後まで財源が確保できないと立替えたままになってしまいます。

 また国は日本銀行から借入れができないので、日本銀行にどんどん金融機関へ資金供給をさせて地方などに貸し付けさせることです。これはすでに始まっているのですが、仮に最後まで財源が確保できないと金融機関の不良債権となってしまいます。地方公共団体のデフォルトは世界的に珍しいことではありません。

 もう1つ日本銀行の保有国債を国が借入れて、市場に買い戻し条件付きで売却することも技術的にはできそうです。ただこれも最後まで財源が確保できないと買戻しができず日本銀行に返却できません。

 言うまでもなくこれらの方法は、単なる「やりくり」で根本的な財源確保ではなく、しかも最終的なリスクを外部に押し付けてしまうことになります。

 何度も言うように、これこそ政権担当者が前面に立たなければならない問題なのです。民主党だけでなく自民党の総裁候補者も維新の会の有力者などの言動を見ていると、とても本質の理解や自覚ができているとは思えず、結局は誰が首相になっても何も変わらないような気がするのです。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:1 | TrackBack:0
関連記事
コメント
 どの政党も本質の理解や自覚が出来てないと
すると次の総選挙ではどこに票を入れたらいいのか
わからないですね。どこかおすすめの政党でも
あれば教えて頂きたいです。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム