闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

イスラム教のエネルギー

2012年09月14日

イスラム教のエネルギー

 9月11日夜から12日未明にかけて、リビア東部ベンガジの米国領事館にロケット弾が撃ち込まれ、スティーブンス・駐リビア米国大使と3人の領事館関係者が死亡しました。

 ちょうど米国同時多発テロがあった9月11日の出来事でした。

 イスラム教徒の開祖であり、最後の預言者とされるムハンマド(マホメット)を冒瀆した映画を米国人(ユダヤ系と言われています)が制作したことへの報復とされています。

 現在の世界の宗教信者総数が67億人と言われています。世界の総人口が70億人なのでほとんどの人が何らかの宗教を信じていることになります。

 その中でキリスト教徒が33.4%の22億3000万人、イスラム教徒が21.2%の14億2000万人で、この2大宗教だけで全体の54.6%も占めます。次いでヒンズー教が13.5%で9億人、仏教が5.7%で3億8000万人となります。そのなかでもイスラム教の信者増加ペースが圧倒的に大きいようです。

 このキリスト教もイスラム教も、ともにユダヤ教から分離していった「一神教」で、同じ唯一の神「ヤハウェ」が信仰の対象です。またユダヤ教徒は世界中で1500万人しかいません。

 イスラム教は610年ころにアラブ人のムハンマド(マホメッド)が神のお告げをうけ、お告げのままに広めていったものです。イスラム教ではユダヤ教の「旧約聖書」に出てくるノア、アブラハム、モーセ、イエス(注)と並んでムハンマドを「最後の預言者」としています。

 キリスト教ではイエスは救世主(メシア)とされ、父・子・精霊を「一体(唯一の神)」とするのですが、ユダヤ教とイスラム教ではイエスも単なる預言者で「神」はヤハウェだけです。アッラーは「神」という普通名詞です。

 ここで預言者とは、神(ヤハウェ)のお告げを聞いて伝えることができる人のことですが、ムハンマドは「最後の預言者」なので、今後は誰も神のお告げを聞くことができません。だからムハンマドが聞いた神のお告げをまとめた「コーラン」が絶対なものとなるのです。

 コーランはイスラム教徒の行動や考え方だけでなく、生活様式や食べるものまで細かく規定しています。イスラム教徒はすべて何の疑いも無く「神」が決めた通りに生活しているのです。

 またイスラム教は「偶像支配」を禁じています。従って「神」だけでなくムハンマドを描いた絵や彫刻の類が一切ありません。正確に言うと「神」やムハンマドを描いた絵はあるのですが、顔のところが描かれずに真っ白になっています。

 そのムハンマドが映画に出てきて、しかも自由奔放に生きるところが描かれているそうです。イスラム教徒にすれば2重の意味で冒瀆されたことになるのです。

 イスラム教徒は、最大派のスンニ派、ムハンマドの血筋を最重要と考えるシーア派に大きく分かれて対立しています。このエネルギーが米国に向かうことになるのです。

 同時多発テロ以降、米軍がアフガニスタンやイラクに侵攻し、言うまでも無くイスラエルはパレスチナにユダヤ人が建てた国であり、こういう不満が一気に爆発する可能性があるのです。

 最近は米国の原油生産高がシェールオイルの開発で増加して米国の原油輸入依存率が減少し、さらに同盟国のサウジアラビア以外のアラブ諸国から原油輸入は総輸入の8%程度まで減少しています。

 つまり米国にとって中東の重要度が減少していく中で、今後が非常に危惧される出来事が起こったのです。

 そこにイスラム教徒の強大なエネルギーを感じるからです。対米国や対ユダヤとなれば、スンニ派とシーア派の対立どころではなくなると思うのです。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:7 | TrackBack:0
関連記事
コメント
いつも読ませていただき勉強させていただいています。貧乏なので有料版は購読していません。ごめんなさい。
ささいなことですが、映画製作者に関し、「ユダヤ系」との記述がありますが・・・・。ユダヤ教徒(あるいはユダヤ系含め)とシオニストとは違いますので、その点は明確にされた方がよろしいかと思います。イスラエルではアンチ・シオニズムを掲げパレスチナとの和平を求める若いユダヤ教徒たちが増えています。
信じるか、そうでないか。それが分かれ道の信仰を他者が意図を持って批判的に表現しては問題が起きることは明白。
しかし、ジハードで亡くなっても天国に行ける云々は、現世の命の重さを感じにくく、逆に言えば命より大切な宗教って何のため、誰のため?と改めて思い知らされます。これを論理的に理解するのは無理があるのでしょうね。
何時も楽しみにしています.
イスラム教徒の暴徒化を非常に懸念しています.アメリカにとっては因果応報だとは思いますが,イスラエルに向かっていったときにどうなるのか...中東のオイルにあまり興味がなくなったアメリカがどのように動くのか...日々情勢が変わっていますね.

しかし,今一番気になるのは中国共産党の権力争い.王のアメリカ領事館駆け込みから始まった一連の事件で,ついには次期トップの習まで姿を現さなくなった...どのようになっていくのでしょうか?
イスラムは一枚岩ではありません。
キリスト教圏もそうです。

あまり過大評価しないことです。
 完全無神論者の私の本心を言えば、現代においては、イスラム教ほど恐ろしい宗教はありません。

 飲む大酒一升五合(南無大師遍照金剛)などと言うからかい言葉はかなり昔からあったようですが、こういったことを、身の危険をなんら感ずる事なしに、堂々言える(言えた)(昔の事で、堂々と言えたかどうかは本当はわかりませんが)わが日本は本当に良い国だとしみじみ思います。(真の仏教徒の皆様どうかお許しを)

 こういう事件を見聞きすると、まさに宗教は阿片である(より恐ろしい)、と心から思います。

 キリスト教も今のイスラム教と同じような事をさんざんやってきて、現在のようなものにほぼ落ち着いてきたわけですが、イスラム教もそうなってくるのでしょうか。

 イスラム教徒が私の住んでいる団地でも非常に増加している現況を見ると(公団住宅は入居資格さえあれば誰でも入居できるので、外国人が非常に増加しています)、イスラム教徒が非常に増加して困った問題が生じているヨーロッパ諸国と同様、わが国も孫子の時代が、というか20年後くらいでも、心配になります。
イスラム原理主義=悪・テロ=マスゴミに洗脳されていませんか。
ユダヤ系米国人が、たまたま偶然にもユーチューブに投稿し、激高したアルカイーダなる不可思議なるテロ集団が、米国大使館を攻撃し まるで謀ったかのように、中東全体にデモが発生
9.11から早11年
テログループは、1日中ユーチューブ見ているのでしょうか又中東全体の組織網があるのでしょうか?
今回の事件は裏でモサドが仕掛けているとのあるヘッジファンドのレポートで記されており、アメリカの軍の撤退の流れを阻止するとの工作であると・・・
今回の中国のデモでもやはりモサドが関与していると書かれておりました。
真意はわかりませんがイスラエルのアメリカへのアピールなのでしょうか?
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム