闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

本日の株安・新たな混乱の始まり

2012年09月27日

本日の株安・新たな混乱の始まり

 本日(9月26日)自民党総裁に安倍晋三・元首相が選ばれました。総選挙がすぐにあるとも思っていないのですが、そのうち政権を取り戻して首相に再登板となります。

 そうなると2007年に安倍首相が政権を投げ出した本当の理由をもう一度確認しておく必要がありそうです。当時は、対官僚組織、対米国、対中国、対北朝鮮にあったはずの問題すべてに沈黙したまま辞任してしまっています。近々まとめたいと思います。

 さて、本日の日経平均は184円安の8906円と2週間ぶりの安値となりました。理由は、どの報道もアジア株安、ユーロ安となっているのですが、日本の株式市場はいつの間にか外的要因でしか動かない「ローカル市場」になってしまったことになります。

 確かに上海総合株価指数はリーマンショック時以来の2000ポイント割れ寸前で、ユーロもせっかくECBの無制限国債買い入れの発表で104円近くまで上昇していたのが100円割れとなってしまいました。

 確かに「中国経済の変調」と「ユーロの新たな混乱」は大きな問題で、日本の株式市場の行方に大きく影響します。

 中国経済については9月24日配信の有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」に詳しく書いているのですが、要は今年4月を境として中国から大規模な資本流出が起こっています。

 これは外資が流出しているのではなく(流入は減っていますが)、中国人の資本が流出しているのです。今年4月の薄・元重慶市長の失脚と不正蓄財疑惑の影響と思われますが、さしあたっては10月10日過ぎに発表予定の中国外貨準備高(9月末時点)が非常に重要となります。

 もう1つのユーロの混乱については、ドイツ在住のジャーナリスト・熊谷徹氏の「ドイツ憲法裁判所がECBに突き付けた挑戦状」が大変参考になります。

 9月12日にドイツ憲法裁判所が条件付きながら「ドイツがESMに参加することは合憲」と判断したのですが、判決の中に「中央銀行が市場で既に国債を保有している投資家から国債を買うことも違法であることに変わりない。欧州連合(EU)の機能に関する条約は中央銀行の国家への融資を禁じている。この決まりをすり抜けようとするものだ」と書かれているのです。

 つまり中央銀行は、政府から直接国債を引き受けるだけでなく、市場から購入することも違反だと言っているのです。確かにドイツ連邦銀行は、FRBやECBや日銀と違って国債保有に否定的です。これは2度の世界大戦の敗戦でハイパーインフレを経験しているからでしょう。

 しかしドイツ憲法裁判所はドイツ中央銀行(ブンデスバンク)のことを言っているのではなく、ECBが直接・間接を問わず国債を購入することは欧州連合(EU)の条約に反していると判断したのです。つまりECBが9月6日に発表した「南欧国債の無制限買い取り」はEUの条約違反だと言っているのです。

 これはドイツ政府もしくはドイツ憲法裁判所が、ECBをルクセンブルグの欧州裁判所に提訴することを意味します。またそこでECBが是正しないとドイツ中央銀行総裁は、違憲状態であるECBの理事会にとどまることができません。

 そもそも中央銀行が市場から国債を購入することが「紙幣を印刷することにより国に資金を貸す行為」に当たるかどうかは、厳密に考えると非常に難しい問題です。

 ユーロをめぐる「新たな混乱」が始まりそうです。



 それから政治資金規正法違反で強制起訴され、一審で無罪なるも検事役の指定弁護士が控訴していた小沢一郎氏の裁判は、指定弁護士が請求していた新たな証拠も証人も却下されて即日結審しました。

 100%公訴棄却となります。

 個人的興味は検察審査会への虚偽報告を実際に指示した佐久間達哉・特捜部長(当時)が、どのように充電中の法務総合研究所から復帰して再び検事総長を目指すコースに戻るかです。米国大使館で一等書記官を務めた「親米検察幹部」の佐久間氏が簡単に失脚するはずがありません。

 ちょっと注目して見ておいてください。

闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:2 | TrackBack:0
関連記事
コメント
欧州危機の現実問題としまして、スペインが救済要請をしなければ、スペインの資金調達コストは上昇しますから、私はスペインから救済要請がでてくるかと思います。その時の市場反応でしょうかね?

スペインからの要請で、スペイン国債の利回りは低下しますから。ただ、欧州実体経済は停滞ですから、その利回り低下が持続するかは別ですけど、スペインは救済要請しなきゃ利回り上昇していくだけであり、また、要請がなければ、先般のECBによるスペイン国債買い入れ決定は無意味となり、大混乱になりますから、それはないかと見ますけど。

ドイツ政府が問題にしているのは、スペイン銀行への資本注入資金として限度なく、スペイン国債買い入れ資金が注入されるのはどうなんですかと言うことですから。

スペインの後ろには、イタリアが待ち構えていますから。

日欧米国の量的緩和で、余剰資金は金融相場となり、その資金が債券に流れるのか、株式市場に流れるのか、商品市場に流れるかですから。

私は、株式市場の金融相場持続と読みますけど!


小沢氏裁判は、検察が検察審査会を小沢氏強制起訴に利用した構図ですから、検察審査会が、どうして小沢氏を起訴すると決定したのかを公表すべきかと思いますけど。政治家・小沢氏 VS 検察権力 の構図。

個人的には、小沢氏は嫌い<宮沢首相を幹事長小沢氏は、呼びつけた行為等から>ですけど、裁判は別ですから。
本日(9月26日)自民党総裁に安倍晋三・元首相が選ばれました。総選挙がすぐにあるとも思っていないのですが、そのうち政権を取り戻して首相に再登板となります>


そんなに国民はアホですか・・・

そーですか


100%公訴棄却となります>

100%ですか・・

そんなに画期的な正義感のある裁判官たちなんですね?

それとも何かの情報をもっているのでしょうか?

公訴棄却判決が出たら日本の裁判所もたいしたもんです。


私は下手をすると有罪が出かねないと思いますけれど

もともと犯罪など存在していないし
でっち上げなんですから

他の議員は修正で済ませているのに
異常なまでの操作(操作)に何十億円もかけて・・


まぁ有罪だと大混乱が起きかねないので
私は控訴棄却だと思いますが・・・


それにしても100%なんて書いて大丈夫なんですかねー


このブログの信憑性に関わりそうですネ
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム