闇株新聞 the book


闇株新聞 the book
発売中です。
よろしくお願いします。

日銀の追加金融緩和と「通貨の信認」

2012年10月31日

日銀の追加金融緩和と「通貨の信認」

 10月25日付け「大変危険な政府の日本銀行への過剰介入」で、ここからは日本銀行と通貨(円)の信認を守ることが重要と書いたのですが、やや分かりにくい説明でご批判を頂きました。

 また「通貨(円)の信認」の定義は?とのコメントも頂いていました。白川総裁は以前「物価の安定」と「金融システムの安定」を挙げられていたようですが、あまりにも教科書的な答えです。

 今のところ「海外投資家が取得したい通貨」と考えます。その辺のところをもっと深く考えようと、昨日から「国家と通貨あれこれ」シリーズを始めました。

 直観的には、ここまで来たら闇雲な金融緩和より「通貨(円)の信認」を守る方がはるかに国益に結びつくと考えています。

 さて本日(10月30日)日銀が、政府の予告通りに追加金融緩和を発表しました。

 まず買入等の基金を11兆円増額して91兆円とし、増額分は利付国債(残存年数3年未満)と短期国債を5兆円ずつ、あとはETFや社債などが1兆円で、全体の買入れ期間を2013年末までとしています。

 これらの数字はほぼ予想通りで、価格変動リスクのあるETFも5000億円だけで全く問題ありません。

 さらに「貸出増加を支援するための資金供給の枠組みの創設」を導入します。具体的には今後の検討のようですが、基本は貸出を増加させた金融機関が希望すれば、ネットの貸出し増加額までを貸出時の基準金利(現行は0.1%)で最長4年まで貸し付けるものです。

 これは景気対策の観点から「大変評価」出来ます。かねてより今回の金融緩和は、変化の兆しが見え始めた銀行の貸出し姿勢を本格的なものにする可能性があり、意外に効果があると書いてきました。10月19日付け「日銀が検討している追加金融緩和の意外な効果」に書いてあります。

 これは日銀が銀行のために、資金調達のリスクを丸抱えして厚い利ザヤまで保証することに外ならないのですが、こうでもしないと銀行は積極的に貸し出さないものです。

 従って間違いなく効果が出ます。貸し出しが増えて景気が少しずつ明るくなるはずで、多分先行して株高・円安になると考えます。

 ところが同時にもう1つ発表された「デフレ脱却に向けた取り組みについて」は問題です。

 白川日銀総裁・前原経済財政担当大臣・城島財務大臣が連名で発表したもので、要するに政府と日本銀行が「一体」となって、デフレからの早期脱却や持続的経済成長への復帰に最大限の努力を払うというものです。
 
 これは日銀とその金融政策の独立性を損ない、同時に日銀は政府の意のままに動くとのメッセージを内外に発信してしまいます。確かに海外でもFRBやECBが政府と協力して経済問題に対応していることは間違いないのですが、中央銀行の独立性には細心の注意を払っています。

 まさに「日銀と通貨(円)の信認」ひいては「日本の国益」を大いに損ねてしまった暴挙で、センスを疑います。

 これは日本銀行と財務官僚の暗闘に、民主党政権の大臣が2人も(うまく乗せられて)加担してしまったのです。

 前原大臣は先日、海外メディアに「日銀の次期総裁は、能力があれば元官僚でも構わない」と発言していました。前回の日銀総裁選で当時野党だった民主党が、大本命だった武藤敏郎副総裁(当時)を元官僚と言うだけの理由で拒否した「埋め合わせ」をするつもりのようです。

 だとすると白川総裁の任期は来年4月までなので、少なくとも前原大臣は来年3月頃まで居座るつもりのようで、そうなると野田政権も続いていることになります。

 でも次期日銀総裁の座を奪還することが悲願の財務官僚は、その辺まで協力するのでしょうね。そういえば自民党も特例公債法案だけは通すと言い始めています。

 また財務官僚の「1人勝ち」となりそうです。


闇株にご賛同頂ける方は下のバナーをクリックをして頂けると助かります。
現在は「株ランキング1位」です。

Ads by Google

コメントをする⇒
| Comment:5 | TrackBack:0
関連記事
コメント
日銀の株主の一つが政府ですからねぇ。
2012.10.30日 日本銀行政策決定会合 14:46分発表

1.資産買い入れ基金の増加
80兆円→91兆円に11兆円増加<1兆円と半端な数値>

11兆円増加の内訳
長期国債              5兆円
国庫短期証券            5兆円
CP等<コマーシャルペーパー> 0.1兆円
社債等             0.3兆円
ETF             0.5兆円
J-REIT         0.01兆円

※2010.10月のこの基金:35兆円
※年間21.6兆円長期国債買い入れ資金は、資産買い入れ基金とは別途

2.貸し出し増加を支援するための資金供給の枠組みの創設
金融機関の貸出増加額について、低利、長期で資金供給

日本の輸出、鉱工業生産は、欧州の経済後退、中国の景気減速から減少し、内需への影響が出始めていると。

中長期的な物価安定目途を消費者物価の前年比上昇率を2%以下のプラス領域としており、当面は1%目途としているも「ゼロ」状態。1990年に日本バブルが崩壊後、デフレ<スタグフレーションにも陥り>に陥り、国債発行を継続するも、デフレからの脱却には至ってはいません。長期金利が上昇する機運もなく、インフレリスクが低いのに、政府は経済対策、あらたな産業戦略を打ち出せず、日銀は小出しの金融緩和政策しかできず、欧米国の金融緩和<量的緩和>による自国通貨安政策に負け、円高。

また、欧州及び中国経済の減速からも、輸入が輸出額を超える経常赤字!・・・それでも、円高!

2014年度4月から消費税率は、8%になり、2013年度下期には、駆け込み需要から景気持ち直しはするものの、米国は個人消費持ち直し、住宅建設市場持ち直しにあるも、欧州経済が復帰するには時間経過が必要ですし、中国は、不動産投資経済、輸出から内需へ方向転換の兆しですから、消費者物価上昇からデフレ脱却には疑問に思います。

エコカー補助金の終了による乗用車購入が減少していますから、消費税8%となる前にエコカー補助金制度を復活すべきかと思います。新車を購入すれば、旅行でもしてみようかとなり、高速道路利用も増加し観光地も賑わいます。

昨日発表された日銀政策決定会合を読み、目新しいことは、金融機関への資金供給枠組みの創設ですけど、企業の設備投資資金需要が増加傾向にあるかと言えば疑問に思いますから、経済対策や円高是正対策なしかと見ます。

昨日の発表後の株式市場及び為替市場の動きは、この発表に狙いを定めた仕掛けだったのかと<一方、買い方は急落に備えたヘッジ>。


米ドル円で急激な円買いに振れて、225先物も急落し、日経平均を押し下げました。14時~15時:米ドル円・80円10銭台~79円36銭と円買いとなり、225先物は、14:48分・本日高値9010円<前日終値+90円>→15:03分・本日安値8810円<前日終値ー110円>と、15分間で、200円下落するジェットコースター<下りだけの>。これも相場ですけど、証券等法人筋の仕業でしかありません。
実際の所解散時期を横目で睨んでる内閣が
「最大限の努力」って何が出来るって話だよね。

短期・独断で出来るなんて為替介入位じゃないの?
やらないと思うけどw
トンビさんはコメント欄に書くようなこと書いてないから、トンビ新聞作ってそこに書けばいいのに。
オバマ大統領再選確率が高く、再選となりますと過去20年間では失業率6%を超える状況下では初。6000億ドルを超える財政削減と増税が重なる「財政の崖」に対応しなければなりません。

オバマ氏は、高い失業率と低迷する景気梃入れに一層の量的緩和政策を財政の崖にも対応しつつ、実施してくることは考えられます。

10.30日の日銀政策決定会合で、日銀が金融機関へ0.1%長期固定金利で4年の貸出しをする政策は、金融機関の貸出し増加を支援するものですけど、金融機関から企業への融資金の焦げ付きリスクがありますから、日銀の資金供給は、外貨建ても対象としていますから、金融機関は米国が発行する国債購入資金として運用していくんじゃないかと予測します。

円売り、ドル買いの通貨安にもなります。

その意味においてだと、その日銀の新資金供給政策は歓迎しますけど。企業が設備投資資金を渇望する経済状況じゃない中のこの日銀の資金供給政策を考えますと、日本の金融機関による米国債買い入れじゃないでしょうか?

ただ、財政の崖のことから、FRBが買い入れしている米国長期国債を日本の金融機関が買い入れさせられるんじゃないとも考えられますけど。

円安基調が顕著になっていくかと思います。
コメントの投稿
闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム
Ads by google
Ads by Google
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
フェイスブック
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
Loading
お問い合わせ

※ページが見れない・表示されないという方はお手数ですが、原因究明のためお使いのOSとブラウザを記述の上お問い合わせ頂けますようお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

闇株新聞プレミアム

各種メディアに掲載されている闇株新聞の裏・・・

闇株新聞プレミアム